マジカルミュージック

ぶっきらぼう勇者との休日②

エピソードの総文字数=1,124文字

    荒れた戦場……。彼にとっては、ここの事だったのだ、と歌音はようやく知ることが出来た。

    誰もいない墓地の一角……。小さなお墓には、「 千葉家 」と彫られていた。彼の言うあいつの名前。千葉 香苗さん。彼女は、たった一〇年の月日を生き抜いた少女なのだ。

2017/05/26 22:31
    彼女は、彼にとっては大切で大好きだった人だと聞いている。
2017/05/26 22:48
来たぞ……香苗。お前がいなくなってもう五年だ
2017/05/26 22:50
    確かに五年だ。五年の年月が流れたのだ。六〇ヶ月の月日とでも言えよう。

    歌音も彼女の存在を、ナリスを介して知ることになった。

    歌音も彼女の存在を忘れていたのだ。記憶の改竄によって……。

2017/05/26 22:51
    嫌な予感がした。

    これは、気のせいではない。

2017/05/26 22:55
もうお前のいない世界で生きていても……何も良いことない。俺も今からお前の側に行くな
2017/05/26 22:56
ダメ!!    そんな事言わないで!!    私は、そんな事望んでない!!
2017/05/26 22:58
    歌音は、咄嗟に彼の腕にしがみつく。その反動で、彼が持っていた花が手元を離れ、地面に落ち、花弁が弾け散った。

    彼の手元には、1つのカプセルがある。これが根源になり、彼は死ぬ。それが怖い。これ以上はごめんだ。

2017/05/26 22:59
やめろ!!    これ以上は嫌なんだよ!!    生きていても何の特もない。あいつのいない世界は、空虚で仕方ないんだ!!
2017/05/26 23:02
    歌音の手元から手提げ鞄も離れ、地面に落ち、ナリスが転がり出てきた。
2017/05/26 23:03
    ダメだ……。これ以上は……力で勝てる気がしない。休日じゃない。もうこれは、修羅場だ。誰もいない墓地で修羅場とか……どんな昼ドラだよ!!    火曜サスペンスみたいな現状になっている。
2017/05/26 23:04
これ……どちらか死ぬパターン?    マジお断り。歌音は、まだ青春してない。友情や恋愛を知らない。死ぬわけにはいかない。彼に死なれてもこっちは困る。
2017/05/26 23:06
ほんま痛いで、あんた!!    歌音!!    もっと抵抗せんかい!!
2017/05/26 23:08
    ナリスが喋り始めた。ちょっと待て!!人がいると喋らないって言わなかったっけ?    騙された!!    彼も喋るくまのぬいぐるみに驚いたのか、一瞬怯んだ。
2017/05/26 23:09
本当にやめて、圭くん!!    早まらないで!!    彼女……香苗ちゃんは、圭くんに音楽を楽しんで欲しい、って感じている。死ぬ必要なんてない!!
2017/05/26 23:12
うるさい!!    気安く香苗の名前を呼ぶな!!
2017/05/26 23:14
    歌音は、完全に押し負けてしまい、圭に突き飛ばされ、地面に転がり込んだ。マジで痛い。タイツが破れて伝線が入っている。転んだ際に、腕や襞を擦りむいた。
2017/05/26 23:15
    どうしたら良いの?止められない……。歌音には、圭を止められないの?

    そんな時、彼女の声が感情となって溢れてきたのだった。

2017/05/26 23:18

◆作者をワンクリックで応援!

1人が応援しました。

◆コメント欄は未記入でもOK! 公開されないのでお気軽に。

ページトップへ