チートなガチャ運でVRMMOで無双する!?~没入型MMO「ラスト・オンライン」

第六十九話『報酬』

エピソードの総文字数=1,209文字

そうこうしていると、「D級英雄ランク戦」のクリアボーナスのレア宝箱が現れた。
2017/06/03 23:50
「待ってました!!」
2017/06/03 23:50
サラが笑顔で言った。
2017/06/03 23:50
「お、きたね!前回はなにをもらったんだっけ?」
2017/06/03 23:50
と、前回の『森の道』のボス戦のことを思い出していた。
このラスト・オンラインはボスを倒す毎に、レア宝箱がもらえる仕組みになっている。

私は、この『格闘家の籠手』よ、籠手をアピールして、シュッシュとシャドーボクシングをする。
2017/06/03 23:50
「ああ、それにすぐスキルがついたんだったね、サラにぴったりな、Aクラスのスキル『雷迅 - ライトニング』が」
2017/06/03 23:50
「そうそう、手に入れた『格闘家の籠手』でこんな感じで素振りしてたら、すぐ覚えたの。」
2017/06/03 23:50
こからの『雷迅 - ライトニング』によるサラの活躍ぶりはめざましいものがあった。

僕はこの、「神の鎧 - ゴッドメイル」だった。とコンコンとたたく。

そして、僕のレア宝箱を開ける。
「神の脚具 - ゴッドメイル」を手に入れた。
2017/06/03 23:51
「まじですか!!おおおぉぉぉぉぉ」
2017/06/03 23:51
と興奮する僕。
2017/06/03 23:51
「これはすごい・・・。ほんとに「神衣 - カムイ」シリーズが全てそろってしまうのでは・・・、いったいそれはどんな確率なんだ!!」
2017/06/03 23:51
とまた軽くパニックになる僕。当たるはずではないものが当たると、人は想像以上に興奮してしまうようだ。
2017/06/03 23:51
「あいかわらずのすごい引きですね」
2017/06/03 23:52
と奈緒子が言う。
2017/06/03 23:52
「ほんとだね、こわいくらいだよ」
2017/06/03 23:52
と僕が答える、実際手が震えかけている。なれてきたとは言え、価値を考えると、冷静ではいられない。
2017/06/03 23:52
「ズルしてるんじゃないの。ズル!!」
2017/06/03 23:52
ぶー、と頬を膨らませるサラ。
2017/06/03 23:52
「いやいや、してないって・・・たぶん」
2017/06/03 23:52
「たぶん・・・てなによ!!私にもその運を頂戴よ!!」
2017/06/03 23:53
あまりにも当たりすぎていて、自分でも確証が持てない・・・。
2017/06/03 23:53
「サラも十分良いと思うんだけど。いつもぴったりのスキルがついてるじゃないか!」
2017/06/03 23:53
「そうですね、サラちゃんにはいつもぴったりのスキルがついてますね」
2017/06/03 23:53
「あら。そう???」
2017/06/03 23:53
とまんざらではない表情に変わる。
2017/06/03 23:53
「どれどれ、私はなにが当たりましたかね??」
2017/06/03 23:54
とレア宝箱を開けるサラ。

『格闘家の靴』を手に入れた。
2017/06/03 23:54
「『格闘家の靴』だって!!ほら、また普通な感じじゃん!!」
2017/06/03 23:54
と、いいつつ、早速履き替える。

シュッシュと、蹴りのシャドーをこなすサラ。
2017/06/03 23:54
「あ、でも、悪くないかも??」
2017/06/03 23:54
と更にシャドーに熱が入り、大きい蹴りを繰り出す。
2017/06/03 23:55
「ん?この光景、見たことあるぞ??」
2017/06/03 23:55
「見たことありますね。」
2017/06/03 23:55
と二人には予感が走っていた。
2017/06/03 23:55
「え、ジュン、奈緒子ちゃん、なに??」
2017/06/03 23:55
とそのとき、サラの靴からピロンという音がした。

サラの『格闘家の靴』にAクラスのスキル『雷迅 - ライトニング』がついた。
CPUの無機質なアナウンスが流れる。
2017/06/03 23:56
「また、ぴったりなスキルがついたね」
2017/06/03 23:56
と僕は予想通りの展開に微笑む。『格闘家の籠手』だけではなく、『格闘家の靴』にも電撃のスキルがついたのだった。鬼に金棒、サラに電撃、と密かに思った。
2017/06/03 23:56

◆作者をワンクリックで応援!

0人が応援しました。

◆コメント欄は未記入でもOK! 公開されないのでお気軽に。

ページトップへ