勇者の武器屋

第十四話 スーパー自転車操業

エピソードの総文字数=1,067文字

あぁ1000万G……!
今まで見たこともない金貨の山……じゅるり……。
金貨の山を抱きしめるのやめろって……。
神に仕えているはずの聖職者が、本音丸出ししすぎだろ。人には見せられんね、この姿。
なんで金貨で持ってきたんだ? そのまま銀行口座に預け入れておいたほうが……。
このお金は仕入代金としてどんどん投入しなくてはなりませんし、魔境銀行の口座にそのままにしておくのはなんだか不安だったんです。いったん預かって、仕入に使った以外のお金は、他の銀行の口座に入れておくことにしませんか。
なるほど、了解した。とにかくまずは仕入だな。
神さまありがとう、愛してるわ。
子どものころから無理やり強制されてきた私のお祈り行為が、ようやく通じたということね。これだけのお金が私だけのものだったら、教皇庁なんかから足を洗って、一生遊んで暮らす選択肢だってあるのに……。
そんなんで教皇庁やめてたら、神にちっとも感謝してないじゃねーかよ。
僧侶さん、これはいずれ5000万Gにして返さなくちゃならないんです。これから魔王さんとの決戦に出向くための、貴重な原資になってくれるんですよ。散財はできません。
1000万Gを、たった1年後には5000万Gにして返済……。
なんという自転車操業、なんという奴隷、なんという地獄……! 
ここはもう、俺が暮らしていたまともな常識の世界じゃない。
戦士は妙に詳しいよな。法律も知ってるし、金に関しても素養があるんじゃねーか?
俺の実家は、田舎でしがない宿屋を経営しててな。ガキの時分から、独り立ちして食っていくように言われてた。商売のことは、ちったあわかる。
マジかよ。ボランティア活動に勤しむ博愛主義者が商売を語れるのか。もう戦士しか頼れる気がしねーな。
いやいや、こんな賭博的商売で頼られても……。よほどの覚悟と、次々と事業分野を広げていくスピード感が必要だぞ……。どうしていくべきか俺にもな。
いずれにせよ、これで当面の支払いをしのげます。それに、懸案だった武器防具の仕入代金が出来たということです。お店を本格的に開店できますよ。どうしようもない手詰まりな状況は抜け出せたと思います。
ひとまず今は、魔王から1000万Gもの資金を引っ張ってきたことを褒めておくべきか? ドジっ子にしては頑張ったんだろうな、うん。
俺には、危機を先送りして、余計に巨大な火だるまになったとしか思えないんだが……。
この光沢、この重み、この煌めき……これこそまさに至福のときよ。私は今晩、この山の上に寝ることにするわ。
こらこら……金貨にキスするのマジでやめろって……。

◆作者をワンクリックで応援!

0人が応援しました。

◆コメント欄は未記入でもOK! 公開されないのでお気軽に。

ページトップへ