蒼海のガンマディオラ

ガンマディオラ(2)

エピソードの総文字数=968文字

 ラオはロギアについて甲板を歩いた。

『ガンマディオラ』は三本マストの帆船だ。

 一番前にあるフォアマスト、真ん中のメインマスト、最後尾のミズンマスト、それぞれに帆が張られている。

 ロギアはミズンマストの横を抜けて階段を上がる。

 他の甲板より高い位置にあるそこが船尾甲板と呼ばれている。

おーい船長、拾った奴が目を覚ましたぜ。
……ん、ああ……。

 船尾甲板には大きな椅子があり、そこに男が身を沈めていた。

 船長は痩せていて顔色も悪かった。

 目は半開きで、とても眠たそうに見える。

こいつがそのラオライア……いや、ラオだ。
おい、勝手に人の名前を縮めないでくれ。

いいじゃん。

長いし言いづらいしラオライアって顔でもねーだろ。

君、ほんと口悪いな……。

まあいいや。

これからはラオって呼んでくれ。

おう。

――で、こいつなんだけどさ、この船に置いてやってくれねーかな。

彼は……星力者(テーラ)なのか……?

そうさ。

最近新入りが見つからなくて困ってただろ?

ちょうどいいじゃん。

…………。
少年、君の能力――超星力(アストラ)を見せてくれ。

あ、はい。

俺は紫色の炎を操れます。

こんな感じで……。

 ラオは右手に意識を集中し、炎を纏わせた。

 紫炎が手を包んでゆらゆらと揺れる。

……ふむ、戦闘向きの超星力(アストラ)だな……。

けっこうなことだ……。

で、君には海魔と戦おうという心構えはあるのか……?

あります!

俺には倒さなきゃいけない相手がいる!

 ラオは、さっきロギアに話したことと同じ説明をした。

 姉の復讐であることは特に強調した。

……事情は、わかった。

よし……ではロギア、彼の面倒を見てやってくれ……。

 それだけ言うと、船長はがっくり頭を下げてしまった。

 スー、スーという音が聞こえてくる。

 どうやら眠りに落ちたようだった。

船長は〈神糸(リオット)〉って超星力(アストラ)でこの船を操ってんのさ。

バカみたいに力を使うんで、こうやってなるべく動かないようにしてんだ。

そんなすごい超星力もあるんだな……。

俺、姉さんの超星力以外は見たことないから……。

これから嫌でも色々見ることになるぜ。

そんじゃ、船長の許可ももらったし、お前は今から『ガンマディオラ』の一員だ。よろしくな。

……うん、よろしく。

 ラオは差し出された手を握り返した。

 とても久しぶりに、人の体温を感じたような気がした。

◆作者をワンクリックで応援!

0人が応援しました。

◆コメント欄は未記入でもOK! 公開されないのでお気軽に。

ページトップへ