ペイガニズムの倫理と資本主義の精神 ――浪人ですが東インド会社に就職しました――

6-4. 夜戦と放火は悪党の華

エピソードの総文字数=6,137文字

「進路東、総展帆。舵そのまま」

 リチャードソンの声が響き渡り、甲板では水夫たちが一糸乱れぬ動きを見せる。

 日が傾き始めた頃。メリメント号は、密かにバンタムを出港した。
 敵の本拠地、バタヴィアは、バンタムの港から東へ半日ほどの距離にある。応急処置とはいえ、修復されたメリメント号の船足は速い。夜の帳が下りた頃には到着する計算だ。

「……お前のような強欲な男には似つかわしくない光景だな」

 艦尾甲板で立つル=ウが、海風に髪を靡かせながら薄く笑った。

「なんであるか、藪から棒に」
 同じく指揮をとるリチャードソンが、首飾りの十字架を握っていた。つい先程まで、瞑目して祈りの言葉を囁いていたところだ。

「我輩が祈るのが、そんなに珍しいかね」
「いや。ただ不思議なだけだ」
「こう見えて我輩、かつては神学を修めた身なのであるがなあ……」
「冗談だろ」

 ル=ウが鼻を鳴らす。つまりリチャードソンは、かつてどこぞの大学で神学を学んだということだ。
 真っ当に考えれば、人生の栄光を約束された人種ということになる。

「エリートじゃないか。いくらでも食い扶持はあったろうに、どうしてこんなところで阿漕な商売をしているんだお前は」
「まあ、半端者であるからに。それに、毛色が合わなかったというのが本音であるな」
「ふ、そうだろうな。仮にお前が僧侶になったら、貴婦人たちを片端から食い散らかしたことだろうよ」
「言ってくれる! よもや魔女殿に淫猥を突かれるとは、ついぞ思わなんだ!」
 ル=ウが破顔し、リチャードソンが笑い声を上げる。

 ひとしきり笑い終えた後、ぽつりとリチャードソンが切り出した。

「……確かに我輩、地獄行きは間違いなかろうな」

 神妙な顔を作って、大男は髭を撫でる。片袖のみ通した制服を着崩して、こんな時まで洒落者だ。

「我輩は悪党である。詐欺師で、人殺しで、盗人である。おまけに色男である」
「自分で言うか」
「罪作りな性分であるからな。生まれついての罪という訳よ」

 片眉を持ち上げてくつくつと笑う。 

「ともあれ、我輩は悪党である。決して救われることはなかろうよ。だが――」
 リチャードソンの太い指が、首飾りを撫でた。
「だがそれが、祈らない理由にはならぬ。神を讃えぬ理由にはならぬ。お嬢だって、分かっているのだろう?」
 諦めたように肩をすくめて、ル=ウが破顔する。
「……まったく忌々しいがね」
 
 
 ル=ウとて〝神父〟と同じくアイルランドの出身だ。今でこそ魔女の身に堕ちたといえど、かつては敬虔な旧教徒(カトリック)であったことは、多くのアイルランド人と変わらない。
 そして、人には見せぬとはいえ、今も――。

「神はいつだって、我々を見ている、のである。だから我々は勇気を持てる」
「……ふん。魔女に説教とは、ずいぶん偉くなったものだな、リチャードソン」

 ル=ウの内心を見透かしたように、リチャードソンは黙って穏やかに微笑んだ。



 ――そう、神はただ見ている(・・・・・・)

 たとえそれが、魔女(クズ)であろうと。


     * * *


「さぁて、仕事である。稼ぐとしよう」

 リチャードソンは頬髭を撫でながら、楽しげに呟いた。
 
 号令一下、メリメント号は沿岸部に隠れるようにしてそろそろと進む。座礁寸前の浅瀬を綱渡りするような、きわめて危険な航海だ。だが、ここにはそれを可能にする技量と経験のある艦長と、訓練された水夫たちがいた。

 艦がバタヴィアに近付いた頃、時刻は深夜となっていた。昼間の雲は未だ空に残っており、月明かりすら届かない真っ暗闇の夜である。夜襲にはおあつらえ向きの夜だった。
 メリメント号は、全ての窓に暗幕を貼り、灯火の光が決して外に漏れぬようにして進んだ。闇に紛れての行軍である。

「……ガレオンが3。フリュートが5」

 ル=ウが金色の目を光らせ、バタヴィアの港沖に錨泊するオランダ船の数を数えた。常人にはとても見えない暗さ、距離であったが、暗闇でこそ魔女の目(クリヴァス)は輝く。

「8隻、であるか……。こちらは僅か1隻だというのに、まったく大所帯である。さてさて、いよいよ分の悪い賭けになってきたものだ。6:4といったところであるか」
「負けが六割か。弱気だな、艦長(キャプテン)殿?」
 は、とル=ウが嘲る。
「まさか。勝ちが六割である。故に分が悪い(・・・・・・)と言った」
「この、商売人めが……!」

 声を押し殺して、ル=ウは肩を震わせた。
 ぎらぎらと光る眼で、バタヴィアを睨む。神父の居城は、今や目の前だ。

短艇(ボート)降ろせ。海兵隊、出撃する――行くぞ、フラン、リズ」
 船足を緩めたメリメント号から、複数の短艇(ボート)が海に降ろされる。屈強な海兵隊を乗せた、斬り込み部隊だ。
「……無事を祈るのである」
「儲けを祈る、の間違いじゃないのか」
「そうとも言うな」
 リチャードソンの言葉を背に受けながら、魔女団(カヴン)を乗せた短艇(ボート)が着水。静かに櫂を漕ぎ始めた。
 最初の獲物は、フリュートの一隻だ。フリュートはガレオン船に似るが、より輸送に適した大容量の丸い舷側を持つ船である。

 短艇(ボート)に乗ったル=ウが、声を抑えて命ずる。

「斬り込むぞ――静かにな」

 一行は、鉤爪付ロープを投げ、フリュート船の舷側を登った。
「リズ、先行しろ」
「わかってますよ、っと」
 軽口を叩きながら、誰より早くリズが敵船に侵入する。音もなく船縁を駆け、帆桁を走るリズの姿は、もはやル=ウですら捉えられない。
 次の瞬間には、見張りの敵兵が海に叩き落されていた。

「さて、暴れるぞ――」
「待ってましたわ!!」
「馬鹿、静かにと言ったろうが。穿(ほじ)るのは尻じゃなくて耳だけにしとけアホフラン!」

 フランのやる気が空回りしたことはともかくとして。幸運にも気取られることなくフリュート船の一隻に侵入したル=ウ達は、静かに、しかし強かに暴れ回った。

 突然の夜襲を受けたフリュートは、大した抵抗すら見せずに降伏してしまった。ただでさえ、戦闘よりも輸送を主に受け持つ船である。よもや本拠地が襲撃を受けるとは夢にも思っていなかったようだ。船長室をこじ開けられるその瞬間まで、船長すら攻撃されていることに気付いてはいなかった。

 一隻のフリュートを制圧したル=ウ達は、そのまま静かに捕虜達を縛り上げ、船に備え付けてあった短艇(ボート)に乗せて解放した。彼ら捕虜達が味方に拾われ、バタヴィア城塞全体が敵襲に気付くのは、まだ時間がかかるだろう。

 夜戦部隊は、ル=ウ一人を制圧済のフリュートに残して、待機していた短艇(ボート)に再び飛び乗った。そして短艇(ボート)は、次なる獲物のガレオン船に向けて忍び寄っていく。

 同様の手順で、夜戦部隊はガレオン船を制圧した。こちらも無音で制圧できれば良かったが、残念ながらそれは叶わなかった。奇襲攻撃は成功し、結果的には船を制圧することが出来たが、抵抗は激しく、戦闘音に気付いた他のオランダ船が続々と集まってくる。おそらく、バタヴィア城塞も戦闘態勢に入っただろう。城壁に備え付けられた大砲で狙われては、ひとたまりも無い。

「作戦、第二段階だな」

 ル=ウが呟いた。
 
 彼女の瞳が金色に染まり、髪は完全に銀色へと輝きを変える。無人のフリュート船に、ル=ウの低い唸り声が響く。

「此処まで生やす(・・・)のは……ッ、久しぶりだ……!」

 外套(コート)は最早かろうじて羽織るだけ――今やル=ウは、全身から無数の聖ブリジットの腕(キルデア・キラル)を伸ばしていた。

 上半身の至るところから黒い触手を展開している為、遠目に見ればハリネズミのようにも見えたかもしれない。放射状に伸ばされた魔女の腕は、ひとつひとつが船の索具を掴んでいた。乱雑だが、しかし確実に――魔女の腕は、畳まれた帆を開いていく。

「はぁっ、はぁっ……風……ッ、捉えた!」
 流石にこれ程の数の腕を同時に制御するのは負担が大きいらしく、ル=ウの額に汗が浮かぶ。
「う……ご……けぇっ!」
 渾身の力を込めて、触手で錨を切断する。既に帆は開ききり、夜風を孕んで大きく膨らんでいた。
 無人の筈のフリュート船が、ゆっくりと動き始める。

 本来、帆船を動かすには数十から数百人の水夫が必要だ。帆を開く者、帆桁を回す者、舵を取る者……どうしたって人手が要る。
 しかしル=ウは、その無数の腕で、数十人分の水夫の腕と同じ働きをしてみせたのだ。赤黒い腕が帆を開き、赤黒い腕が索具を引き、赤黒い腕が舵を取る。

 単に〝聖ブリジットの腕(キルデア・キラル)〟を使えるだけでは、決して出来ない芸当だった。船を動かすには、何をどうすれば良いのか。深い知識が無ければ、船は決して動かない。リチャードソンの隣で船乗りの技を学んできたル=ウだからこそ、こんな曲芸じみたことが出来る。
 これこそ、ル=ウの秘策。ル=ウにしか出来ない、まさしく〝船喰らい〟の魔術であった。

 勿論、いくらル=ウといえども、たった一人で船を完璧に操るなんて不可能だ。だが、非常に乱暴で大雑把な操船で良いならば――短時間くらいは動かせる。事前に大砲に弾が込められていたならば――一度くらいは、片舷斉射をすることだって出来る。

 ル=ウの操るフリュート船は、その乱暴な操船のまま、敵船に向かって片舷斉射をぶち込んだ。
 轟音。狙いなどつけようもないが、しかし至近距離からの砲撃だ。
 ル=ウの斉射は、至近のガレオンに側面から命中した。索具を破壊し、船尾楼を抉り、マストを砕いた。みしみしと音を立てて、メインマストがへし折れる。

 さらに、リズとフランが率いる夜戦部隊が奪取(ジャック)したガレオン船も砲撃を開始する。
 
 二隻が奪取、一隻が大破。それだけでオランダ船団は大混乱に陥った。ただでさえ闇深い夜である。味方の船だとばかり思っていた船に片舷斉射を喰らえば、誰だって疑心暗鬼になるに違いない。どの船が敵なのか分からない以上、城塞に備え付けられた大砲も沈黙する他に無かった。


 夜闇に紛れて侵入し、敵の戦力を奪い混乱させる――奇策も何もない、弱者の正攻法。鉄壁のバタヴィア城を攻める唯一の策だった。


     * * *
 

「――ほう。お嬢は首尾よくやったようであるな」

 暗闇の中、散発的に光が上がっている。疑心暗鬼に陥ったオランダ船達が同士撃ちを始めるのを、リチャードソンは小島の陰から遠目に眺めていた。

「では、我々も出るとしようかね。……メイン回せ! 適帆調整(トリムセイル)!」
 大人しく踟躊(ヒーヴ・ツー)していたメリメント号の帆が風を孕み、艦が僅かに傾きを見せる――その姿は、獲物を前にして身を屈める獣のそれにも喩えられる。

「さあ、水夫(クズ)ども。安い命を散らし、金を稼ぎ、短い生を謳歌しようではないか!」
 艦長の激に、水夫たちが応えて歓声を上げた。これまでの沈黙を埋め合わせるように、夜闇に鬨を轟かせる。

「舵そのまま。右舷、各自に射撃開始である。腕の見せどころであるぞ?」

 依然、混乱の渦中にあるオランダ船団に、小島の陰に隠れていたメリメント号が猛然と襲いかかった。統制の取れない船団は追い散らされ、一隻ずつ混乱の戦場から離脱していく。
 

 作戦は第三段階に入った。いよいよ大詰めだ。


「さて――最後の仕事であるな、老婦人(メリメント)

 追撃はル=ウたちに任せ、メリメント号は仕上げ(・・・)にかかっていた。

 帆や索具を固定し、決して動かぬよう固縛する。艦首をバタヴィア城に向けたまま、メリメント号は真っ直ぐ突き進む形となった。

「舵の固定は良いな。では――総員、退艦せよ」

 一人、艦尾甲板(クォーターデッキ)に残ったリチャードソンが、グラスを片手に佇んでいる。

「思えば長い付き合いであったなあ、貴君(きみ)とは」

 既に上甲板には火の手が上がっている。少しずつ火は燃え広がり、艦全体が炎に呑まれていく。
 炎に巻かれる甲板を前にして、リチャードソンは愛おしげに目を細めた。

「老練なる貴婦人(メリメント)よ。貴君は佳く帆走(はし)り、佳く戦った。我輩の無茶にも随分と付き合ってくれた。我輩は貴君(きみ)ほど強く、美しい船を知らぬ」

 被弾による引火――ではなかった。リチャードソン自ら、(ふね)に火を点けたのだ。
 炎を上げながら、メリメント号は海に面したバタヴィア城の城壁に突き進んでいく。 

「スペイン無敵艦隊(アルマダ)とすら砲火を交えた、勇猛なる老婦人(メリメント)――その名に恥じぬ終幕を用意したつもりである。並び立つは神をも怖れぬ悪女ども、立ち向かうは神に咎する悪漢と来た。役者が足らぬということはあるまいよ」

 リチャードソンの採った最善手――〝火船(かせん)〟である。アルマダ海戦で、英国軍が火船8隻を使い戦果を挙げたことは記憶に新しい。
 通常は、爆薬を満載した短艇(ボート)を敵船にぶつける戦術だ。しかし、今回の相手は〝城〟そのものであれば、短艇(ボート)では力不足。一方、メリメント号が港でこれでもかと詰め込んだものは、火薬・爆薬だ。排水量350トンを誇るメリメント号がぶつかれば、どうなるか。

ここまで(・・・・)やって、六割である」

 火船作戦の提案者は、リチャードソンだった。

「……勝てよ、お嬢」

 呟いて、リチャードソンは酒のグラスを甲板に叩きつける。直後、上着を脱ぎ捨て、迷いなく海に飛び込んだ。


     * * *


 バタヴィア城塞は、港の北東に位置する稜堡式城郭(バスティオン)である。海に向かって大砲を向け、睨みを効かせるその構造が、逆に仇となった。火船と化したメリメント号は、城塞からの砲撃を受けながら、ゆっくりと海に接した城壁に突っ込んだ。

 艦首斜檣(バウスプリット)が石壁に激突し、圧し折れる。
 めきめきと竜骨を軋ませて、炎を上げる巨大な艦隊が石の城に叩きつけられた。

 轟々と炎を上げるメリメント号。

 しばらくそのまま燃え盛っていたが、数瞬の後、ついに艦内の火薬庫に引火した。

 一瞬、夜が昼に思える程の閃光。
 遅れて、腹の底に響くような爆音。

 メリメント号は、真ん中から真っ二つにへし折れた形でその艦体を炎に()ベていた。
 その煙は〝(バベル)〟の高みにすら達した。立派だったバタヴィア城の誇る石壁は、その一角を完全に崩され、もはや見る陰も無い。その後もメリメント号の残骸は凄まじい火柱を吹き上げて燃え続け、辺り一体を赤く照らし続けた。

 追い散らされたオランダ船の乗組員達は、撤退しながらその炎を呆然と眺めることしか出来なかった。

◆作者をワンクリックで応援!

1人が応援しました。

◆コメント欄は未記入でもOK! 公開されないのでお気軽に。

ページトップへ