ペイガニズムの倫理と資本主義の精神 ――浪人ですが東インド会社に就職しました――

2-6. 身体の相性が最高とか言うヤツはだいたい信用できない

エピソードの総文字数=4,129文字

 ××してはいけません。

 ××するのは禁止です。

 人がそう名指したとき、その言葉には既に「××する」という地平が含意(・・・・・)されている。

 ルールを破ってはいけません。禁忌(タブー)に触れてはいけません。命を粗末にしてはいけません。その裏に含まれているのは、ルールを破る、禁忌(タブー)に触れる、命を粗末にするという、至高の享楽(・・)
 
 ――なるほど、魔女という存在(もの)は、欲望のままにそれら全てを併せ呑む。
 ならば魔女の下僕として、己の命を投げ捨てるという行為は――然るに、最高の享楽に違いない。

 だから伊織介の刃は、恐怖に鈍る筈もなかった。
 その原動力は忠誠ではない。義務ではない。強制でもなければ、功名心でもない。
 軽率に命を賭ける享楽(・・)。そこに理由はなく、ただ快楽に身を任せる本能(さいのう)があるだけだ。なればこそ、伊織介は確かに、魔女が選ぶに値する――堕落の資質の持ち主だった。


     * * *


「――ごぁぁぁぁぁぁ!!」

 子宮を切り開くと、中に()たのは、女の首。憎悪に瞳を赤く染めて、おぞましくも悲しい表情が張り付いている。

『間違いない。そいつが本体――本当の〝頭〟だ!』

 言われずとも、既に伊織介は止まれない。馬來鬼(ペナンガラン)の内臓は、斬り捨てられる傍から再生して、伊織介を取り囲みつつあった。もはや退くことはなど出来ない。此処で仕留めるか、あるいはこのまま内臓の内側に取り込まれるか――その瀬戸際に、伊織介は奮い立つ。
「退く……ものかぁ!!」
 小太刀を脇に握り直し、全体重を乗せ、子宮の〝頭〟に向けて身体ごとぶつかっていく。

 しかし――届かない。

 その刃は、女の首元に僅かに届かない。馬來鬼(ペナンガラン)は、子宮周りに残った細い小腸をかき集め、苦し紛れに細い触手を形成。その触手を使って、伊織介の身体を絡め取っていた。
「あと一歩……! あと一歩なのに……ッ!」
 全力で踏ん張っても、僅かに刃は前に進まない。伊織介の刀、腕、足、胴、首にまとわりついた触手が徐々に力を増して、伊織介を絞め殺しにかかる。
 さらに――未だ右側に残っていた二本の太い触手が、絡め取られた伊織介を狙って鎌首をもたげていた。殆ど内臓鬼(ペナンガラン)の身体の内側にめり込む形となった伊織介には、もはやどこにも退路が無い。
 
 太い触手が伸びる。今の伊織介に叩きつければ、それは内臓鬼(ペナンガラン)にとって自分自身を殴るようなもの。それでも、自身の最大の弱点に刃を向けられている内臓鬼にとって、他の選択肢など無かった。
「こわルルル……」
 女の首が、にやりと笑う。死闘の果てに、お前を喰らうのは自分の方だと。自分自身こそが捕食者であることを証明するかのような笑み。
 これほど手こずった獲物だ。その肉はさぞかし旨かろう。身体を構成する内臓の大部分を失ってしまったが、獲物の内臓を取り込めば良い。身体の内側に取り込んで、じっくりと捻り潰し悲鳴を聞きながら消化するのも良い。内臓鬼は舌なめずりして、獲物(いおりのすけ)に終わりを告げる。触手が、振るわれる――。
 
「世話が……焼けますわね!」

 その太い触手を食い止めたのは、巨大な十字。いつの間に立ち上がったのか、それは解呪師(カニングフォーク)フランセットの十字架だった。既に彼女も満身創痍だ。額から流れる血は端正な顔面を真っ赤に染めて、もはや鼻血と大して区別がつかない。しかしそれでも、彼女は両の足を踏ん張って、身体より大きな十字架を支えていた。
 一本の触手は叩き潰し、そのまま地面に押さえ込む。二本目はその体勢のまま十字架で受けて止める。
「報酬分は働きましてよ! さぁ、そろそろお鉢(・・)ではなくって? 〝船喰らいの魔女(メハシェファ)〟さん!」
 片足で触手を踏みつけながら、フランはル=ウの異名を叫んだ。

『無論だ』

 ――空気が変わった。

 熱帯に分類されるマスリパトナムの夜は、湿気を含んだ風が吹き気怠い暑さに悩まされる。その筈が、今街路に吹き込む風は不自然なほどに冷たかった。その風は、皮膚というよりも身体の芯から底冷えさせるようで、寒いというよりか、凍みる(・・・)といった方が正しい。 

『わたしは魔女だ。卑怯で、狡猾。悪逆にして(よこしま)な魔女である。だが――』

 こつ、こつとブーツが地を蹴る音。風上からゆったりとしたテンポで聴こえてくるその音は、馬來鬼(ペナンガラン)の背後に一歩一歩近付いていく。

「臆病を理由に逃げ隠れしていた訳ではない」

 その言葉は、既に伊織介の口内の舌から出たものではない。直接、本人の口から響いた声だ。

ルウ(・・)……!」
 思わず、伊織介は主人の名を叫ぶ。
 そこに立っていたのは、ラサリナ=ユーフロシン(メハシェファ)本人であった。

「イオリ、よく頑張ったな。初陣(はじめて)にしては上々だ」
 ざわざわと、ル=ウの黒いマントがはためいている。そのマントの下に垣間見えるのは、美しくも怪しい魔女の肉体ではない(・・・・)。マントの下には、闇より暗い漆黒が、ル=ウの身体を蝕むようにして泡立っている。
「この馬來鬼の狙いはわたしだ。こいつはそのように(・・・・・)作られている。だから身を隠し、イオリを囮にした。全ては――このときのために」

 同時に――伊織介は、己の身体の表面が沸き立っていることに気付く。上衣(ダブレット)の下で、己の表皮がぼこぼこと波打っている。
「な――何だ、これ!?」
 困惑の声を上げたのは、伊織介だけではなかった。伊織介を捕まえていた馬來鬼(ペナンガラン)も、その場に磔にされたように動けず、戸惑いの叫びを上げている。
「イオリ、お前は一人ではない。そう言ったのは、比喩じゃないんだ」

 やがて、伊織介の腹から、シャツ(ダブレット)を突き破って、黒い何かが飛び出す。

「うわぁぁぁぁぁ!」
 悲鳴を上げるが、伊織介は動けない。触手に縛られているだけでなく、身体の自由が利かない。魔女(ル=ウ)の仕業であることは既に明らかだった。
 伊織介の腹から生えた(・・・)それは、真っ黒な色をした人間の腕だった。表皮は赤黒くぬめり、細く長い指を持つそれは、形状こそヒトのものであっても寧ろ悪魔の腕にすら見える。そんな黒い腕が、一本、二本、三本、四本五本六本――次々に伊織介の胴体から飛び出して、馬來鬼(ペナンガラン)の子宮に、その中にある首に掴みかかる。

「タネあかしをしよう。イオリ、お前の身体はわたしの肉で作られている」

 馬來鬼(ペナンガラン)が絶叫した。それは悲鳴だった。伊織介の身体から飛び出した腕という腕が、馬來鬼の髪を、目を、鼻を、皮膚を、引きちぎり引き裂き引っ掻き回している。

「ヒトとしてのイオリは、三年前に死んだ。わたしは死にかけのイオリに出会い――その肉がひどく美味いことに気付いた。つまりな、イオリ。わたし達は、身体の相性が最高に良い(・・・・・・・・・・・)んだ」
 こつ、こつと足音を立ててル=ウは歩く。暴れまわる馬來鬼(ペナンガラン)の触手を器用に躱して、ゆっくりと伊織介の背後に回り込んだ。ル=ウが伊織介に近付く度に、伊織介の身体から伸びる腕の数が増えていく。

「だからわたしは、死んだイオリの魂を回収して、その身体をわたしの肉で再構築した。魂の定着に三年もかかってしまったがね」
 ル=ウとの距離が縮まるほどに、身体の中が熱くなるのを伊織介は自覚した。ル=ウが近くに寄るほどに、伊織介の身体に生えた黒腕の力が増していく。
「イオリの身体は、全てがわたしの肉で出来ている。その目も、耳も、内臓も、手も足も、元はといえば全部がわたしのものだ。イオリの身体はわたしの身体の延長にある――すなわち、お前はわたしだ(・・・・・・)

 俄には信じられない話ではあった。否定したい話ではあった。だが、魔女の言葉は思いの外すんなりと伊織介の心に響く。
 ――そもそもだ。少々(がく)があるとはいえ、日本(ヒノモト)を遠く離れた異国の地で、ル=ウやフランを始め、西欧人と会話できていたのが妙なのだ。少なくとも、日本を出た当時、伊織介は片言(カタコト)程度にしか英語を話せなかったし、そのせいで宣教師に騙されて、気付けば奴隷としてオランダに売られていた。
 だが、この身体が――頭が、口が、舌が――言葉を憶えていたとするならば、学んでいない筈の言語を流暢に話せることにも説明がつく。

 伊織介は思い出す。オランダの奴隷として戦ったこと。脇腹に流れ弾を受けたこと。そして、喋る死体に出会ったこと。では、あの死体が……今の主人(ル=ウ)であったのか。
 まるで昨日のことのようにすら思えるが、それも全て、三年前の出来事だったのだ。

「イオリ――わたしの最高傑作。わたしの下僕(めしつかい)使い魔(どれい)(ぶき)……そしてわたしそのもの(・・・・)。さぁ、ご飯の時間(ディナータイム)だ」

 殖肉の魔女(メハシェファ)が己の肉で作り上げた、肉人形。
 そしてだからこそ、己の肉体の延長として使える、魔法の杖。
 自律して己の意志で動くことのできる、統合運用型魔術兵装(プラットフォーム)

 それが伊織介の正体だった。

「術式――〝聖女の触腕(キルデア・キラル)〟。喰らい尽くせ」
 
 とん、と軽く。背後に回ったル=ウが、伊織介の背中に触れた。

 滅茶苦茶に馬來鬼(ペナンガラン)を引き裂いていた黒腕が、一つの塊に寄り集まる。伊織介の身体から伸びた太い幹のようなそれ(・・)は、巨大な口吻(マズル)のように上下に裂けて――鋭い牙を備えた、巨大な顎に結実する。

「父と子と、聖霊の御名によりて――Amen(いただきます).」

 ばくん、と一口で。
 黒い顎は、馬來鬼(ペナンガラン)の頭部を丸呑みにした。

◆作者をワンクリックで応援!

2人が応援しました。

◆コメント欄は未記入でもOK! 公開されないのでお気軽に。

ページトップへ