チートなガチャ運でVRMMOで無双する!?~没入型MMO「ラスト・オンライン」

第九十一話『ラスト・オンラインの根源的楽しさ』

エピソードの総文字数=1,240文字

『雷迅 - ライトニング』を纏った、足で、地面を蹴り、高速でジャンプしちたサラは、そのまま手にも纏っていた、『雷迅 - ライトニング』の手刀で、ゴーレムを倒してしまった。
2017/06/07 15:47
「鬼に金棒、サラに『雷迅 - ライトニング』だ。」
2017/06/07 15:47
サラの凄まじすぎる攻撃に、僕はまた思った。

その声が聞こえてしまったのか
2017/06/07 15:47
「だれが鬼よ!!」
2017/06/07 15:48
と笑顔で睨まれサラに言われてしまった。すみません。。。
決してサラが鬼という意味では。。。

それは、さておき、戦いが続く。
2017/06/07 15:48
「300体ということは一人何体倒せばいいのジュン??」
2017/06/07 15:48
「約50体」
2017/06/07 15:48
と即答する僕。
2017/06/07 15:50
「約じゃないですねそれ!」
2017/06/07 15:50
と奈緒子がいつもの突っ込みをして笑う。でも、今回の計算は簡単だから私でもできるかも!と笑った。
2017/06/07 15:50
「一時間で終わらせるなら、一体約1分12秒。30分で終わらせるなら一体約36秒だよ」
2017/06/07 15:52
さらに追加して報告する僕。
2017/06/07 15:56
「それは、もう私には無理です!」
2017/06/07 15:56
と奈緒子が笑った。
2017/06/07 15:56
「オッケー!一体、36秒ね!」
2017/06/07 15:56
と更に別のゴーレムに向かって『雷迅 - ライトニング』を使って、地面を蹴り飛んでいった。
2017/06/07 15:57
「すごいな、30分で終わらせる気なのか!」
2017/06/07 15:57
と僕は笑った。
2017/06/07 15:57
「僕も頑張ってみよう!」
2017/06/07 15:57
と別のゴーレムと戦闘した。

SSSランクの武器「 神の剣 -デュランダル 」を構え、斬る。
ゴーレムを倒した。ゴーレムは光のエフェクトを纏い、半透明になり消える。
2017/06/07 15:57
「もう一体!!」
2017/06/07 15:57
と僕が言いながら剣を振り下ろす。
そうして、更にもう一体、倒した。
2017/06/07 15:59
「た、楽しい!」
2017/06/07 15:59
僕は口に出した。
この「「ラスト・オンライン」」の原点の楽しさを思い出していた。
体を動かす気持ちよさ、音がなる気持ちよさ、光に包まれる気持ちよさ。
それらをまた噛み締めていた。

この「ラスト・オンライン」はそのゲームの根本的な部分のレベルがめちゃくちゃ高いのだった。
他のゲームとは違い、まず、1つのキャラクターあたり、20種類の音が同時になる。足音、衣擦れの音、剣を振る音。さういうのが重なっているそうだ。さらに、キャラクターが8人いれば368個。これが同時に鳴っているらしい。

それらを同時に鳴らすと、ゲームが固まってしまうので、必要な順番に音量を制御し、ギリギリの音数を鳴らしているという、これが、ヘッドフォンを使って360度に配置されている。これが、この「ラスト・オンライン」の根本的楽しさを生み出している。

普通のゲームは左右に振るステレオどころか、モノラル、つまり両耳から同じものしか流れない、というものが主流だという。この、クオリティの高さが、200万本の大ヒットを生み出した、「ラスト・オンライン」の楽しさの根本といえる。
2017/06/07 16:00
「よし、三体目!!」
2017/06/07 16:01
僕はなんとか、三体のゴーレムを楽した。この50体斬とも言えるクエストにより、根本的な面白さ、剣を振る感触。
2017/06/07 16:02
「あー、このゲーム面白い!!」
2017/06/07 16:02
「いまさら何いってんの、ジュン」
2017/06/07 16:02
「そうですよ!!ジュンさん」
2017/06/07 16:02
とサラと奈緒子が言う。
2017/06/07 16:02
「ずっと、おもしろいよ!」
2017/06/07 16:02
「ずっと、おもしろいです!」
2017/06/07 16:04
二人は笑顔でそう言った。
2017/06/07 16:04

◆作者をワンクリックで応援!

0人が応援しました。

◆コメント欄は未記入でもOK! 公開されないのでお気軽に。

ページトップへ