ペイガニズムの倫理と資本主義の精神 ――浪人ですが東インド会社に就職しました――

4-1. 出せと言われてそう簡単に出るなら苦労はない

エピソードの総文字数=3,382文字

 何よりも考慮すべきは、風向きだ。

 帆船における用場(トイレ)というものは、艦首にある。青天井の下、艦嘴(ヘッド)部分にある小さな空間(スペース)で風を感じながら桶に用を足す。それが船乗りのスタイルである。

 故に、用場に於いては風向こそが全てと言っても過言ではない。風下――この場合は進行方向――に向かって出さなければ(・・・・・・)、自分で出したものを自分で被ることになる。

 それは理解できる。だからと言って――

「あっははははは! イオリノスケくんもおいでよぉ~。こっちで出す(・・)方が気持ち良いよ~」

 艦嘴(ヘッド)どころか、艦首に突き出た艦首斜檣(バウスプリット)で放尿するというのは、流石に理解に苦しむ。

「あっ、危ないですよリズさん! 色んな意味で危ない!」

 艦首斜檣(バウスプリット)は、文字通り艦首から水平方向に伸びた柱のことだ。当然、人一人がなんとか渡れる程度の幅しか無い。そんな危険な場所に、平気でリズは立っていた。少しでも体勢(バランス)を崩せば、海に真っ逆さま。おまけに海に落ちればそのまま船体に轢き潰されることは必至だ。 

「いいのいいの、どうせ誰にも見えないんだからさ!」

 下半身丸出しで、器用に片脚を掲げたまま――リズは海に向かって放尿した。風に吹かれた小水は、鮮やかな霧となって海に消えていく。
 船は常に緩やかな縦揺れ(ピッチング)を繰り返している上、不規則に横揺れ(ローリング)する。リズのバランス感覚は驚嘆すべきものがあるが、その用途が致命的に間違っている気がする。

 風は西南西。澄み渡る晴天。穏やかな追い風を受けて、メリメント号はすいすいと東へ向けて進んでいた。

(誰にも見えないとはいえ、僕には見えているのですが)
 彼女の姿は、特に真人間(・・・)ほど見えにくいらしい。逆に言えば、今こうして彼女の姿が見えている伊織介は、真人間からは遠い存在ということだ。いくら魔女の下僕になったとはいえ、改めてその事実を突きつけられているようで少し頭が痛くなる。

「イオリノスケくん見てみて! 虹が出来てる!」
 伊織介の葛藤などいざしらず、リズは逆立ちして大股を開いてみせる。実に恐るべき身体能力である。

(魔女って……魔女って……)

 伊織介は頭を抱えた。彼女たちは、あまりにも逸脱し過ぎて(・・・・・・)いる。

 目の前の小柄な少女、リズなどは典型的だ。隻眼の傭兵、フザから伊織介を守ってくれた時の真剣な眼差しはどこへやら、仕事が無ければ昼から酒を飲み、酔っ払って伊織介に絡んでくる。おまけに水夫たちからは見えないからといって、半裸で船内を彷徨くのだから始末が悪い。

 過剰な逸脱。性的にも、あるいは生として逸脱している存在。
 そういえば、リズには妖精の血が流れていると聞いた。昨晩も、ル=ウは彼女自身のことを〝化物〟と表現していたことを思い出す。魔女とは……いや、魔に属する存在とはいったい何なんだろうか。

 ――伊織介が思考に沈もうとしたその瞬間、艦内に聞きなれない音が響いた。
 カン、カン、カン、カン、カン……連続で乱打される鐘の音は、時刻を知らせる時鐘のものではない。
「警鐘……ッ!」
 リズの目が鋭くなる。

 伊織介は艦尾甲板(クォーターデッキ)に走った。


     * * *


「戦闘配置! 諸君、戦闘配置である!」

 リチャードソンの朗々とした声が響く。水夫たちはばたばたと走り回り、天地が引っくり返ったような騒ぎである。ある者は甲板上に置かれた戦闘に邪魔な荷物を撤去し、ある者は甲板に滑り止めの砂を撒いた。ハンモックは舷側にまとめて括りつけられ、弾除けに早変わりする。艦全体が叩き起こされ、全員が仕事に従事する。

 艦尾甲板(クォーターデッキ)に伊織介が駆けつけると、既にそこには魔女団(カヴン)の主要メンバーが揃っていた。

「右舷艦尾方向、13点。所属は……オランダ」
 ル=ウが望遠鏡(テレスコープ)を覗いて報告する。
「3本マストのピンネース船。マスリパトナムの港でも見たことがあるよ。確か砲数は12門。厄介だ」
 リズが補足した。ピンネースとは小型の帆船のことで、高速輸送や哨戒に向いた快速船である。小型とはいえ十分な火力を有し、小回りの効く難敵だ。
「リズ、よく覚えていますのね」
「これくらいは当然さ」
 フランの言葉に、リズは飄々と答えた。ついさっきまで、伊織介の前で奇行を繰り返していた人物とは思えない豹変ぶりだ。今はしっかりと派手な衣装も着込んで、下半身も隠している。
 
「……追ってきてるな、あれは。この微風(かぜ)では追いつかれる」
 ル=ウがオランダ船を睨んで、苦々しく呟く。
「お嬢の言う通りである。出港時から追跡されていたのであろうな。微風に乗じて仕掛けてくる腹づもりであろう」
 リチャードソンが頷いた。通常、十分な風のある場合は、より大きな帆を持つ大型船の方が速度が出る。しかし今日のような弱い風の場合は、船体の軽い小型船の方が速く帆走(はし)れるのだ。
「こりゃ、振り切れぬ。おまけに相手は風上に陣取っているのである。後手に回るのはまずい。早期に手を打つぞ」
 リチャードソンは、力強くそう宣言した。
 海戦では、基本的に風上側が有利になる。帆船は風上に切り上がることも出来るとはいえ、風上に船首を向ける機動には大きな制限が伴う。その意味で、風上側というのは海戦において主導権を握ることになる。風下側の船は、風上に向き直るだけでも一苦労なのだ。

「さぁて……腕の見せ所であるな」
 リチャードソンは、不敵な笑みで水平線を睨んでいた。



「さてイオリ」
「イオリノスケさん」

 嫌な予感――振り向けば、そこには満面の笑みを湛えたフランと、複雑な表情のル=ウが立っていた。


     * * *


「嫌です」

 戦闘配置に沸き立つ甲板を余所に、伊織介は士官室に連れ込まれていた。

「嫌と言っても、イオリのモノは私が持ってるんだぞ? 一目につかない場所でするだけ、感謝して欲しいな」
「逆に考えなよ、イオリノスケくん。むしろこんな美女三人に囲まれるなんて、羨ましい経験なんじゃない?」

 ル=ウは少し不機嫌そうに腕を組んで。リズは壁際でにやにやと、それぞれに伊織介を見詰めている。

「そーおですわ。これは何もイヤらしいことではありません。解呪師として、正当な代価(・・・・・)を要求しただけですわ!」
 フランがぐい、と伊織介に顔を近づけて凄んだ。
「……なんで僕がその代価を払わされるんですか! ルウに請求してくださいよ、ルウに!」
 顔を必至に背けながら、精一杯の抵抗をする伊織介。
「そのル=ウの所有物が、イオリノスケくんなんだよ。だから、ル=ウはそこから払うだけさ。実に論理的なことだよ」
「……リズの言う通りだ。この守銭奴(フラン)は、占い毎に金貨30枚を要求してくるからな。流石にわたしも手持ちがない」

 解呪師(カニングフォーク)は、善なる魔術師とされる存在だ。古来からその預言によって多くの人々を扶け導いてきた。しかしだからこそ、解呪師(カニングフォーク)の預言には、代価が要求される。代償こそが解呪師(カニングフォーク)の魔術の本質と言っても過言ではない。
 
「分かっているとは思うが、これからすぐに砲戦が始まる。イオリ、今はお前にこの戦いの趨勢がかかっているんだぞ?」

 解呪師(カニングフォーク)は〝大事なもの〟を代価に取る。それは必ずしも金銭的な価値には囚われない。富める者からは金貨を、貧しき者からは相応の誠意をそれぞれに要求する。
 もっとも、フランの性格から、彼女はもっぱら金貨ばかりを要求してきたが――今回の代価は、いつもとは違う。

「さぁ、イオリノスケさん? おとなしく――精液(スペルマ)を出してくださいな!」

 ――〝童貞の精液〟。

 それは、史上最大の錬金術師、テオフラストゥス・フォン・ホーエンハイムが人造人間(ホムンクルス)の材料として用いたことでも知られている――魔術の世界においては、極めて価値のある触媒であった。

◆作者をワンクリックで応援!

1人が応援しました。

◆コメント欄は未記入でもOK! 公開されないのでお気軽に。

ページトップへ