チートなガチャ運でVRMMOで無双する!?~没入型MMO「ラスト・オンライン」

第百二十三話『『神の鎧 - ゴッドメイル』の真価』

エピソードの総文字数=1,246文字

「私も良い所見せたいですからね!」
2017/06/21 06:20
と魔法使いの少女奈緒子は微笑んだ。

そして、反射した炎により焼かれた『大龍 - ワイバーン』が
「グオオオオォォォォォ!!」
と叫んでいる。いきなり大きなダメージを与えることができたようだ。
2017/06/21 06:20
「よーっし!一気に行くわよ!」
2017/06/21 06:20
格闘美少女のサラが笑顔でそう言った。

サラはタタタとワイバーンの背中に回りこむように走っていった。

そして、奈緒子がさらに魔法を唱えた。
2017/06/21 06:21
「スローダウン!!」
2017/06/21 06:21
そう言って、対象のモンスターの動きを遅くする、魔法を唱えた。手の周りから光のエフェクトが発生し、『大龍 - ワイバーン』に向かっていった。

そして、その魔法は『大龍 - ワイバーン』に当たり、光のエフェクトが巨大な龍を包み込んだ。

「グオオォォォォォ」
そして龍が叫ぶ。
グッと機敏さが落ちたようだ。
2017/06/21 06:21
「奈緒子ちゃんナイス!!」
2017/06/21 06:21
と、サラは遅くなった、『大龍 - ワイバーン』の後ろに回りこんだ。
2017/06/21 06:21
「ふふふ、私もいろいろ魔法を覚えたんですよ!」
2017/06/21 06:21
と微笑む奈緒子。

その龍はサラではなく奈緒子を睨む。
当然だろう、自分の炎は跳ね返され、動きを遅くする魔法までかけられている。

「グオオオオォォォォ」
と咆哮する『大龍 - ワイバーン』完全にこちらに狙いを定めている。

『大龍 - ワイバーン』の攻撃力は半端無く、一撃で絶命ということも普通にありえる。
そして、奈緒子目掛けて、その一撃必殺の攻撃力を持つワイバーンが攻撃を仕掛けてきた。

本来だったら、攻撃する前に、『疾風』でダメージを与えるべきだったが、タイミングを失ってしまって、もう今からでは遅い。普通の剣戟も、僕の技量では、この高速で動く『大龍 - ワイバーン』に当てることはできない。


となると、と考えて
2017/06/21 06:21
「できれば、やりたくないけど・・・ここは行くしかない!」
2017/06/21 06:22
と、つぶやきながら僕は走りだした。

奈緒子の元に!!

そして『大龍 - ワイバーン』の攻撃が奈緒子に当たろうとしたその時。
僕は『大龍 - ワイバーン』と奈緒子の間に挟まるように飛び出した。そして、奈緒子に『大龍 - ワイバーン』の攻撃が当たらないように軽く突き飛ばした。
2017/06/21 06:22
「ジュンさん!!」
2017/06/21 06:22
奈緒子が叫ぶ。

そして『大龍 - ワイバーン』の攻撃はしっかりと僕の体に当たった。

つまり

SSSランクの防具「神衣 - カムイ」シリーズの鎧『神の鎧 - ゴッドメイル』に!!

衝撃で吹き飛ばされ
地面に転がった時に、ダメージが表示された。

『0』と。
2017/06/21 06:22
「す、すごい!それが『神の鎧 - ゴッドメイル』!!」
2017/06/21 06:22
と奈緒子が叫ぶ。
2017/06/21 06:22
「なにそれ、無敵じゃん!!」
2017/06/21 06:23
とサラが笑う。
2017/06/21 06:23
「いやいや・・・一歩間違えれば・・・鎧がないところ・・・腕に当たったら吹き飛んでるから・・・」
2017/06/21 06:23
と、ゆっくり地面に手を当てて僕は立ち上がりながら言った。
そう、無敵の防御力を誇るのは『神の鎧 - ゴッドメイル』と『神の脚具 - ゴッドメイル』をまとっている部分だけだった。頭に当たったら一撃だろう。
2017/06/21 06:23
「でもなんとか耐えたね」
2017/06/21 06:23
と『大龍 - ワイバーン』の攻撃に耐えた僕は微笑んだ。
2017/06/21 06:23

◆作者をワンクリックで応援!

0人が応援しました。

◆コメント欄は未記入でもOK! 公開されないのでお気軽に。

ページトップへ