マジカルミュージック

旧友の恐怖と嵐

エピソードの総文字数=2,063文字

なぁ、歌音ちゃん。今日、お茶行かへん?
2017/06/20 08:18
    そんな美羽のお誘いはいきなりだった。いつもながらこのようなイベントは突然やってくる。ここは、OKでいいのかな?
2017/06/20 08:19
良いわよ。一緒にお茶行きましょっか。もう一人呼びたい人いるんだけど良いかな?
2017/06/20 08:20
エエよ♪
2017/06/20 08:21
じゃあ、放課後ここで集まってからにする?
2017/06/20 08:21
いや、校門前の方が待ち合わせしてる気分になれるわ♪    だから、校門前がエエわ♪
2017/06/20 08:22
じゃあ、校門前でね
2017/06/20 08:23
    美羽と別れた私は、圭の元に急いで向かったのであった。
2017/06/20 08:23
圭くん、ちょっと良いかな?
2017/06/20 08:26
何だ?    どうしたんだ、歌音から来るなんて……
2017/06/20 08:26
今日放課後、美羽ちゃんとカフェに行く事になったんだけど……。圭くんは来てくれる?
2017/06/20 08:27
別にいいけど……。今回は、兄貴にも来てもらおうと思ってる。思ったより危険だからな
2017/06/20 08:28
分かったわ♪
2017/06/20 08:28
    このまま、うまくいけば良いのだが……。
2017/06/20 08:28
    時は流れ、放課後。

    歌音たちは、校門前に集まり、学校近くのカフェに向かった。

2017/06/20 08:45
なぁ、美羽に聞くけどいいか?
2017/06/20 18:31
エエよ♪    何でも聞いてや♪
2017/06/20 18:32
お前、友達といるところ見たことないけど……一体どうしてなんだ?
2017/06/20 18:32
何や、そんな事?    そうやなぁ……あまり信用でけへんからかな?    昔からあたしはそうやもん♪
2017/06/20 18:33
それってどうして?
2017/06/20 18:33
そうやなぁ……実はあたしは元コンクール入賞者やねんなぁ……。けっこう嫉妬されるんよ……。入賞でけへんかったら、罵倒もされたんよ。だから、友達は信用できるまで作らないって決めたんよ♪    それで今回は、歌音ちゃんなら、と思った訳よ♪
2017/06/20 18:34
そんな……どうして本気を出さないの?
2017/06/20 18:38
そんなの決まってるやろ♪    本気出して嫌われたくないからやわ♪    あたしが本気だしたらみんな飲み込んでしまうから……
2017/06/20 18:38
飲み込む?
2017/06/20 18:39
そうやなぁ……例えばやけど……
2017/06/20 18:39
    注文した品物を食べながら美羽の話を聞いてるけど……完全に人を拒絶してる……。拒絶したことによって戦乙女は、荒れた大地に取り残されてしまったのだ……と。


    歌音は、ミルクレープを一口食べるけど、あまり味を感じない。本来なら甘味のあるミルクレープ……。感情などを感じとると味気なく感じる。

2017/06/20 18:40
    美羽の話は続く。

    元々は、明るく人見知りもしなかったらしい。それが、コンクールで入賞してから全ての見る人の目が変わったらしい。持て囃される……それに嫌気がさしたのだとか……。コンクールで入賞を逃すと見放される……そんな生活を送っていたことから、人を信用できなくなったのである。

2017/06/20 18:43
    歌音は、そんな美羽に認められる人になりたい。

    しかし、美羽は歌音を何となく信用していない……そんな感情が流れ込んでくる。食べているミルクレープの味とミルクティーの味なんてどうでもよくなってきた。

2017/06/20 18:47
    あれこれ話をしていると、三人の同い年ぐらいの女子に見下ろされているのが分かった。悪意を感じる……。誰に対する悪意なのか……。
2017/06/20 18:49
    一人の女子がからかうかのように話し始める。
2017/06/20 18:50
あら?    入野さんじゃないの?    コンクール入賞できた?
2017/06/20 18:52
どうせ入野さんの事だし無理に決まってるわ。天才と持て囃されていたけど所詮はただの凡人ね
2017/06/20 18:52
どうせあなたを友達だと思ってくれる人なんていないのよ
2017/06/20 18:54
お前ら、黙って聞いていれば美羽の事馬鹿にしやがって!!
2017/06/20 18:54
あなたは黙っていてくださいな!!    あたしたちは、入野さんに用事なんだから!!    ……っても事実言われたら言葉もでないか……。ざまぁ(笑)
2017/06/20 18:55
    女は、美羽の事をバカにするだけバカにして高らかに笑っている。周りの女たちもクスクス笑っているのが見える……。本当に見ていて気分が悪い……。
2017/06/20 18:56
じゃあ、入野さん。誰か友達になってくれるといいね♪    そんなバカなやついないけど(笑)
2017/06/20 19:00
    女たちは、一人の親分肌の人について店を出ていった。

    本当にあいつらは何だったんだ?!    歌音たちのティータイムを邪魔した罪は重いぞ!!    美羽は黙ったままだったが、女たちが立ち去ってから初めて言葉を発した。

2017/06/20 19:01
あの人たちは、中学校で一緒やった同級生やの♪    みんな、あたしがプロだからすごいって寄ってきたけど……コンクールで入賞を逃したら一気に離れていったんよ……。だから、あたしは友達なんて信用できんのよ♪
2017/06/20 19:03
何故、言い返さないよ!!
2017/06/20 19:05
そうだぞ!!    お前、バカにされてた自覚あるんか?
2017/06/20 19:06
嫌やなぁ……圭くん。バカにされてた事ぐらいはわかるんよ♪    でも、全て事実やから言い返されへんのよ♪    あたしが本気を出したら、スランプになったときみんな離れていく……。そんな気がするんよ♪
2017/06/20 19:07
そんなことない。私は、美羽ちゃんの味方だから……
2017/06/20 19:09
その言葉は信用でけへんわ♪    みんなそう言っておいて離れていったんやから……。歌音ちゃんは、あたしを見捨てないでほしいわ♪あまり信用はしてへんけど……期待はしてるんよ♪
2017/06/20 19:25
    美羽の真意が分からないけどこのままだといけない。歌音は、そんな気がしたのであった。
2017/06/20 19:27

◆作者をワンクリックで応援!

0人が応援しました。

◆コメント欄は未記入でもOK! 公開されないのでお気軽に。

ページトップへ