ペイガニズムの倫理と資本主義の精神 ――浪人ですが東インド会社に就職しました――

3-4. すぐにタイマン張りたがるバカはいつの時代も迷惑

エピソードの総文字数=5,865文字

「はいそこの貴方! その荷箱はこちらに積み上げるのですわ! ほらほらチンタラしませんの、尻穴を締めてかかりなさいな! 酒樽は短艇(ボート)でしてよ!」

 浅瀬に積み上げられた荷箱の山の上に立ち、フランが船員たちにきびきびと指示を出している。積み荷を運ぶ水夫たちの人種は様々だ。浅黒い肌をしたテルグ人にタミル人、白い肌のアルメニア人に西欧(ヨーロッパ)人、東洋系の者も少数ながら見受けられる。いずれもメリメント号の船員たちだった。

 魔女団(カヴン)がバンタム行きを決めたその日の午後には、既にメリメント号は出港準備に入っていた。フランを始め、伊織介らもマスリパトナムの港に降りて、各自割り当てられた仕事を進めている。

「自分がこんなことを言うのも失礼なんですが」
 遠慮がちに、伊織介は言葉を紡ぐ。
「フランさんに荷積みの監督を任せてしまって、本当に大丈夫なのですか? 僕らも手伝った方が……」
 伊織介はちらちらとフランの方を見やった。当のフランは大張り切りで荷を捌いている。
「気持ちはわかるよ。けど、彼女は骨の髄まで吝嗇家(ドケチ)、意地汚さは魔女団(カヴン)一さ。ああ見えて、損や不正の監督をさせるのにはうってつけなんだよ」
「そういうものですか」
「そういうものさ」

 冷静な口調で伊織介の疑問に答えたのは、左右非対称の奇妙な格好をした少女だった。その声は詩人のそれのように透き通っている。

 白金色の髪(プラチナブロンド)には、洒落た羽飾り。青と緑が交互に配置されたド派手な縞柄の上衣(ダブレット)。何より印象的なのは、左腕と左脚にのみ重厚な鎧を着込んでいることだ。逆に右腕と右脚は剥き出しで、極めて短いショス(パンツ)から覗く右腿が眩しい。

 小柄な身体に似合わぬ両手剣(ツヴァイハンダー)を背負った、ドイツ傭兵(ランツクネヒト)のような出で立ちの少女――リーゼル・マルクアルト。

 彼女もまた、魔女団(カヴン)の一員である。

「少し前までは、魔女団(カヴン)ももう少し賑やかだったんだけどね。今はル=ウに、ボクとフランしか残っていない。できることを各自がやるしかないのさ」
 少年のような口調で語って、リズは肩を竦めてみせた。
「少し前まで……って、何かあったんですか?」
「魔女狩りだよ。はるばる西欧(ヨーロッパ)から逃げてきたのに、まさかこの地でまで異端狩りに遭うとは思わなかった。仲間の魔女が何人も投獄、処刑されたよ」
「処刑……そんな……」
「ボク自身、一度は牢獄で首を吊られる順番を待っていた身さ。そんなとき、保釈金を払って身請けしてくれたのがル=ウって訳。彼女、根っからの強欲って訳じゃないんだよ。今の時代、魔女が異端狩りから逃れて生きていくには、お金(わいろ)が必要なのさ」

 言いながら、彼女はてきぱきと手元の火縄銃(アルケブス)を捌いていた。不良品、整備の必要な品……山のように積まれた銃が、次々に選別されていく。
 リーゼルの担当は、船に載せる武器弾薬の確認と整備だった。伊織介はその補佐をル=ウに命じられている。伊織介も種子島(ひなわじゅう)の扱いならば一通りの知識があったが、リーゼルのそれは段違いだ。銃口の歪み、板バネの弱り、火縄の接合部……恐ろしい速度であらゆる部位を点検していく。

「まぁ、フランに関しては……彼女は根っからの守銭奴だけどね」
 両手をぶんぶん振り回して指示を出すフランを見ながら、リーゼルはいたずらっぽく笑った。

 そんなときである――フランが悲鳴を上げた。

「な……っ、何ですの貴方は! ここは現在、メリメント号の荷積場ですのよ!」

 見れば――船員たちがざわついている。
 彼らの視線の中心にあるのは、いつの間に砂浜に現れたのか、赤ら顔をした半裸の偉丈夫が立っていた。

「こちらには湾港長(シャー・バンダル)の許可証がありましてよ! 勝手に荷積場を荒らす気ならば、司法長官(カーズィー)を呼ぶことになりますわ!」
「おいおい、勘違いしねェでくれよお嬢ちゃん。俺は人に会いに来ただけだあ」
 そう言って両手を挙げる男の背丈は、七尺(2メートル)に迫るほど。隻眼らしく、右目には眼帯が当てられている。顔立ちは西欧人のそれだが、胸を露わに着崩しているのは長着に袴、腰には刀を差していた。
「日本人がそこの船に居るって聞いてよお。こう見えて俺ァ日本生まれだ、半分は西班牙(イスパニア)の血だがな。今日日(きょうび)同胞は珍しいんだ、会わせてくれよォ頼むよォ」
 へらへらと男は訴える。彼を囲む船員たちは、誰一人彼に近づこうとしない――否、近づけない。昼間から酒に酔っている男、しかし彼の纏う異様な雰囲気に、フランを含めた全員が呑まれていた。

「おっ? ――いるじゃねェか。早く言ってくれよお」

 男の左目が、伊織介を認めた。

 瞬間、全身が総毛立つ。遅れて伊織介は理解する。
(この人――!)
 この感覚を伊織介は故郷でも感じたことがある。関ヶ原帰りの(つわもの)……別けても、西軍(負け戦)を最前線で戦い抜いた者に共通する、ある種の空気。何かしら人として大切なものを、戦場(いくさば)に置いてきてしまった者特有のそれ(・・)
(あん)ちゃんかい? 一昨日の晩に、暴鬼を斬ったってェ日本人は」
 ふらふらと千鳥足で、男は伊織介に寄ってくる。
「思ってたよりずっと若ェな。その歳じゃあ、青野ヶ原も知らんだろ。ホントに鬼を斬ったのかい?」
 男は鼻が触れ合うほどの距離まで、無遠慮に顔を近付けた。酒臭い吐息がかかる。伊織介は、後退りしないように気を張るのがやっとだ。
「まァいいや。フザだ。志佐(しさ)付左衛門(ふざえもん)=アルフォンソ。いやァ、久方ぶりに侍の同胞と会えて嬉しいぜい。昔はここいらにも日本人傭兵はも少し(・・・)居たんだがなァ、ほら、みィんな戦でおっ()んじまってなァ」
 フザと名乗った男は、伊織介の背中をばちばちと叩いて笑った。本人は楽しそうだが、フランはじめ船員たちが固唾を呑んで遠巻きに見詰めている。伊織介も気が気でない。
「……フザさん。失礼ですが、僕たちは見ての通り仕事中です。御用ならば、」
「おう、すまねェな。手短に済ませるとするわ」
 伊織介の言葉を遮ったフザは、手近な荷箱から木板を素手で引き剥がした(・・・・・・)。釘張りの木板とはいえ、凄まじい握力である。

「御託はナシだ。俺ァこいつで良い。抜けよ。()ろうぜ」

 言って、フザは三尺(90センチ)ほどの木板を下段に構えた。口調も飄々としたまま、殺気すら無いが――伊織介の背を汗が伝う。不可思議な危険(ヤバさ)が、この男にはあった。
 
「ちょっと! マスリパトナムで私闘はご法度でしてよ! (スルタン)の法に逆らうつもりですの!?」
 すぐに止めに入ったのは、フランである。巨大な十字架を携えて、ずかずかとフザに寄っていく。口調はいつもの調子だが、伊織介にはその声が微かに緊張しているのが分かった。
 フランの言葉通り、港都マスリパトナムでは流血沙汰は厳禁である――少なくとも昼の間は。多彩な荒くれ者の集まるこの港が栄えているのは、(スルタン)の強大な権力によって仮初めの平和が維持されている故だ。魔女団(カヴン)といえども、(スルタン)には逆らえない。

「おいおいお嬢ちゃん、勘弁してくれよォ。稽古だよ、稽古。侍同士が会ったら、親睦を深めるために稽古するんだよお。なァ(あん)ちゃん?」
「……そう言われましても」
 戦う理由など無い。メリットも無い。見境なく刀を抜くほど、伊織介は戦好きではなかった。しかし――。

「……稽古。だよなァ?」

 フザは、視線を伊織介に向けたまま、木板を沖合のメリメント号に向けた。
「……ッ!」
 伊織介は理解する。これは脅しだ。この男、本当の意味で見境がない(・・・・・)

 ――暴れるつもりなのだ。

 (スルタン)の法など知ったことではない。誰が死のうが、自分が死のうが構わない。メリメント号の船員百人弱、その全てをたったひとりで相手取る、そういう宣言だった。
 生と死の値段が等価なのだ。無茶苦茶で、損得勘定が通用しない、いわば狂者――伊織介は、そういう手合いのことをよく知っていた。侍と言われる者たちには、一定の割合でこういう(・・・・)のが混じる。この手の危険な人種は、文字通り死ぬまで止まらない。

「まぁ……そうですね。心配しないでくださいフランさん。稽古です」
 この男は、平然と死ぬ男だ。こんな男に付き合って、命のやり取りをする必要なんかない。なんとか満足させて帰ってもらう他無い――その一心で、伊織介は仕方なく、フザの言葉を首肯する。

 それに、だ。
(……流石にここまで虚仮にされて、引けるものですか)
 フザは腰の刀を抜く気が全くない。それはどこまでも伊織介を小馬鹿にしていて――少なくとも、自分がそこまでの弱者でないこと(・・・・・・・)を証明しなければ気が済まない。伊織介は謙虚だが、謙虚なりに矜持はあった。

「俺の得物はこの木板、(あん)ちゃんは何を使っても良い。悪くても俺が死ぬだけだァ、何も心配はいらねェよお」
「……本当ですのね? まったく、野蛮な方たちですこと」
 フランは呆れたように肩を竦めると、どすんとその場に十字架を突き立てた。
「良いでしょう。10分だけ――10分間だけ、許可しますわ。ただし、(わたくし)が立ち会わせて頂きます。少しでも危険があったら、容赦は致しません」
 不機嫌そうに腰に手を当てるフラン。しかし今はやけに頼もしく見える。

「じゃ、お嬢ちゃんの許可も出たッつうことで」
 フザが木板をぶらぶらと揺する。それほど頑丈な木板ではないが、この大男が持つと脅威に感じられる。酒の抜け切らない赤ら顔だが、とても気安く近寄る気になれない威圧感が、この隻眼の男にはあった。
「気乗りはしませんが」
 伊織介は鯉口を切って、ゆっくりと小太刀を抜いた――抜刀術を今使うほど、伊織介は愚かではない。抜き打ちはあくまで不意打ち、奇襲に用いるもの。相手が刀を抜くのを待ってくれるならば、それに越したことはない。

 お互いの距離は打ち間の外。――手合わせが、始まった。



「おら、打ってこいよ」
「では」

 言いながらも、しかし伊織介は打ち込まない。正眼に構えたまま、摺足で徐々に徐々に距離を詰めていく。足元は砂浜だ。柔らかい地面では、どうしたって踏み込みは一歩遅れる。ここで先手を打つのは不利――後の先(・・・)を獲る。伊織介は冷静だった。
「どうしたァ、来ないのかよお。おじさんからいっちゃうぞお」
 フザは両足を横に開いて立っている。動きがあればすぐに解る。伊織介はフザの言葉を無視して、剣先で牽制しながらじりじりと近寄っていく。
(間違って、死んでも知りません――!)
 こっちは文字通り、真剣だ。おそらく実力は向こうが上。簡単に斬らせてはくれまい。だからこそ、全力を尽くす。相手は伊織介を舐めている。そこに隙がある。
(魔女団(こちら)を舐めたツケは――払って頂く)
 自分()ともかくとして、魔女団(カヴン)を舐められるのは気分が良くない。奴隷の身分ではあるが、そこはそれ。仮にも自分の主人である魔女たちが軽んじられたようでは、従者(さぶらい)として我慢がならない。

 伊織介にも、その程度にはキレ(・・)(さが)があった。

 ――フザの足が、微かに動く。
(そこだ!)
 伊織介が踏み込む。正眼のまま、剣先が伸びる――。

「……チェェェェェェイ!」

 奇妙な叫び声は、一撃より遥かに遅れて(・・・・・・)叫ばれた。

「え……」

 困惑の声を上げたのは、伊織介だった。
 びたり(・・・)と、その目の前に木板が向けられている。

 寸止めだった。首筋僅か数寸のところで、木板は止まっていた。……振り抜かれていれば、鎖骨が叩き割られていたかもしれない。ぞっとしない想像に肌が泡立つ。もしもこの男の得物が木板ではなく、腰の真剣であったら?
 ――この男は、いつでも伊織介を殺せたのだ。

 有り得ない深さの踏み込み。猛烈な速度の袈裟斬り。砂の地面などという環境を物ともしない、予備動作なしの足捌き。
「ハイ、一本。三本勝負でいこうやあ」
 後の先を取られたのは、伊織介の方だった。

「わっかりやすいなぁ、(あん)ちゃん。型稽古通りの動き。たくさん練習したんだねェ。若いっつーかさァ、まともに斬りあったことないでしょお」
 呆気にとられる伊織介に対して、フザは木板を肩に背負いながらへらへらと笑う。
「いいよお、いい機会だ。俺が胸を貸してやるよお。どんどん打っておいでェ」

 ……確かにフザの言うとおりだった。伊織介にはまともな立ち会いの経験が無い。
 故郷ではずっと稽古ばかりさせられて来た。だから剣術には自信があった。事実、オランダの奴隷だったときは、白人の水兵を幾人も斬り伏せた。しかしそれは相手が素人だったからだ。馬來鬼(ペナンガラン)の相手など、ル=ウの魔術頼りだった。伊織介は確かに、あまりにも実戦経験に乏しかった。

「……失礼」

 伊織介は言って、荷箱の方へ歩いていった。

 山のように積まれた荷箱類は、それだけで壁のような高さを為している。荷箱と荷箱に挟まれた場所は、まるで狭い隘路のようだ。

 伊織介は、自らその隘路に立った。荷箱を背にして、小太刀を構える。

「こっちでやります。どうぞ、打って来てください(・・・・・・・・・)

 どう見ても逃げ場の無い、明らかに不利な位置取り。不自然、非合理、無意味な行動に、フランを始め観客全てが疑問符を浮かべる。
「おいおい、背水の陣ってやつ? そんなことしても意味ないよお」
 フザも不思議そうに伊織介を見ている。自ら狭い位置に立った伊織介は、フザから見れば自ら体捌きの範囲を狭めたようなもの。ただでさえ一撃の疾いフザにとって、それは致命的な隙にしか見えない。

 しかし伊織介は冷静だった。その目は真剣そのものだ。

 ――絶対、獲る。

 伊織介は、勝つ気でいた。

◆作者をワンクリックで応援!

1人が応援しました。

◆コメント欄は未記入でもOK! 公開されないのでお気軽に。

ページトップへ