マジカルミュージック

花園の乙女

エピソードの総文字数=1,069文字

    戦乙女の波乱が幕を閉じ、美羽は純真な花園の乙女へと進化を遂げた。


    翌日の合奏の時間、美羽のオーボエのソロは、花園で歌う乙女のような感じだった。今までの戦乙女は、戦争とはほど遠い平和な少女になったのだ。じょうろを持って花に水をあげている乙女……。合奏でもいつもより調子が良さそうだった。

2017/06/23 18:02
嘘みたいやぁ♪    茨木くんにソロ褒められたわぁ♪
2017/06/23 18:06
良かったよ、美羽ちゃんのソロ。前までは戦乙女のような感じだったけど今は色づいているよ。これでコンクールまでまっしぐらだね♪
2017/06/23 18:07
なぁ?    茨木くんもあたしのソロすごかったやろ♪
2017/06/23 18:08
……。何故、俺にふる……。確かにいつもより……良かったと思う……
2017/06/23 18:10
やろうな♪    あたしも昔みたいに戻ってもエエみたいやから昔みたいに本気でやるわぁ♪    それにしても歌音ちゃんの指揮で吹くのは楽しいわぁ♪
2017/06/23 18:11
確かに……すごい力を……感じる……
2017/06/24 08:35
私の力じゃないわよ。皆が頑張ってくれるから今があると思うの
2017/06/24 08:36
謙虚やなぁ、歌音ちゃんは♪    もうちょっと自信持った方がエエで♪    そうじゃないと他の人にナメられるで♪
2017/06/24 12:20
そんなんじゃないよ。誇張しすぎるのは嫌なだけ
2017/06/24 12:21
で……しょうね……。歌音さんは、……それで……充分……
2017/06/24 12:22
ちょっともうちょっとしっかりしてよね、茨木くん
2017/06/24 12:22
俺は、……これで充分……。俺は、……このままが一番……いい
2017/06/24 12:23
    夕陽の心に陰りが見える。嵐の海をさ迷う船……。雷鳴に怯える航海士……。目の前に迫る敵……。


    おかしい……。確かに今日は夕陽は調子が悪そうだった。何も考えないで吹いている夕陽とは違って、今日は考え事をして塞ぎこんでいるようだった。

2017/06/24 12:24
    またしても死亡フラグの予感を感じる……。
2017/06/24 12:27
茨木くん、何か隠してへん?

あたしに隠し事してもすぐバレるよ?

2017/06/24 12:27
何も……ない……。俺は、……普通……だと思う……。自分でも……分からない……。あの人を思うと……恋しくなる……
2017/06/24 12:28
誰の事なの?
2017/06/24 12:31
恋しいって恋やないの!?    茨木くん、やるなぁ♪
2017/06/24 12:32
でも、……相手は……既婚者……。俺の……思いは届かない……
2017/06/24 12:32
やってみなきゃ分からんよ♪
2017/06/24 12:33
だから……いい……。俺の思いは……どうでも……
2017/06/24 12:33
    やっぱり……心には嵐が吹き荒れてさ迷っている……。

    今度は、歌音と美羽で夕陽を救う番だ!!

2017/06/24 12:34
    花園の乙女が立ち上がる。じょうろを片手に大海原をさ迷う船……航海士を助けることになる。

    歌音はこの時まだ知らない。夕陽を救うには、心の傷が深すぎたこと……。死亡フラグが乱立する事……。歌音に夕陽を救うことが出来るのだろうか……。

2017/06/24 12:36

◆作者をワンクリックで応援!

0人が応援しました。

◆コメント欄は未記入でもOK! 公開されないのでお気軽に。

ページトップへ