犯人推理ノベル「消火栓」

2話 バスケ部の夏合宿

エピソードの総文字数=2,751文字

1998年8月1日。
バスケ部夏合宿1日目
体育館にクーラーがあったらどんなにいいか・・・

僕はそのことばかり考えていた。
このサウナのような蒸し暑い体育館の中で体を激しく動かしていると、フラフラしてぶっ倒れそうだった。
あと5分だ!! 気合い入れていけよ!!
集団の中でも一番背の高いと思われる、バスケ部のキャプテン海老原さとるが叫んだ。
よくあんなに元気でいられるな・・・
頼むぞ、弘樹
178センチある海老原は僕の肩を軽くたたく。

それにしても暑い。この練習試合、僕たちのチームは27対30で3点、負けていた。

前半戦が終わるまでに、何とか追いつきたいものだ。

前半戦のうちに逆転できれば後半戦の雰囲気はガラリと変わるだろう。
あと2分よぉ!
マネージャーの女の子がストップウォッチ片手にメガホンで叫んだ。
弘樹
海老原が僕の耳元でささやく。
俺と武藤とお前でスリーメンで
海老原が僕の耳元でささやく。
お、おう
僕が自信なさそうに言った瞬間、味方チームの武藤が相手ボールをカットした。
ナイスカット武藤!!
そう言い終わらないうちに、海老原が走り出す。
速攻!!
バスケットシューズが床をこするキュッキュッという小気味よい音が響き渡る。

カットしたのはバスケ部のエース、武藤純一だ。

彼は実力的にもNO.1でバスケ部キャプテンの最有候補者であったが
勉強が忙しいから
という理由だけで自ら退いた。

彼は頭も良く将来医者になるために東京の医大に進学することを希望している。

メガネをかけていて、いかにも勉強できますといった秀才タイプ。

テスト前日になると、一夜漬けでなんとかしようとする連中が武藤の周りにすり寄ってくる。
おかげで自分の勉強時間が削られるわけだが、それでも嫌な顔ひとつせずテストに出そうなポイントを懇切丁寧に教えてあげるのだから、本当にお人好しだ。

そんな武藤が、後輩に2人がかりで囲まれた。
武藤! 弘樹がフリーだぞ!!
海老原が僕を指さした。
武藤は苦し紛れに、しかし確実に僕にパスを出す。

チャンスだ。

パスをもらうと僕はすぐさまシュートの構えに入った。
1年、弘樹にプレッシャーかけろ!!
少し離れた場所から怒鳴り声に近い声が聞こえてきた。

このイラだっている甲高い声の主は若宮亮太だった。
オラ、そこの1年!
弘樹ぐらい押さえろよ!!
怒鳴られた1年生が泣きそうな顔で僕を取り囲んだ。

どうしよう・・・

僕はとっさに判断し、僕は、いったん後ろにいる海老原にパスすることにした。
ナイスパス、弘樹!
そう言うと、キャプテンの海老原はボールを構えてひざを曲げた。
スリーポイント、入れさすかぁ!!
がむしゃらに若宮が海老原の前にジャンプして立ちはだかる。

と、海老原は冷ややかに若宮の横を抜けていった。
あっ・・・
若宮が床に着地したときには、すでに海老原はレイアップで軽やかに決めていた。

その瞬間、ピーッと前半終了の笛が鳴り響く。
あんな単純なフェイクにこの俺が引っかかるなんて! きぃ悔しい!
若宮が地団駄を踏むと、それを見た後輩がくすくす笑った。

おい、お前! なにがおかしい?
す、すみません
逃げるように後輩が僕の陰に隠れた。
やれやれ
僕は転がっていたボールを拾いあげ、ホッと一息ついた。
あともうちょっとで同点だったのにな、弘樹
汗を腕で拭いながらそう言う海老原はくやしそうだ。
でも、いい感じで前半が終われてよかったと思うよ
そうだな。後半もこの調子で一気にいこう
僕たちは休憩するためにベンチへと向かった。


さて、僕の名前は小川弘樹(おがわひろき)。

岡山高原高校の2年生、17才だ。

夏休みを利用したバスケ部の夏合宿が今日から始まった。
この合宿のために久しぶりにバスケ部全員がこの“山”に戻ってきのだ。

岡山高原高校は「高原」という文字通り、岡山駅からバスで山道を登り、片道だけで優に2時間はかかるという、とんでもない山奥に存在する。

コンビニなどという便利なお店はもちろんのこと、お店と呼べるものは皆無である。

のどを潤すためジュースの自販機を探しても、どこにも見あたらない。
あるのは点々と広がっている畑くらいで、その先もまた果てしなく森が広がっている。

ラジオやポケベルの電波は届くのだが、最近、僕らの周りでも急速に普及し始めている携帯電話は常に圏外。

こんな山奥にあるのだから、当然、通学できる生徒はいない。
つまり、この学校は全寮制で、生徒は、男子寮・女子寮に分かれ、6人1部屋で生活しているのだ。

今は夏休みなので、バスケ部以外の生徒は帰省しているけど。

この学校が開校したのは1年前で、僕たちがその1期生だ。

入学試験という制度が存在せず、
面接と小論文だけで、
運が良ければ入学できる。
勉強の嫌いな僕は偏差値にとらわれない
この学校にすぐ受験を申し込んだ。

先輩もいないことだし、最高の環境だ!
と思って初めてこの学校を訪れた日のことを
今でもよく覚えている。
起伏の激しい土地に建てられた校舎はいたる所が
まだ建設中だった。校舎と寮を結ぶ階段すら
未完成で、仕方なく土の山をじかに登り降りした。

この体育館も僕たちが2年生に進級してから
ようやく完成した。
見切り発車もいいとこだ、と思ったものだが、
それでも実際に生活を始めてみると
やっぱり楽しい。

自分たちで自分たちの学校を作っていく
ことが許されるこの学校は、毎日が新鮮で
やりがいがある。
コラッ、弘樹君!!
スポーツドリンクを飲んでいると、突然メガホンで頭をポカンと叩かれ我に返った。

見上げるとマネージャーの女の子が腰に手を当ててこちらを見ている。
彼女の名前は鈴原(すずはら)あゆみ。
前半のシュート本数、いつもの弘樹君よりぜんぜん少ないじゃない
や、これでも精一杯やってるつもりだぞ
ダンクシュート決めてね
俺、リングに手が届かないし
弘樹君のジャンプ力なら大丈夫だって
背が足りないんだよ!
ふふ。成せばなるわっ
そう言うとステキ少女鈴原はピョンと跳んでみせた。

彼女は僕と同じ2年生で、紅一点というか、バスケ部唯一の女の子である。
ショートヘアが印象的でかわいいのだが、いつもエヘラエヘラと笑っている。

遠くにいても目立つため、女子グループに紛れた彼女を、すぐに見つけることはたやすい。
鈴原の頭の中の辞書に「悩み」という2文字は存在するのだろうか?

感情移入が激しいらしく、県大会1回戦負けで部員たちが凹んでいたとき、鈴原は泣きながら励ましてくれた。

そこまで落ち込んでないから、と、逆にこっちが気を使ったぐらいだ。

鈴原がバスケ部の面倒をみてくれてるのか部員が鈴原に尽くしてるのか分からなくなるときが多々あるが、それでも彼女の存在はバスケ部にとって大きい。

なにより、彼女の近くにいるだけで部活が
より楽しいものとなる。
武藤、お前少しバテてないか?
海老原がタオルで顔を拭きながら言った。

つづく

◆作者をワンクリックで応援!

6人が応援しました。

◆コメント欄は未記入でもOK! 公開されないのでお気軽に。

ページトップへ