いつかのLip service

3:噂は加速する

エピソードの総文字数=1,977文字

翌日。

噂が出回るのは早いもので、主に一部の女子のせいなのだが、俺の名前はキャンパス内に知れ渡った。今まで無名で路傍の石ころのような扱いだったものが、ひそひそと噂の話題にされるくらいにはなった。……主に、あいつのせいで。

あーーいたいた!! ちょっと、そこの眼鏡の人!
…………
眼鏡の人と呼ばれても、この大学のキャンパスには眼鏡の人が溢れており、右にもいるし、その斜め後ろの男だって眼鏡をかけている。キャンパス内にはざっと見たところ、30%は眼鏡だと言えるだろう。決して俺のことではないだろう。

だから無視をした。

えーー、ちょっと無視するの!? 鬼畜眼鏡っ! 俺たち恥ずかしいこと言いあった仲じゃん!?
ひそひそ ざわざわ


視線が明らかに俺に向けられている。これはもう無視できない。また新たな噂が蔓延しては困る。仕方がないから、後ろから呼びかけられていた俺はそいつのほうを向いた。

おい
お、やっと気づいてくれた
その誤解を招く単語のチョイスはやめろ。言い合っていたわけではないし、お前が勝手に言ったんだ。俺は無関係だ。だいたい、俺のどこに鬼畜要素がある?
えーと、ほら言ったよね。

「はやく言え。くださいって。下のお口はもうこんなに正直じゃないか。早く欲しいのか?」って。

ひそひそ ざわざわ


そんなこと一言も言った覚えがない。言えとは言った。そんな言い方はしていない。

あることないことでっち上げられてはたまったものではない。

……おい、お前。ちょっとこい
お。ってうわーーーー、どこ連れてくのーーー!!
俺は手を引いて、静かに話ができるような誰もいない場所へ連れて行った。

それは、誰も使っていない空き教室で、俺が1人になりたいときに訪れる穴場だ。

もうっ、こんなところに連れて来てナニしようっていうの?
そうだな……お前のうるさい口にお仕置きをする。
え……まじ? うそでしょ、やっぱお前ってそっち系?
なにを今更。分かっていて誘っていたんだろう? かわいいやつだ。
え、ええええええええええええええええええっっ!?!?
ほら、目を閉じろ。ここなら誰もこないから精一杯可愛がってやれるぞ?お望みなんだろう?
ま、まって、ちょっとからかってやるつもりで、全然そんなつもりじゃ……って、なんで俺が下みたいな感じになってんの!
違うのか?
なんでそんな意外そうな顔してるの。違うよ、俺ネコじゃないし。
ネコ?
そういう専門用語。受けのことをネコで、攻めのことをタチっていうの。どっちかというとタチだから。
なるほど。そんな呼び方があるのか……。
攻めとか受けは考えたら分かるが、専門用語で言われてしまっては分からなかった。

そういう用語なんて知らなかったし、女役と男役っていう認識しかなかった。

こいつはなんで知っているのか。ていうか、どっちというとってなんだ。両方いけるということなのか? そもそも経験あるのか?

ふふっ、今お前が考えてること分かるよ。知りたい?
知りたいと言えば知りたくないし、興味がないと言えば嘘になるな。
あるのね、興味。
興味はある……が、知りたくはないと言っただろう。だから言わなくてもいいぞ。それより、なぜ声をかけてきたほうが気になる。そういう相手を探してるなら他を当たってくれ。
は?んなわけねーし。声をかけたのはね、今日の放課後付き合って欲しかったりしたんだけど。ダメ?
放課後……なんでだ?
買い物に行こうかなーって。ついでについてきてくれないかなーって。
なんで俺がお前と買い物に行くんだ……女と行ってきてはどうだ?
えーー俺はお前がいいんだけどー! それに、そこまでお金ないし。
俺と女と行くのも金は変わらないはずだが……まさか、俺にたかろうとしてるのか?
えっ、奢ってくれるの!?
いや、絶対奢らない。
なんだ……ほら、女の子って奢ってもらうのが当たり前みたいな感じあるじゃん。ごはん食べるとなるとそれなりのとこじゃないといけないし。割り勘にしても付き合うとお金かかるわけ。
なるほど、そういうものなのか……1人で出かけるという選択肢は?
ない。っていうか、ちょっとめんどう。
なにが面倒なのか分からない。一人のほうが好きなもの見れて、好きなもの食べられていいと思うのだが。
ねーー、ダメ? 予定はあるの?
予定はないが、帰ってドラマを見る予定だ。
それ、俺も見てる。夜10時のやつでしょ、全然まだじゃん。
まだ、だが……はあ、もういい。付き合ってやる。
お、やった! じゃあ、4限終わりに校門のとこに居て?
あ、ああ……わかった

絶対行くつもりなんてなかったが、「お前がいい」そう言われて頷いてしまった。

返事をした後に思う。ものすごく面倒だ。

しかし、同時に少し楽しみかもしれない。俺は少しそういうことに憧れていた。

ふつうの大学生っていうやつに。ふつうというのには疑問だが、講義が終わって家に帰るだけではないから、変化だ。

◆作者をワンクリックで応援!

0人が応援しました。

◆コメント欄は未記入でもOK! 公開されないのでお気軽に。

ページトップへ