ペイガニズムの倫理と資本主義の精神 ――浪人ですが東インド会社に就職しました――

6-3. オリエンタルグルメは蜜の味

エピソードの総文字数=2,303文字

 ――ここが終点(・・)なのだとすれば、僕の旅には何の意味があったのだろう。

 ここまでの道筋は、思い返せば、そう悪いものではなかった。

 奴隷になった。辛かった。魔女の下僕(しもべ)になった。怖かった。
 でも、悪くなかった。

 魔女の隣は、不思議と居心地が良かった。
 皮肉にしては趣味が悪いが、居場所があった。誇りがあった。いずれも故郷にはなかったものだ。

 魔女の道は外法の道だ。そこに安らぎを見出すとは、なるほど自分は生まれついての外道者だったのかもしれない。
 であるならば、この終わりも応報というものだ。

 誰も見ていない。誰にも知られていない。誰にも気にかけられない。
 ただ一人、悪魔のようなあの男だけが、僕の肉を味わっている。

 文字通りの人でなし(・・・・)としては、まあ、上等な終わり方なのだろう。


     * * *
 

「マァァァァァァァァァァーーーーーーーーベラスッ!!」

 神父が踊っていた。ワンパターンなステップを踏み、天を仰いで踵を鳴らす。
 ただでさえ灰色がちな空は、ゆっくりと藍色に沈んでいく。日が暮れるのを待ち望んでいたかのように、神父が空に手を伸ばしていた。

 そこは〝(バベル)〟の最上階だった。
 周囲に広がる熱帯雨林すら眼下に見下ろすその高距は、しかし、今もって高さを増していた。

「伸びろ伸びろ、すくすく育て! もっともっと高く高く高く、主のおわすところまでえ!!」

 〝(バベル)〟は、成長(・・)していた。
 赤黒く固められた血肉の凝固物が膨らんで。あるいは、塗り込まれた腕や脚がその筋を伸ばして。あるいは、散りばめられた眼玉や内臓がひとりでに増えて。まったくでたらめな形ではあったが、しかし総体として、塔は成長していた。

「あっはっはっはっはっは! すごいじゃないかすごいじゃないか、我が娘ながら実に素晴らしい、これは実によく伸びる! 実に優れた作品だ、きみは実に優れた作品だよう、お人形君!」

 塔の最上階、その黒く淀んだ床に、伊織介が植わって(・・・・)いる。
 右腕を失い、ぐったりとして動かない伊織介の下半身は、半ばまで床に埋もれていた。右眼を抉られ、残った左眼も呆けたように虚空を見つめている。

「ねえねえ少しは答えておくれよお人形君、奴隷も召使もみんなみんなみーーーーーーーんな消費(・・)しちゃったから話し相手がいないんだからさあ。ねえねえねえねえねえ」

 まともに口を利かない伊織介が不満らしい。神父は下手くそなダンスを中断し、今度はその脚で伊織介を小突き始めた。一方的に語りかけながら、妙に鋭く尖った革靴で執拗に執拗に何度も何度も蹴り続ける。

「きみの話をしてるんだよ? きみ自身の話をしているんだよ? もうちょっと興味を持つのが理性的というものじゃないかなあ!」

 神父は伊織介の両肩を掴んで、乱暴に上体を揺らす。それでも伊織介は動かない。

「きみほど、きみほど生贄(・・)に相応しい存在はいない! ぼくの計画は、きみのおかげで大幅に、著しく、急激に前進した! きみに出会えて良かった……本当に良かった! きみとの出会いに、そしてきみを産み出した我が娘に感謝、ひいては我が娘を産み出したぼく自身に感謝だ! やはりぼくは祝福されている……! 愛を、主の愛情を感じずにはいられない!」

 伊織介の反応はないが、感極まったらしい神父は伊織介の身体を抱きしめた。
 涙すら流して白塗りの化粧を崩しながら、歓喜に声を震わせる。

「ああ、ぼくの(バベル)が、きみに宿る(ディエティ)を讃えている。おいしい、おいしいって言っているよ……セラムの神――ヴィマーレの伝承――」

 伊織介の耳元に、神父の荒い吐息がかかる。先程とは一転、厳かな低い声で、神父は異教の神の名を呼んだ。
 

「――その名は、〝ハイヌヴェレ〟。豊穣の女神」


 急に伊織介を突き放し、目を見開く神父。

「女ェ神の味だあ! 女神のォ味がするぅ、征服の味だあ!! 異教(ペイガン)は、美味しい! まさに我々(カトリック)が食すための恵みィ! ありがとうありがとう、生まれてきてくれてありがとう! 実に、実にデリシャァァァァァァァァァス!! あッははははははっ!」

 哄笑が響き渡る。

 陽が落ち空が闇に染まる中、伊織介の養分を吸った(バベル)は、ゆっくりとその高さを増し続けた。



 ――贄神ハイヌヴェレ。

 セラムの神話に語られる、豊穣の神。

 ココヤシの花から生まれたハイヌヴェレは、多くの恵みを人々に与え、そしてその力のために人々に殺された。
 しかしばらばらに切り刻まれた少女の身体は、死してなお恵みを齎した。死んだ彼女の肉体が、あらゆる食物の祖として発芽し、「植え育てる」という教えを遺したのである。


 ハイヌヴェレの祝福、あるいは呪い。神秘が姿を消しつつあるこの世界において、異教の神性をその身に宿した伊織介は、確かに希少品(レアモノ)ではあった。
 魑魅魍魎や妖怪、妖精のような格の低い神秘ではない。本物の女神のそれである。

 おまけに、世界でも類を見ない贄神の原型と来たものだ。
 なるほど神父の言う通り――伊織介ほど相応しい生贄は他にいないだろう。


     * * *


 ――でも、もし。

 もしも、こんな外道者にも、まだ何かを示すことができるのなら。

 誰も僕を見ていないのに、「 」を示すことができるのなら。

 僕を見てくれているのは、きっと――。

◆作者をワンクリックで応援!

1人が応援しました。

◆コメント欄は未記入でもOK! 公開されないのでお気軽に。

ページトップへ