勇者の武器屋

第四二話 この世、唯一の正義の在りか

エピソードの総文字数=2,272文字

なんか、経営会議っていったところで、いつものメンツじゃ気楽なものよね。

こうして改まって会議を開いてみると、アタシは気が引き締まるけどなぁ。

私も、やるぞーって気持ちになりますよ!

単純な話だ。僧侶は何の準備もしてきてないから気楽に思えるだけだろ。勇者や魔法使いや俺は、この日の経営会議に合わせて新規事業の計画をあれこれ煮詰めてきてるんだぞ。

こ、これでも色々考えてきたわよ、色々と……。私の頭のなかでは、もうすごいことになってるんだから。明日くらいには『ドリームアームズ』が世界を征服しててもおかしくないわ。魔境銀行とか王国政府なんてデコピン一発よ。

僧侶の妄想のなかでは、本当に凄まじい物語が織り成されているんだろうな。僧侶の場合は下手に『ドリームアームズ』の業務に携わろうとするよりも、頭のなかを脚本化して、劇団にでも売り込んだほうが仕事になるかもしれんよ。まぁほとんど儲けにはならないだろうが。

なるほど……その演劇を全世界に売り出すわけね……。私の物語を具現化できれば、歴史に残る若き劇作家の誕生というわけか……。しかも美しい……。

入り込んじゃってるな……。僧侶は好きにさせておいて、責任ある議論は俺たち3人で進めるのが現実的だろう。さっそく始めようじゃないか。

よっしゃ、やろやろ。

初めての本格的な経営会議ってこともあるから、まずは『ドリームアームズ』代表たる勇者から一言頼む。

そう改まって言われると緊張しますね……。コホン……。


振り返れば、ここまで色々ありました。それでも皆さんが一生懸命協力してくれたおかげで、色んな困難を乗り越えてくることができました。
一時は破滅の危機にあった『ドリームアームズ』だったのに、王国の指定商人にしてもらったり、販売マニュアル策定で武器屋業界におもてなしを採り入れたり、武具講座を軌道に乗せたり、魔法剣の製造・販売を成功させたり、月賦販売で魔境銀行と提携したり……すごく長い長い道のりを歩いてきたようにも、あっという間の出来事だったようにも思います。

うんうん、アタシも結構頑張った。

ダンジョン攻略の頭数要員として雇われたはずのバイトの俺が、まさかこんな風になっていくなんて予想してなかったよ。

ま、森羅万象に精通した私がいれば万事完璧なのよね。

主に私がすごすぎる。

でも、これからですよ!

まだまだ私たちの冒険は中盤戦を迎えたところに違いありません。魔王さんはずっと遠くを進んでいて、その背中がようやく滲んで見えるくらいでしょうか。それでも、魔王さんの背中を捉えることができただけで、びっくりするような進歩なんじゃないかとも思うんです。
このまま『ドリームアームズ』の経営拡張を図って、私たちも共に社会に対する見聞を深めて経験も積み、まだ見ぬ新しい未来を切り開いていきましょう!

了解。このパーティーに加われて、心から俺は満足だ。

ラジャーだな。

『ドリームアームズ』経営で散々右往左往してきたが、いつの間にかこの人間社会がどんな風に成り立っているのかが見えてきたようにアタシは感じてる。闇雲に魔界に侵攻してたときを振り返ると、自分はなんて世間知らずだったんだって反省したくなっちまうよ。
魔王も悪っちゃ悪だが、それより悪どいヤツらは回りにゴマンといて、アタシらなんか悪いヤツらの間で軽く利用されてるだけのバカな存在だったんだろうな。

魔法使いはギャンブル狂いな割に、意外と純朴なところがあるからねぇ。普段はカジノしか頭にないから、世界のことなんて考えてるヒマがなかったんでしょ。私なんて何もかも分かって動いていたわ。

そりゃ僧侶は世界の深部をうごめく教皇庁の秘密工作員だっていうんだから敵わんぜ……。

だけど僧侶って、そもそも誰のために、何の目的で動いてたんだ?

そんなの自分のためでしょ。

前も話したけれど、教皇庁を脅かす存在として最も手強かった魔王を打倒すれば、私には大司教の座が約束されていた。歴史上初の女性教皇にだって手がかけられるわ。そのあたりを冷静に計算し、私は私なりの正義に基づいて働いていたのよ。

でも、僧侶さんほどの歴史上有数の戦闘力があれば、教皇庁自体を征服だってできるんじゃ……。

バカなの? ねぇどうしてそんなにバカなの?

教皇を打ち倒して、私に何の得があるわけよ? 総合的な損得を見極めれば、システムに乗っかったほうが圧倒的に有利じゃないの。諍いなんか起こさず、あらゆる歴史と権威を正当に譲り受けるのが、最も合理的というものだわ。

な、なるほどぉ~……。

権威は倒すものじゃなくて、正当に乗っかるもの……ですか……。

もう何が悪で、何が善なんだかわかんねーな。

魔王も悪、教皇も悪、国王も悪、宰相も悪、もちろん市民たちだってそのバカさ加減は極悪級なのよ。

救いようがないこの世界で、唯一救うべきなのは自分だけ。正義があるのも自分だけ。

そうでしょ?

同意を求められたってな……。

人それぞれ、自分なりの正義があればいいんだと思います。

多くの人は日々の暮らしを漫然と生きているだけだと思うんですが、色んなことに頭を巡らせて、着々と実行していく僧侶さんは本当に賢い人だなって思います。

そういう星の下に生まれたわけよ。そんな私が関わっている以上、『ドリームアームズ』が上手くいって当然というわけ。

一人だけ何の成果も残してないのによく言うよ……。

とにかく、経営会議にあたって、新規事業案を議論する前に、ここで『ドリームアームズ』の状況を整理しておくか。例によって幾つか数字を引っ張ってくるぞ。
これが今の『ドリームアームズ』の経営状況だ――。

◆作者をワンクリックで応援!

0人が応援しました。

◆コメント欄は未記入でもOK! 公開されないのでお気軽に。

ページトップへ