チートなガチャ運でVRMMOで無双する!?~没入型MMO「ラスト・オンライン」

第七十七話『郊外都市 - ライフエリア』

エピソードの総文字数=1,326文字

君らなら、A級なんて、すぐなれるやろ!
と、珊瑚は言って、ワープゲートを使って最後のフィールド『郊外都市 - ライフエリア』へと飛んだ。
2017/06/04 19:52
「うわああぁぁぁぁん、私のお城たちぃぃぃぃ」
2017/06/04 19:53
と、買えない値段のお城達に嘆く、格闘少女サラ。もちろんまだサラの城ではない。

そんなサラをよそに、珊瑚はワープゲートを使って『郊外都市 - ライフエリア』に飛んだ。

そこには幻想的な風景が広がる。
湖と森の世界、その中に、現代とファンタジーの中間のような、かわいらしい住宅が並ぶ。

先ほどまで、嘆いていた、サラがケロリと泣き止み。
顎に手を当てて、その様子を見渡す!!
2017/06/04 19:53
「ほ、ほう、これはなかなか」
2017/06/04 19:53
と、まんざらでもない様子のサラ。
2017/06/04 19:53
「切り替え速!!」
2017/06/04 19:53
と僕が思わずサラに突っ込む。
2017/06/04 19:54
「我々、与えられたもので楽しんでいくしかないのだよ、ジュンくん」
2017/06/04 19:54
キラーンと目を光らせ、いきなり聖者のような口ぶりになる、サラ。

その口調にも飽きたのか、珊瑚に訪ねるサラ。
2017/06/04 19:54
「ここは、買える?」
2017/06/04 19:54
「買える!買える!5000万ゴールド持ってれば、かなり良いのが買えるで!!」
2017/06/04 19:55
珊瑚はサラにそう言う。5000万ゴールドというのは、前回の『D級英雄ランク戦』で手に入れた報酬のことだ、同時に『土地購入許可証』も手に入れてある。
2017/06/04 19:55
「いろんな、種類のお家がありますね。わ、みんなお庭がついている!!」
2017/06/04 19:55
と、魔法使いの少女奈緒子もテンションが上がってきたようだ。
2017/06/04 19:56
「サラちゃん!あれ見て!!ブランコがありますよ!!」
2017/06/04 19:56
「ほんとだ!!いいじゃん!!『郊外都市 - ライフエリア』めっちゃいいじゃん!!」
2017/06/04 19:56
と今までの嘆きはなんだったのかくらい、いつものテンションを取り戻すサラ。
2017/06/04 19:56
「城はもういいの?」
2017/06/04 19:56
と僕が笑う。
2017/06/04 19:56
「城も手に入れる!!いまはここの素敵な家を手に入れるのだ!!」
2017/06/04 19:57
と走り出したサラ。待ってくださいサラちゃんと、奈緒子も一緒に走って行った。
2017/06/04 19:57
「どうやら、ここ『郊外都市 - ライフエリア』できまりそうやな」
2017/06/04 19:57
と、珊瑚がサラの元気が戻ったことに、うんうん頷きながら、僕に言う。
2017/06/04 19:57
「すっかり、サラの元気が戻って良かったよ。連れてきてくれてありがとう!」
2017/06/04 19:58
と僕が素直に感謝の言葉を伝える。
2017/06/04 19:58
「な!!」
2017/06/04 19:58
と、珊瑚が驚いたポーズをとる。
2017/06/04 19:58
「照れてる」
2017/06/04 19:58
と瑠璃が言う。
2017/06/04 19:58
「照れてないわ!!」
2017/06/04 19:59
と抗議する珊瑚。
2017/06/04 19:59
「まあ、お礼やな、ワイバーン倒してくれてありがとな、うれしかったで」
2017/06/04 19:59
と珊瑚も素直に僕に言う。
2017/06/04 19:59
「うん」
2017/06/04 19:59
「その姿が、かっこよかったのよね」
2017/06/04 19:59
と水晶が言う。
2017/06/04 19:59
「言うなや!!ま、でもそうやな、かっこよかったで」
2017/06/04 20:00
「デレた」
2017/06/04 20:00
瑠璃が言う。
2017/06/04 20:00
「デレてないわ!!」
2017/06/04 20:00
珊瑚が顔を赤くして、言う。

気を取り直して、サラ、奈緒子に呼びかける。
2017/06/04 20:00
「サラ、奈緒子、外装もいいけど、中も見たくないか!?」
2017/06/04 20:00
「みたーい!」
2017/06/04 20:00
「見たいです!」
2017/06/04 20:00
即答する二人。
2017/06/04 20:01
「あ、もしかして?」
2017/06/04 20:01
僕が気がつく。
2017/06/04 20:01
「珊瑚ちゃん家もここにあるの?」
2017/06/04 20:01
サラも気がついたようだ。
2017/06/04 20:01
「そうや、うちらの家も『郊外都市 - ライフエリア』にあるんや!」
2017/06/04 20:01
「行きたい!行きたい!」
2017/06/04 20:01
サラがピョンピョン跳びはねる、すっかり元気になったようだ。
2017/06/04 20:01
「よっしゃ、うちに案内したるわ!!」
2017/06/04 20:02
そう、僕らは元A級チーム「ジェムボックス」の珊瑚たちのお家に遊びに行けることになった
2017/06/04 20:02

◆作者をワンクリックで応援!

0人が応援しました。

◆コメント欄は未記入でもOK! 公開されないのでお気軽に。

ページトップへ