【7/13】ダンゲロスSS(23)翻訳者VS鈴鹿歌音

鈴鹿歌音

エピソードの総文字数=2,020文字

こちらで鈴鹿さんに執筆してもらうぜー!他の人は書き込まないようになー!
この世界には、雅楽と舞が流行ればいいのよ。

クラシックなんて今後、バッシングされて当然なんだから……。

おーほほほほほ。

あなたは、本当に鬼ね!!

廃糖蜜 カリンカ 根音……。

わたくしは、クラシックや吹奏楽が一番だと思ってるのですわ。

雅楽なんて、感情も何も込めていない曲中を踊るだけで人を魅了できている?

そんなの昔の人だけなのよ。

私が振る指揮には、誰も抗うことが出来ない。

観念しなさい。

私の舞、とくとご覧あれ。

(和楽器の演奏が始まる。)


……この……。

和楽器演奏だって……。

こっちは、トランペットがあるから対抗してやるわ!!!!

(楽器ケースからトランペットを出す。

音だしをし、管の調節をしていく。)


私だって負けない!!

私の魔神の力は、魔王の音楽。

そのままの出力で「トランペット吹きの休日」行くよ!!


(私が、トランペットに息を吹き入れるとつむじ風のような風が生まれ、廃糖蜜カリンカ根音を舞台から吹き飛ばす。)



(舞台に這い上がり、立ち上がる。)

おのれ……私の音楽の舞を邪魔してくれたわね!!

こっちも邪魔をしてやる。

(和楽器の演奏が始まる。今度は、トランペットの演奏を飲み込む。)

くっ……この邪道が!!

私は、クラシックと吹奏楽さえあれば他はいらないのよ!!

でも、吹奏楽の曲にも雅楽がありますわ!!!!

雅楽最高!!!!

邪道同士の戦いになりますわね。

どちらが、上かここで決着をつけようではありませんか。

票は、この学校の学生全員。

負けたらこちらが退きます。

まあ、負けるとは思ってませんけど……。

何だって?
じゃあ、本当の勝負の開始よ!!
まずは、私から演技を見せますわ。

この魔神の力……とくとご覧あれ!!

彼女が躍りだし、和楽器の演奏が奏でられる。

物悲しさを感じるメロディーで哀愁を感じさせる音楽は、観客の心に突き刺さった。

彼女の舞も音楽に合わせて踊っているので儚げで綺麗だ。

彼女の演目が終わると、周りからスタンディングオーベーションが起きていた。

clanon213

フフフ……

これで私の勝ちは当然……

自慢げな廃糖蜜カリンカ根音に歯を食い縛る織音。

これは、追い込まれてしまったのか?

しかし織音は、フフフ……と笑い、廃糖蜜カリンカ根音に向き直った。

clanon213

なかなか良いものでしたわ。

しかし、廃糖蜜カリンカ根音さん。

私の方が遥かに上の路線を行ってるんですよ。

次の私のステージでそれを見せてあげますわ!!

織音は指揮棒を持ち、誰もいない舞台で指揮棒を持ち、指揮台の上に上がる。

clanon213

誰もいないのに指揮って……

超受けるんですけど(笑)

誰もいないじゃなくて私が生み出すの。

曲目は、みんなの知っているこの時期に合わせた「たなばた」にしましょうかしら?

あんた一人で何言ってるの?
一小節目からいきますからね♪

ワン、ツー、はい!!

織音の指揮が始まると、ホール内がプラネタリウムのようになり、星たちの冒険の旅が始まる。

綺麗に瞬く星。

周りにも奏者がいて、廃糖蜜カリンカ根音は、こいつはヤバイ、と思ってしまった。

こいつは、魔王だ……。

clanon213

曲の最後で流れ星が流れ、曲の終演を迎える。

廃糖蜜カリンカ根音は、これはヤバイと思った。

こんな熱烈な音楽聞かされたら……。

clanon213

はーい、まだまだ終わりませんよ。

私が吹く「トランペット吹きの休日」聞いてね。

だって、私は音楽の魔王だもの♪

ロリ天使ウサギが出てきても私の力で捩じ伏せてやるんだから覚悟なさい。

ロリ天使ウサギって?
あいつのこと。
私が指差す方に羽の生えたウサギが飛んでいる。

人々には見えておらず、魔神の力に目覚めた人に見えるそうだ。

織音は、唇にトランペットのマウスピースをあて、楽器の音だしで「トランペット吹きの休日」を吹き始めた。

clanon213

プキュー!!
天使に攻撃が当たり、天使は床に落ちてきた。

織音の演奏が続くが、もうとっくに勝負は決まっている。

廃糖蜜カリンカ根音は、お手上げのポーズをとったのと同時にこの勝負は、織音に軍配が上がったのであった。

clanon213

今回の試合は、私の敗けですわ。

勘違いしないでよ、私は雅楽を広めるために戦っているんですからね!!

こちらも吹奏楽やクラシックが流行るように戦っています。

今では、みんなロックバンドに持ってかれてしまいましたから。

とにかくクラシックと吹奏楽も私からすれば敵ですが、ロックバンドよりは好きになれそうです。
吹奏楽でも雅楽は奏でられるよ?
雅楽はやっぱり和楽器の方が趣ある作品になるんです。

吹奏楽は厄介です。

今度は、本当の殺しあいをしましょうよ。

そうですね。

今度は、本気でかかってきてくださいよ。

槍でぶち抜きますから☆

最後の☆が意味を含んでて怖いぞ……。
まあ、さておきロリ天使ウサギを見つけたら捻り潰しておいて。

私たちの戦いの邪魔だから。

今回は、私の勝ちで1勝2敗。

まだ負けが先行しているかぁ。

次こそ負かしてあげますわ。


あっ……あそこにいるのは、ロリ天使ウサギ!!!!

ぷきゅ?
待て!!!!
執筆時間、終了

  • ツイート
  • ツイート
  • シェア
  • LINEで送る

ページトップへ