いつかのLip service

1:みんな誰かによって代弁されている

エピソードの総文字数=1,693文字

これは、俺が大学生の頃の話。


俺は経済学部で、経済について学びつつ、やがて自分の手で会社を興そうと思っていた。

だから、大学に友達なんて求めていなかった。

俺は、こいつらとは違うという明確な意思を持っていた。

そう周りを蔑んでいなくては、大学に通う意味が見いだせなかったから。世界が俺を取り残して楽しんでいる孤独感に寂しくなり、大学構内に溢れる笑い声にも腹が立つ。

昔からこうして一人でいた。男とも女とも、親密な関係にはなれたことがなかった。距離感が分からず、気が付けば人は離れていく。

内心馬鹿にしていながらも実は友人関係なんかに憧れている。

大学なんか代弁してもらうのが一番だ。特にこんな全学部学科共通の講義は、単位数のためだけにある。どれだけ出席したかが大事なんだ。代弁を活用しろと暗示している。

真面目な人間が就活でも、単位の修得でも馬鹿をみるのだ。そう思いながら、落第が怖くて今日も真面目に講義に出る。


今日も世界は俺を残して回る。必要とされていない現実。

(ああ、早く必要とされたい……必要としてくれたら、俺のすべてを懸けてでもその人だけに尽くすのに)
あっ、みずきくんなんでいるの!?今日は大学に来ないって言ってたじゃん
(おい、講義中だというのに声を出すな、くそビッチが。声が聞こえんだろう。)
ってこの女に言いたいけど、言わない。変に注目を浴びたくない。
あーえっと。誰だっけ
ゆか、だよっ!ゆかっ!
あー、ゆかちゃんか。うんうん、思い出した。料理が上手い子だよね?なんかくれた気がする……うーんと
レ・モ・ン・パ・イ!!!!だよっ!もうっ、絶対誰か分かってないよね。
あはっ、うそうそ、ちゃんと思い出したから。そうやってゆかちゃんが頬膨らませてるのが見たくって分かってないふりしたの。
もうっ、気がいいんだからっ……講義始まるよ。ほら、座って座ってーー
(いや、正確にはもう始まっているのだが……5分経ってるぞ。こうも雑然としていたら始まってないも同然か。出席も取っていないしな。)
ん?なんか今眼鏡をかけた前髪が長い陰キャに睨まれたような……
今、じゃなくてずっと睨まれてたけどね。だってもうチャイム鳴ってから5分経ってたし。
えっ、うそ、でも5分くらい些細なことでしょ。出席さえ取れればいいし!
うーん、まあねえ……あ、そこの人ごめんね、うるさくして。
あ、……いや、こちらこそ
そう言ってその人は俺ににっこりとほほ笑んだ。

ドキリとした。美人だった。隣のくそビッチ女なんか目じゃないほど、その男は笑顔が可憐だった。

だから、頭がテンパってしまって、口からついてでた言葉がしどろもどろになった。

こちらこそってなんだよ、わけがわからん。この場の返答としてはふさわしくなかった。ここは、気にしてない。とか次から気を付けろ。とかそういう系で返すべきだった。……次から気を付けろなんてこんな次元の人に言ったら、偉そうだと揶揄され、馬鹿にされるだろうな。講義中の態度として正しいのは俺だが。

(久しぶりに人に話しかけられたと思ったらこんな返答しか出来ないとか、自分が嫌になる。)
あ、ゆかちゃん、今まで代弁ありがとね。もう平気だから。
ううん、平気だよ。もう大丈夫って……ここ最近いなかったよね。なにかあったの?
んー……ちょっとね。旅行とかしてたんだ。
旅行!!いいなー!うらやましい、ゆかも行きたい~~~!
うん、じゃあいこっか、……あんまりお金も時間もないから近場になっちゃうけど。
あはは、それ旅行じゃないじゃん
旅行じゃないね、デートだね
あははっ、いく~~~っ!!
(おい、イく~~~~とか言うな、くそビッチが。聞かされるこっちの身にもなってくれ。まあ、俺に言ってるわけじゃないが)
うん、じゃあ決まりね。じゃあ、ちゃんと授業うけよっか。ほら、先生睨んでるし。
え~~~みずきくん真面目!
(真面目も何も、それが普通の対応なんだがな。常人ぶってるけど俺的にはお前もうるさい。同罪だぞ。話しかけられてるのに無視しとけば対話は成り立たないのだからな。これだから文学部の連中はうるさい。)
勝手にさっきの2人を文学部だと決めつけ、俺は講義に集中した。

◆作者をワンクリックで応援!

0人が応援しました。

◆コメント欄は未記入でもOK! 公開されないのでお気軽に。

ページトップへ