チートなガチャ運でVRMMOで無双する!?~没入型MMO「ラスト・オンライン」

第三話『神の剣のスキル 疾風』

エピソードの総文字数=1,223文字

「『 神の剣 -デュランダル 』にスキルがつきました!」

チュートリアルでスライムを倒したあと、そう表示された。このゲームは、一定以上の割合で、武器にスキルがつくシステムになっている。

いわゆる「必殺技」を覚えるのだ。
その昔は「ひらめき」とも言われていた。最近では、武器にスキルがつくのが一般的だ。

武器に対して、スキルがつくので、それぞれの武器を試すのが楽しくなるという仕組みなのだ。倒せないと思っていたボス戦でも、その場でスキルが付き、必殺技が使えるようになって勝てるということも起きる、楽しいシステムなのだ。

どんなスキルかな、と思い。武器表示のところをタッチする。そうすると、スキル名が表示された。

武器:「 神の剣 -デュランダル 」
スキル:疾風

確かにそこには、疾風と書いてあった。
2017/05/25 15:58
「『疾風』だって?!」
2017/05/25 15:59
ぼくは、つい大声を出してしまった。

レアスキル「疾風」。
その名の通り風が疾走る。
見えている敵ほとんどすべてに攻撃ができるという最強スキル。遠隔攻撃ができない剣士の弱点を、補って余りある、波動攻撃。

たくさんプレイ動画を見てきたけれど、このスキルを持っている人はほとんどみたことがない。まさかこんなスキルまで手に入るなんて。

僕は、嬉しすぎて、笑顔を隠せなかった。
2017/05/25 15:59
「楽しそうだね!」
2017/05/25 15:59
ふと、声を掛けられた。
そうだった、ここはもうチュートリアルを抜けて、一般の道だった。ここからオンラインで、全ての人。200万人のユーザと繋がるのだった。
2017/05/25 15:59
「そうだね、このゲームが楽しくて」
2017/05/25 16:00
と僕はなんとか冷静を保ち、その少女に応える。
2017/05/25 16:00
「ほんと楽しいよねー。」
2017/05/25 16:00
と、その少女はぴょんぴょんと、跳びはねる。
2017/05/25 16:00
「私、陸上部なんだけど、ほんと、現実みたいに動くんだよねー、この体!」
2017/05/25 16:01
と、バーチャルの体を、自らの体のように操りながら、彼女は僕に言った。
2017/05/25 16:01
「こんなゲームが有るんだね。全然知らなかった。おにいちゃんに借りてやってるんだけど、こんなに思いのままに、体が動かせるんだね。」
2017/05/25 16:01
と、くるっとバク転してみせた。
2017/05/25 16:01
「すごいすごい!」
2017/05/25 16:01
僕は素直に彼女にそう言った。
ありがとう、ありがとうと彼女は言った。
2017/05/25 16:02
「わたし、ゲームやらないから、わからないんだけど、このケームって、パーティを組んで戦うんでしょ?」
2017/05/25 16:02
「そうそう。いろいろなスキルがあるからね。」
2017/05/25 16:02
「そうそう。いろいろなスキルがあるからね。」
2017/05/25 16:02
「じゃあ、一緒にやろうよ。君もレベル1でしょ!?」
2017/05/25 16:03
そう、確かにレベル1なのだ。ただし、この世界最強のレベル1なのだが。それはともかく、パーティを組めるのは助かるので嬉しかった。
2017/05/25 16:03
「ぜひ!僕はジュンだよ!」
2017/05/25 16:03
「私はサラ!本名は桜田恭子」
2017/05/25 16:03
と、自己紹介として、サラは気がついた。
2017/05/25 16:03
「あ、ネットゲームで本名言っちゃダメだって、お兄ちゃんに、言われてたんだった!!」
2017/05/25 16:04
慌てるサラ。
2017/05/25 16:04
「ま、いいか!本名は忘れてね!ジュン!」
2017/05/25 16:04
ウインクするかしないか、目を細めて、こちらに向かって微笑んだ。
正直、かわいい以外の感想が浮かばなかった。
2017/05/25 16:05

◆作者をワンクリックで応援!

1人が応援しました。

◆コメント欄は未記入でもOK! 公開されないのでお気軽に。

ページトップへ