ハロウィンナイトカフェ

窓際のテーブル2「嘘つき」米洗ミノル

エピソードの総文字数=2,480文字

「嘘つき」米洗ミノル


商店街の喧噪(けんそう)をのぞむ窓際の席から、男の声がしてくる――


……で?


それで、逃げ切れると思ったわけだ。

……うっす。

なあ宮本(みやもと)


その犬のかぶり物――

あ、これたぶんオオカミです。

ああオオカミか。なんでもいいや。


その格好でハロウィンの行列に(まぎ)れ込むなんてのは、まあ、よく考えたとは思うが。

ですよね。

宮本、おまえもいい歳なんだろ? こんなことやってる場合じゃないぞ。

……26っす。

まあな、おまえを逃がしちまった俺たちも悪いんだけどな。

そうっすね。

そうっすねじゃねえんだよ。

おまえにだけは言われたくねぇよ。

しかしおまえ……。


おまえの窃盗(せっとう)現場の検証中にだぞ、まさか、部屋にあった仮装用のかぶり物盗んで、逃げ出すとは思わんだろう。

ぼく、逃げるの得意なんで。

捕まってるじゃねぇか。

いやあ、刑事さんと2人でじっくり話がしてみたくって。

なんでだよ。俺にそんな趣味ねぇよ。

趣味じゃありません、本気です!

余計困るわ。

まあ、嘘ですけど。

嘘かよ。

人の気持ちもてあそぶんじゃねえよ。

……そんで、それ取れねぇのか?

はい。

なんかジャストフィットで。

あ、でも、ちゃんと見えてますよ。

まあなぁ。


こう、正面から見ればかろうじて口の中に顔が見えるよな……。

松川(まつかわ)さん!

な、なんだよ急に。

子どもの夢壊しちゃうんで!

口の中とか、かぶり物とか、言わないでください!

ホント急だな。

遊園地のバイトかよ。

やってたことあります。

あるのか。
嘘です。

無駄な嘘つくなよ。ややこしい。

まー、アレだな。

この行列がおさまるまでは時間つぶしだな。またこの仮装行列に紛れて逃げられちゃかなわねぇし。


ですよね。


あー……、お腹空きませんか?

お姉さん!

ぼく、パンプキンパイで!


おい、金持ってねぇだろ。

いや、捜査経費でと思って。

たかるんじゃねぇよ。窃盗犯に余計な税金使えるか。

――おねーちゃん、俺はこの『カボチャのフレンチトースト』で。


あっ、ズルい! 税金泥棒!

ズルくねぇよ!

自分の金で食うんだよ、泥棒はおまえだ!

はー……。


ぼくだって、好きで泥棒やってるんじゃないのに。

……なんだよ、何か理由でもあるのか?

ぼく、冴えない奴なんです。

なにをやってもうまくいかなくて、職も転々と……。

で、金に困って、か?

そんな感じです。


ぼく、小さい頃からイジメられてて。

まあ、それはぼくが悪かったんです。子どもの頃、よく嘘ついてて……。

嘘ねぇ……。

はじめは、ほんの小さな嘘だったんです。


小学校のクラスメイトの原田くんが、姫野さんのことが好きだとか、でも胸が大きいから泉谷さんにもちょっかい出してるとか、あること無いこと全校に言いふらして。

……いや、そこそこ酷い嘘だぞ?

それで、『嘘つきは泥棒のはじまりだ』『宮本の言うことなんて信じるな』って、クラスのみんなが……。

オオカミ少年か。

そこまで言うなら、じゃあ本当に盗んでやろうって。


それが原因で、親に捨てられて……。

……完全には同情はできんが、まあ、おまえはおまえで辛かったんだろうな。

ええ。嘘ですけどね。

そういうトコだぞ!?

おまえ、そういうところが悪かったんだと思うぞ?


お姉さん!

キャラメルマキアートひとつ!

だから払わねぇからな!

またまた、嘘ついちゃって。

嘘じゃねえよ! 本気だよ!!

…………。


松川さんは、なんで刑事になろうって思ったんですか?


ああ? 俺か?


……別にいいだろ、俺の話は。

いいじゃないですか。

せっかくのハロウィンの夜なんだし。

なんも関係ねーと思うが……。

――まあいい。

俺は、とある連続殺人犯を追ってるんだよ。

連続殺人犯……。

ああ……。


あれは10年前、おまえよりまだ若かった頃だ。俺はまだ大学生だった。当時俺は、ある街で恋人と同棲してたんだがな……。

なんか、あったんすか。

まあ、な……。

あったんすか……。

――昔の話だよ。ちっ。やっぱ話すんじゃなかった。

…………。

元気、出してください松川さん。

あ、お姉さん!

こちらの方にスパークリングワインを!

いや、公務中に酒は――

まあまあ、いいじゃないですか。ぼくのおごりですから。

そういう問題じゃねえよ!――いやだから、おまえ金持ってねぇだろうが!!

はは、嘘ですよ、嘘。

ったく。

どうせつくんなら、もっとド派手な嘘つけよ。

たとえば?

え……。ああ、うん、そうだな。たとえば『実は、俺はトランプの弟なんだぜ!』みたいな。

えっ!?

そうだったんですか?! すげえ!

だから嘘だよ!!

なんだ、刑事さんでも嘘つくんですね。

だからたとえだって言ってんだろ! なんでおまえ話が通じねぇの!?

松川さん、嘘つきの才能ありますよ。

ねぇよ!!

泥棒の才能もありますよ。

もっとねぇよ! 欲しくもねぇ。

いやでも、警察にも泥棒はいますよ、有名な人。

んな奴いねぇって。

いますって。


ほら、あのセリフ、『奴はとんでもないものを盗んでいきました。あなたの心です』ってやつ。

それ銭形警部だよ! アニメかよ!!

――いや、それ盗んだのルパンだしな?! 犯罪にならないスマートな窃盗だしな!

はっはっは、冗談ですよ。


でも刑事さん、銭形警部に似て、かっこ、……か、かか、カッコイイですもんね!

急にヘタかよ!

そこはさらっと言えてろよ!!

顔が似てるのは本当ですよ。

そこは嘘ついて欲しかった!

はははっ。

いやー、松川さんやっぱりいい人だわ。思ってた通り、いい人。話しやすい~。

だから何だよ。嬉しくねぇよ。

余罪(よざい)までポロッと話しちゃいそうっすわ。

…………。


なんだよ、余罪って。

ええ、実はぼく、


あなたの探してる連続殺人犯なんですけどね。

だから嘘つくなって――……!

…………。

……お、おい。

当時、ぼくは16歳でした。

そして――

そ、そして、何だよ。

………………。

松川さんの住んでた街って、黒場町(くろばちょう)ですよね。学生のくせに豪華なマンションで。


あの日も、ちょうど今夜みたいな満月でしたよね――。

なんでおまえ――

お、おい!

なんだその顔は――おい、宮村!?


嘘だろ、嘘だよな、おいっ――!


ハロウィンの夜は、じわりじわりと()けていく――



(終)

  • ツイート
  • ツイート
  • シェア
  • LINEで送る

ページトップへ