マジカルミュージック

双葉VSミミ

エピソードの総文字数=1,406文字

    歌音は今、ある意味ピンチである。

    自然公園にいるが、さっきから妙な殺気を感じるのは気のせいだろうか……。狂気を感じとることもできる……。出来れば逃げたい……。

    でも、逃げればミミと双葉、歌音たちの隣にいる一樹が死ぬ。

    何故、このような事になったのだろうか……。

    いつから歌音は、死と隣り合わせになったのであろうか……。

2017/07/05 10:37
    声は全く聞こえてこなかったが、遂に双葉の声が、歌音の耳に届き始める……。
2017/07/05 10:41
ミミちゃん……どうして何も言ってくれなかったの?    こんなことになってたなんて……。ミミちゃん……そのスーツの男を信用したらダメ!!
2017/07/05 10:42
……
2017/07/05 10:44
圭があることに気がついた。
2017/07/05 10:44
立花の目ってあんなに赤かったっけ?      元々、青っぽかった気がするんだが……。
2017/07/05 10:44
あぁ。あいつの元々の目の色は、青だ。赤ってどういうことだ?    充血してるだけじゃねぇの?
2017/07/05 10:45
嫌な予感がする……。前、勝己くんが可笑しくなったときと同じだ。もしかしたら……
2017/07/05 10:46
    もしかしたらもない。

    歌音たちの隣に冷気を放った何かが降ってき、辺りが瞬時に氷付けにされる。

    危なかった……。

    圭が気がつかなかったら、歌音は氷付けになっていたのかも……。

2017/07/05 10:47
やめて、ミミちゃん!!    どうしちゃったの?!    ワタシは、あなたに謝りに来たのよ!!    どうして……
2017/07/05 10:49
あなたには失望しました……わ。だから、死んでください……。あたしは、あなたを殺すために生まれたのですから!!
2017/07/05 10:50
    ミミが狂ったように笑い声をあげ、双葉に飛びかかった。

    双葉は、何とか避ける。

    ミミの両手には、氷の刃が握られている。氷って以外と殺傷能力高いからな!!

2017/07/05 10:52
違う……。ミミちゃんがここまでしてくるとなると……ワタシは、正当防衛でミミちゃんを元に戻すわ!!    覚悟してください!!
2017/07/05 10:53
死んでください……結城双葉!!    あなたがいるから……あたしは!!   一生願いが叶わない!!    あなたを殺せばあたしは……自由になれるのよ!!
2017/07/05 10:55
    双葉の周りに植物の蔦が現れ、生きているように成長を続けている。

    ミミは、蔦を氷の刃で切り裂き、双葉に近づいている……。

    このままだと双葉が……。

    遂に双葉の前にミミが到達し、氷の刃を投げ捨て、双葉を地面に押し倒した。

    それと同時に、辺りで成長を続けていた植物の蔦が一瞬で霧散し、消え去った。

2017/07/05 10:57
    ミミが、双葉の首を絞めてようと首に手をかけたのだ!!    そして、ミミが狂ったように笑い声をあげ、叫ぶ!!
2017/07/05 11:01
あははははははは!!!!    本当に細い首!!    絞めたら折れてしまいそう!!    一樹くんの為に死んでもらうから!!    あははははははは!!!!
2017/07/05 11:03
うぐっ……う……苦し……
2017/07/05 11:04
    ダメだ!!    遂に我慢できなくなった。

    歌音たちは、草むらから飛びだし、ミミに飛びかかっていったのだ。今の行動をやめさせるために!!

    歌音たちは、苦しむ双葉を助けるため、必死に走り、ミミに体当たりをしようとした。

    しかし、それには至らず、氷の板に阻まれ、跳ね返され、歌音たちは地面に転がったのである……。

2017/07/05 11:05
    くっそー……。歌音たちは、双葉とミミを救えないのか……。

    歌音たちが絶望したとき、後ろに一成が花束を持って立っていたのであった。

2017/07/05 11:08

◆作者をワンクリックで応援!

0人が応援しました。

◆コメント欄は未記入でもOK! 公開されないのでお気軽に。

ページトップへ