作品詳細

泥沼坂教授のファンタジー学入門

私は先日ついに転生の鍵となる異世界からの使者、その正体を突き止めるに至ったのだよ。その異世界からの使者とは可憐な妖精さんでもなければ未来から来た猫型ロボットでもない。ずばりトラックと呼ばれる大型の貨物自動車だ。

9|現代ドラマ|連載中|4話|4,247文字

ファンタジー

2,579 views

泥沼坂教授は天才である。
「成人男性の平均身長よりも私のIQの方が高い」
と豪語する彼の研究テーマは、空想ファンタジーである。

もくじ

登場人物紹介

泥沼坂教授
名門ナンジャコリャ大学、空想ファンタジー学の教授。
その名前のせいで暗黒の学生時代を送ったのは言うまでもない。
女子大生にモテたいと思っている。

鍋島くん
ラノベ大好きな名門ナンジャコリャ大学4回生。
空想ファンタジー学に関わったことを後悔しない日はない。
女子大生にモテたいと思っている。

小説情報

泥沼坂教授のファンタジー学入門

今井三太郎  @imai3taro

執筆状況
連載中
エピソード
4話
種類
作品
ジャンル
現代ドラマ
タグ
ファンタジー
総文字数
4,247文字
公開日
2017年03月04日 08:42
最終更新日
2017年03月21日 15:03
レビュー数
0

レビュー一覧

レビューはありません

作者プロフ

今井三太郎  @imai3taro

わがはいです、こんばんは。
https://twitter.com/imai_san

「作者名」の他の作品

泥沼坂教授は天才である。 「成人男性の平均身長よりも私のIQの方が高い」 と豪語する彼の研究テーマは、空想ファンタジーである。

私は先日ついに転生の鍵となる異世界からの使者、その正体を突き止めるに至ったのだよ。その異世界からの使者とは可憐な妖精さんでもなければ未来から来た猫型ロボットでもない。ずばりトラックと呼ばれる大型の貨物自動車だ。

9|現代ドラマ|連載中|4話|4,247文字

2017年03月21日 15:03 更新

ファンタジー

誰しもが一度は空に想いをはせる。 「この世界に神様はいるのだろうか?」 その答えは“いる”である。 ただし、それがよい神様であるとは限らない。

普段どんなもの食べてたらここまでモブに成り下がれるんすかね。

41|ファンタジー|連載中|21話|24,004文字

2017年03月21日 00:44 更新

ファンタジー, 神話, 歴史, 神, 天使

「作者名」のレビュー

レビューはありません

ページトップへ