作品詳細

感情のガスが渦巻く。

|現代ドラマ|連載中|0話|0文字

野の嘉村, 悲劇の根源, 村の川, 街の川, 感情ガス

45 views

歴史は埋もれているが、史跡発掘では固形遺物しか出てこない。
だが、感情ガスが地下に沁み込んでいる。それが時々、噴出してくる。

もくじ

エピソードはありません

登場人物紹介

登場人物はありません

小説情報

感情のガスが渦巻く。

ゴマ塩にしん  @0147563

執筆状況
連載中
エピソード
0話
種類
作品
ジャンル
現代ドラマ
タグ
野の嘉村, 悲劇の根源, 村の川, 街の川, 感情ガス
総文字数
0文字
公開日
2016年12月21日 13:54
最終更新日
レビュー数
0

レビュー一覧

レビューはありません

作者プロフ

ゴマ塩にしん  @0147563

老いは脳からくる。そう思いませんか。
脳を若返らせる策を考えろ。これに成功すれば、老化にブレーキがかけられないか。
肉体のどこかが痛んでくると、脳は悪くなった部分の対策に追われて弱ってくる。
健康であること、これが至上命令だ!
今日は、酒屋が経営する駅中の立ち飲み屋に寄ったら、91歳の老体が元気に飲んでいた。
隣の人としている雑談を聞いていると、大正元年の生まれらしい。
軍隊へ行って、通信兵だったらしい。フランス語が話せるという。
まったく粋な老人だ。
永井荷風を連想した。立ち飲みをバカにするなよ。91歳になってフランス語が話せる。
もう、恐れ入った。
世の中は広い。

「作者名」の他の作品

歴史は埋もれているが、史跡発掘では固形遺物しか出てこない。 だが、感情ガスが地下に沁み込んでいる。それが時々、噴出してくる。

|現代ドラマ|連載中|0話|0文字

野の嘉村, 悲劇の根源, 村の川, 街の川, 感情ガス

野の嘉村日誌は、街を村に変えてしまえという狙いである。現代は村から街になったように錯覚しているだけで街の底流は依然として村の川が流れていることに気付いていないところに悲劇の根源がある。このことを気が付いていなければ、町の分析は出来ないだろう。街の川は濁っているが、村の川は清流だと考えていたら、大間違いだ。村の川は見たところ清く美しいが、目に見えない濁りがある。街の川は濁っているが、分析すると不純物が一杯含まれている。この相対相互の矛盾点を探究するのが面白い。

|自己啓発|連載中|0話|0文字

野の嘉村, 悲劇の根源, 村の川, 街の川

「作者名」のレビュー

レビューはありません

ページトップへ