トーク作品詳細

交換日記カッパラッター

63|恋愛・ラブコメ|完結|4話|11,704文字

ヤンマガ漫画原作応募

8,499 views

あなたの愛、かなえてしんぜましょう!

河童から交換日記を手に入れた少年、臼田(うすだ)ひかる。それは交換する相手と必ず恋に落ちる日記だった。次々と女子を陥落するひかる。弟に恋愛感情を抱く美少女の姉あかりとは双子だが、ライバル出現に敵愾心を燃やし、うれし恥ずかしのモテ期は最悪の女難に。とはいえ赤裸々に明かされる女子の心情を憂い、手を差し伸べる少年は真実の愛にめざめ、やがて力強い光となってゆく。少しエッチなハートフル?ラブコメ、かなっ!

もくじ

登場人物紹介

「臼田(うすだ)ひかる」
主人公。姉あかりとは同い年の双子のきょうだい。高校二年生。
薄ぼんやりとした、これといって特徴のない性格。女子からは軽くみられがち。温厚でやさしい性格だが、ウスノロと罵られることも。
姉あかりの弟にたいする執心ぶりは異常なほどだ。また、かいがいしく姉の世話をする。
河童の落とした交換日記を手に入れ、クラスの女子と次々に恋に落ちるといった女難に見舞われることに。

「臼田あかり」
無気力な女の子で学校に行きたくない。が、弟に悪い虫がつくことを恐れ、むりに登校する。激しいまでに弟を溺愛する困ったブラコン少女。だがその割には弟に依存し、甘えている。結局、毎朝弟の世話になり、迷惑をかけるばかり。
河童の国の転生者? 時にパンツをはき忘れるのは水妖だったころの習性のなごりかも。「キ〇タマ」をみると獰猛的になるのは、攻撃するのは、河童の国の姫君だった頃のトラウマかと噂されている。
弟が交換日記を拾ったことで突如モテ期となり、猛烈なアタックをかけてくるライバルに神経をとがらせている。

「河童亀之助本舗」
河童の国の王子さま。
基本的に全裸。パンツをはかないので、つねに股間にモザイクがかかっている。「キ〇タマ」に敵愾心を燃やすあかりの格好の標的(餌食)である。
二百年前に病気で亡くなり、人間界に転生したと伝えられる河童の姫君を探している。そして、あかりをその姫君だと信じている。
交換日記により、あかりのハートをつかまえようと意図するも、あかりの攻撃をうけ、紛失してしまう。ひかるに拾われることで交換日記は学内に大騒動の嵐を巻き起こす。

「ウンディーネちゃん」
河童亀之助本舗の幼なじみでガールフレンド。亀之助に恋愛感情を抱いており、彼を追って人間界にやってきた水妖である。
パンツをはかない(服を着ない)ため、全裸であらわれ、そのメリハリのきいたボリュームたっぷりの悩殺ボディで学校じゅうをパニックにおとしいれる。

「大迫米子(おおさこ・まいこ)」
ひかるのクラスメイトにして女子ラクロス部の主将。県大会で優勝を狙える部を率いる猛者。その体育会系の強面女子の顔の裏に、可憐な乙女の一面がのぞく。部の副主将である小暮ななせとは百合関係にあるが、これも部を優勝に導くための責任感から。本当はお嫁さんになり、実家の米屋を継ぐことを夢見ている。大迫米店の一人娘。父親思いのやさしい少女である。

「小暮ななせ」
女子ラクロス部の副主将。父親の影は薄く、キャリアウーマンである母親によって性格形成された。母は有名でデパートのカリスマバイヤー。何不自由のない贅沢な生活を幼少のころから送ってきたが、そのような彼女にも焦がれるものがある。それが「ダンディな母性」なのだった。ふだんの生活の孤独の埋め合わせにラクロス部の主将大迫米子に「ダンディな母性」を投影し、百合的に依存するが、やがてそれが間違いであることに気づく。

「大迫つとむ」
大迫米店の店主。お米屋さんという仕事に命を賭けている。米屋が街から消える時代の流れには逆らえないと、一時はコンビニに店舗替えを考えたが、独自のブレンド米が好評を博す。近隣のお客さんを大事にし、デパートや通販事業にも手を伸ばすが、配達にも力をそそぐ。繁忙期には一緒に配達に出かける米子は、店の看板娘。お客さんからも愛されている。娘を大切に、自慢に思っている。

「大迫みち子」
大迫米子の母。米子が幼いうちに亡くなっている。「死ぬまでおいしいお米を食べさせてあげる」と大迫つとむの猛烈なプロポーズに感銘をうけ、結婚。プロポーズのときに着ていたワンピースを仕立て直したものを米子はいまも大切にしている。米子の花嫁姿をみるのが夢だった。

小説情報

交換日記カッパラッター

ミツル  @ayuayu326

執筆状況
完結
エピソード
4話
種類
トーク作品
ジャンル
恋愛・ラブコメ
タグ
ヤンマガ漫画原作応募
総文字数
11,704文字
公開日
2017年06月10日 02:44
最終更新日
2017年07月08日 01:38
レビュー数
0

レビュー一覧

レビューはありません

作者プロフ

ミツル  @ayuayu326

小説という呪いに取り憑かれて生きていますが、この状態もまた、快いので困っています。

この作者の他の作品

トーク作品

これらの掌篇は死者のための小説、かもしれません。 もともとお話、というものは、死者の鎮魂のために語られるものだったのかなぁ、などと思うことしばしば。あくまでも個人の偏屈な考えにすぎませんが。...

45|ファンタジー|連載中|3話|5,652文字

2018年01月07日 11:23 更新

ホラー, 掌篇, 幽霊, 日常, SF, 実験小説, エッセイ, 幻想, 怪奇, やや実話

トーク作品

宇宙が打ち寄せてくるような神秘的なミドリの瞳、そしてとっても愛らしい風貌。なのにサカナという名前の女の子は、いっつも頬っぺたをふくらませ、怒ってばかりいた。...

63|現代ドラマ|完結|8話|10,739文字

2017年12月29日 09:51 更新

童話, 幻想, 日常, ほのぼの, きゃらふと大賞2

トーク作品

とある横濱(ヨコハマ)が舞台です。しかも横濱黄昏魔法横丁という架空の。...

27|ファンタジー|完結|3話|915文字

2017年09月09日 09:38 更新

横浜, 魔法, 幽霊, きゃらふと大賞

トーク作品

あなたの愛、かなえてしんぜましょう!...

63|恋愛・ラブコメ|完結|4話|11,704文字

2017年07月08日 01:38 更新

ヤンマガ漫画原作応募

ページトップへ