トーク作品詳細

先輩はエクソシストじゃありません!

でも、「一日に三人以上会うと不幸になる」という噂もある。

301|ホラー|連載中|14話|54,016文字

聖書ラノベ新人賞, キリスト教, エクソシスト, 神学部, 聖書, 牧師, 幽霊

8,273 views

『霊感なし、聖水なし、儀式なしの悪魔祓い?』

 信じている神様は見えないけれど、信じたくない幽霊は見えてしまうクリスチャンの早智。牧師の父にも教会の信徒にも相談できなかった彼女は、霊感とおさらばするべく親友から勧められた神学部への進学を決心する。ところが、入学した神学部は思ってたより幽霊だらけ。頭を抱える早智が出会ったのは、「学生エクソシスト」と呼ばれる院生八津貝亮だった。しかし、先輩はやたら幽霊を引き寄せる上、それを全く自覚していなかった!

 彼による「霊感なし」「聖水なし」「儀式なし」の悪魔払い? に早智は次々と巻き込まれ、なぜか事件の解決を目にしていくことになる。教会で霊が見えるって変じゃない? 天国に行けない魂はあるの? 悪魔は本当に存在するの? 胸の中に押し込めていた問いと少しずつ向き合えるようになった彼女は、先輩にも大きな悩みがあることを知った。早智もまた、その悩みから先輩を解放するのだった。(378字)

(*この話はフィクションであり、登場する人物・団体・施設等は架空のものです。聖書ラノベ新人賞、応募作品。)

もくじ

登場人物紹介

月無早智、18歳。

牧師の娘でクリスチャン。中学の頃から幽霊が見えるようになってしまったが、家族にも教会の人にも相談できずにいる。


「聖職者になれば幽霊なんて平気じゃん」と言う友人に誘われたのをきっかけに、総合大学の神学部伝道者コースに入学する。院生の八津貝亮と出会ってから、幽霊に関する様々な事件に巻き込まれるようになった。

八津貝亮、22歳。

神学部思想文化コースの院生。全く霊感がないにもかかわらず、なぜか幽霊に関する事件の相談を受けることが多い。他学部では「神学部のエクソシスト」と呼ばれ有名だが、本人はエクソシストをしているつもりはない。


自覚はないが霊を引き寄せやすく、そのせいかはわからないが常にどこか調子が悪い。かと思えば、以外とタフな一面も見せる。ストレスが溜まるとシャボン玉を吹き始める。

小友杏実、18歳。

早智に幽霊が見えることを知っている唯一の友人。周りからはアンと呼ばれている。明るく話しやすい人柄で口も固い。自分の進みたい総合大学に神学部があることを知り、進路に悩んでいた早智をそこへ誘った。自身は社会学部に入る。


ホラー小説や映画が好きで、自分も文芸部に入って小説を投稿している。文芸部のOBの院生が「神学部のエクソシスト」であることを知り、早智だけでなく彼にも会いに、よく神学部へ遊びに来るようになった。

霊南坂舞、22歳。

神学部伝道者コースの院生で、亮と同じ学年。教学補佐をしており、院生の中では早智たちとよく絡む。見つからない時はだいたい喫煙所にいる。


亮と一緒にいることが多いせいか、付き合っていると勘違いされやすいが、本人は「そういう興味はない」と言っている。どういう意味にとるかは神学部の中でも解釈が分かれている。

川井古和、20歳。

文芸部の部長をしている文学部心理学科の三回生。文化祭で出会った杏実と仲良し。のほほんとした雰囲気に見えるが素で人を振り回す侮れない先輩。


ミステリー小説をネット上にアップしている。事件と名のつくものがあれば、とりあえず現場に行きたくなってしまう。八津貝亮の周りで何か起これば、たいてい彼女が現れる。

大葉   茜、50歳。

神学部伝道者コースの社会人編入生。入学してから最初にできた早智の友人。数年前から科目等履修生をしていたので、学内には詳しい。


本人は気づいてないが、亡くなった夫らしき霊(手首のみ)が憑いている。「幽霊は死んで天国に行けなかった人の魂なのか?」という困難な問題に早智を直面させることになった。

月無葛見、45歳。

早智の父親で牧師をしている。神様は全ての人の魂を救ってくださる方だから、幽霊はいないはずだと思っている。娘に幽霊が見えていることは知らない。


破壊的カルトの脱会活動も行っており、地獄の存在を強調したり、悪魔祓いと称する儀式を行う宗教者を警戒している。そのため、「神学部の悪魔祓い師」と噂される学生の存在が気になっている。

奥野鈴香、18歳。

一人暮らしを始めたばかりの文学部の新入生。小さい頃から時々幽霊を見ていたが、下宿先のマンションで毎晩幽霊が現れるようになり、帰れなくなっていた。


「神学部の悪魔祓い師」の噂を聞きつけ、相談するために神学部を訪れた。亮が多くの霊に取り囲まれているのを見て声をかけられないでいたところ、早智と知り合った。

黒麻弥恵、19歳。

実家通いの商学部の二年生。文芸部で杏実の先輩。新しい家に引っ越してから、度々ポルターガイストの現象に悩むようになった。


毎晩、家族と夕食をとっていると自分の手が引っ張られたり椅子から落とされたりするため、見えない幽霊に怯えて暮らすようになった。杏実の紹介で亮と早智に相談するため、神学部を訪れた。

小説情報

先輩はエクソシストじゃありません!

ヤドナシ  @yomogi

執筆状況
連載中
エピソード
14話
種類
トーク作品
ジャンル
ホラー
タグ
聖書ラノベ新人賞, キリスト教, エクソシスト, 神学部, 聖書, 牧師, 幽霊
総文字数
54,016文字
公開日
2017年09月13日 22:15
最終更新日
2017年10月21日 21:56
レビュー数
0

レビュー一覧

レビューはありません

作者プロフ

ヤドナシ  @yomogi

ヤドナシです。
2〜3日に1話の更新を目指しています。
コラボ作品やダンゲロスSSにも時々参加しています。

 ↓
【10/4】 ダンゲロスSS(46)ヤドナシVS如月真琴
【10/12】 ダンゲロスSS(50)ヤドナシVS脳内☆ロリロリ幻想楽園
【10/23】 ダンゲロスSS(53)如月真琴VSヤドナシ/ダンゲロスSS

この作者の他の作品

トーク作品

『霊感なし、聖水なし、儀式なしの悪魔祓い?』...

301|ホラー|連載中|14話|54,016文字

2017年10月21日 21:56 更新

聖書ラノベ新人賞, キリスト教, エクソシスト, 神学部, 聖書, 牧師, 幽霊

ページトップへ