作品詳細

【指南書】作品を効率良く書きたい初心者のあなたへ【Macの情報もあるよ!】

はじめっからそうしなさいよ!!!

5|創作論・評論|連載中|14話|20,997文字

初心者, 使い方, メモ帳, 空白, バグ, テキスト, Mac, 指南書, 初心者向け, 書き方, ワナビ, ラノベ

2,280 views

トークメーカーの効率的な使い方を書いてみたものです。
キャラなどを効率的に配置してあるので、読みやすくなっているかと思います。

特に、Macユーザー向けに書かれたものですが、どんなユーザーのためにもなるはずです!


なお、情報は2016/12/14に集められたものであり、閲覧者様が見た時には情報が古くなっている可能性があります(追記する場合もあるでしょう)。

また、本文自体も完全なものではありませんし、トークメーカーの公式な見解でもありません。

埋猫葬爆個人が書いたものです。

これらの点をご了承ください。

もくじ

登場人物紹介

先生:トークメーカーをこよなく愛する週末作家。
   トークメーカーをMacで利用している。
   T君の謎めきに答える役割がある。

T君:トークメーカー初心者。
   WindowsとMac両方を所有。
   プロットの意味が分からないくらいの物書き初心者でもある。

小説情報

【指南書】作品を効率良く書きたい初心者のあなたへ【Macの情報もあるよ!】

埋猫葬爆  @maineko

執筆状況
連載中
エピソード
14話
種類
作品
ジャンル
創作論・評論
タグ
初心者, 使い方, メモ帳, 空白, バグ, テキスト, Mac, 指南書, 初心者向け, 書き方, ワナビ, ラノベ
総文字数
20,997文字
公開日
2016年12月14日 13:04
最終更新日
2016年12月28日 02:21
レビュー数
0

レビュー一覧

レビューはありません

作者プロフ

埋猫葬爆  @maineko

埋猫葬爆(まいねこそうばく)と申します。

決して猫を埋めたり、葬式を爆発させたりする名前ではありません。

埋(められるべきだ、きちんと)
猫(など野良の動物でも)
葬(の場でも)        葬:死者を葬ること。
爆(笑が起きる)

ような、社会が高度に発達もせず、退化も荒廃もしない時期でこそ、文章は輝くという意味があります。

猫が復活するくらいに十分に発達した世界では、動画やVRやそれ以上の物が愛されるでしょう。
猫が野ざらしになる程に危険な世界では、娯楽の中心は会話などにあって、文字にはないでしょう。



たぶんですが(今は)良い人間です。

閲覧していただき、ありがとうございます!

「作者名」の他の作品

埋猫葬爆の拙いミステリー「十の密室と11人の姫 〜或いは稀覯館のフルコース〜」の事件をコラボで実際に解いてみてもらう企画です。 テンプレを満たし、推理を披露してください。 ●ルール● ・最も早くトリックを暴いた方の作品を読み、レビューを埋猫葬爆が書きます。 ・もし、最初に暴いた方が本編の解決ページ公開後に書かれた場合は、上はナシとなります。 ・上を満たす中で、一番近い予想を書いた方に、レビューを書く事があります。 ・レビューは贔屓するようなモノにはならないでしょう(同時に悪意も持ちません)。 ●テンプレ● ======================== 書いている方は何時書いているか: どのページまで公開されているか: トリックの全貌を書く場所   : =============================== テンプレの使用例 書いている方は何時書いているか: 2016/12/23 どのページまで公開されているか: 第二話まで。文字数は932文字。 トリックの全貌を書く場所   : 犯人はヤス。 以上です。 お気軽にご参加ください。 ※必要に応じて、この文は修正される可能性があります。  ご了承ください。

2|ミステリー|連載中|2話|867文字

2017年02月02日 01:11 更新

ミステリ, 問題, クイズ, テスト, 実験企画, 企画, 実験, 密室, 殺人, 事件, 探偵, あなたが探偵!

稀覯(きこう) …… 滅多にない事。 稀覯館では「普通のミステリ」では味わえないB級密室をフルコースでお出し致します。 口の肥えた読者様、どうぞ珍味をご賞味ください。

ありがとう、ど忘れしちゃったみたい。(大きな悲鳴は小内さんと一緒にいる時に聞いた。犯人が複数でないならば、小内さんが犯人でないとするならば、これは密室殺人となる……)

12|ミステリー|連載中|9話|21,053文字

2017年02月02日 01:09 更新

ミステリー, maineko, フィクション, SF

面接をロジカルに、そしてコミカルに切り抜ける謎の「面接バトリスト」の花尾武(はなお たけし)が主人公のギャグシナリオです。 さあ、面接の世界の真髄を知ろう! 躍動(もうそう)せよ、新卒生や仕事が無い人! (本作品は実際の面接を経験した事がない作者によって書かれています)

では、次です。アメリカでは毎日どれくらいのピザが食べられていると思いますか?その理由や答えに至った道筋などを教えてください。

2|その他|連載中|4話|5,376文字

2016年12月16日 19:39 更新

ギャグ, 現代, 面接, お笑い, ストレス解消, ネタ, 論理, 必殺技, ロジカル, 社会, ブラック企業

「作者名」のレビュー

読みやすいし、普段恋愛系は読まない私でも楽しめました。 セリフにドキッとすることも多々。

これからの話をしようつぼさかまりこ @fwtsubosaka

4|恋愛論・結婚|連載中|6話|6,601文字

2016年12月14日 23:53 更新

ページトップへ