テキスト作品詳細

惑う人びと ~オン・ザ・ウェイ~

25|現代ドラマ|完結|12話|21,293文字

聖書ラノベ新人賞, キリスト教, 教会, 現代, 日常, シリアス, 聖書, 大人のラノベ, ライト文芸

3,712 views

だからクリスチャンは厭なんだ! と俺は思っていた。『橋で祈る ~夜の底を流れるもの~』姉妹編

 クリスチャンだった母が死ぬ。末期がんらしい。俺は無宗教を通してきた。妹・瑠都(るつ)はクリスチャンで、俺たちは母・花菜(はんな)の治療法や、最後の日々を過ごさせる環境について意見が割れた。面倒なことに俺は教会へ呼び出される。子どもの頃から教会の人――とくに婦人たち――が苦手だった。案の定、取り囲まれて困っていたとき、最近教会に来ているというノンクリスチャンの男・野々辺に助けられる。野々辺は瑠都の中学時代の同級生(俺にとっても後輩)で、自分の母の死に遺恨を抱えており、瑠都と俺の間で気を遣ってくれるのだが、人の心はすれ違い、事態はだれ一人納得できない方向へ流れてしまう。母の死後、俺は野々辺からある手紙を渡されて――。「いまさら心の向きを変えるとか、そう簡単にできるものじゃない。だけど」俺に訪れた変化とは? 聖書引用は12話にて、第1コリント16:22。

もくじ

登場人物紹介

登場人物はありません

小説情報

惑う人びと ~オン・ザ・ウェイ~

真帆沁  @msgt2009

執筆状況
完結
エピソード
12話
種類
テキスト作品
ジャンル
現代ドラマ
タグ
聖書ラノベ新人賞, キリスト教, 教会, 現代, 日常, シリアス, 聖書, 大人のラノベ, ライト文芸
総文字数
21,293文字
公開日
2017年12月09日 22:56
最終更新日
2018年01月15日 16:25
レビュー数
0

レビュー一覧

レビューはありません

作者プロフ

真帆沁  @msgt2009

●過去に入賞した作品

『黄金色の草原』(真帆しん名義)/第14回アンデルセンのメルヘン大賞:大賞/『アンデルセンのメルヘン文庫 第14集』に収録

『聖夜のメール』(真帆しん名義)/第12回ゆきのまち幻想文学賞:入選/『ゆきのまち幻想文学賞小品集12 遠い記憶』に収録

『セルリアン・シード』(真帆しん名義)/第13回ゆきのまち幻想文学賞:長編賞/『ゆきのまち幻想文学賞小品集13 赤い女』に収録

『顕一郎という名の少年』(真帆しん名義)/第14回ゆきのまち幻想文学賞:佳作/『ゆきのまち幻想文学賞小品集14 雪見酒』に収録

『桃次郎の鈴』/第15回ゆきのまち幻想文学賞:入選/『ゆきのまち幻想文学賞小品集15 心音』に収録

『穢れなき薔薇は降る』/第17回ゆきのまち幻想文学賞:佳作/『ゆきのまち幻想文学賞小品集17 おいらん六花』に収録

『讃歌』/第19回ゆきのまち幻想文学賞:佳作/『ゆきのまち幻想文学賞小品集19 雪の反転鏡』に収録

『白い枇杷』/第12回伊豆文学賞:佳作/『いなさ参ろう――第十二回「伊豆文学賞」優秀作品集』に収録

※随筆『死と再生の雪景色』/第15回小諸・藤村文学賞:佳作

●私淑する作家
内村鑑三、三浦綾子

この作者の他の作品

テキスト作品

23年間、雨のなかで生きてきた彼。真夏に謎の〝ミイラ病〟にかかる彼女。2人は出会い、なぜか一緒に暮らし始めて――。『日常に、ほんの少しの聖書』シリーズ。...

25|現代ドラマ|連載中|13話|23,553文字

2018年01月18日 14:49 更新

聖書ラノベ新人賞, 恋愛, ちょっとファンタジー, 日常, ほのぼの, シリアス, ライト文芸, 大人のラノベ, キリスト教, 聖書

テキスト作品

ささやかな出会いが、沈んだ心を再生させる。...

25|現代ドラマ|完結|9話|26,361文字

2018年01月18日 11:36 更新

聖書ラノベ新人賞, キリスト教, 教会, 現代, 日常, ほのぼの, 聖書, 大人のラノベ, ライト文芸

テキスト作品

聖書の中にキミがいる! 時空を超えて心に響く、さまざまな者たちのモノローグ。...

35|ファンタジー|連載中|13話|22,154文字

2018年01月17日 17:12 更新

聖書ラノベ新人賞, キリスト教, 聖書, 異国, 歴史, 切ない, シリアス, 短篇構成, 聖書ノベル

テキスト作品

だからクリスチャンは厭なんだ! と俺は思っていた。『橋で祈る ~夜の底を流れるもの~』姉妹編...

25|現代ドラマ|完結|12話|21,293文字

2018年01月15日 16:25 更新

聖書ラノベ新人賞, キリスト教, 教会, 現代, 日常, シリアス, 聖書, 大人のラノベ, ライト文芸

ページトップへ