コラボ作品詳細

【3/18】ダンゲロスSS(7) ぺんさんvs大達啓介

「ああ。端末の感じた五感は、元の惑星にも送られる。奴らはその性質を使って、人を食い、その味を楽しんでいるんだ。」

118|現代アクション|連載中|4話|11,455文字

ぺんさん, 大達啓介, ダンゲロス, SS, イベント, 対戦, リアルタイム執筆

12,442 views

【結果】

セリフ:ぺんさん
ストーリー:ぺんさん

ぺんさんの勝ち!


<ダンゲロスとは?>
「妄想を他人に強要する」能力を持った魔人たちが存在する世界。
手からビームが出る妄想をしてると手からビームが出るようになる。
大体、中学二年生くらいに魔人になるぞ。
ダンゲロスワールドは漫画・小説・ゲームなどで多方面に展開中!


<競技者>

・ぺんさん
毎日楽しく行きていきたいお年頃、責任とはほぼ無縁の毎日を送る成人男性。
ダンゲロスプレイヤーの一人で、SSキャンペーンにも参加したことがあるぞ。
先陣を切ることで、他のプレイヤーも1時間レギュレーションに来やすいようにできたらなあと思っている。

・大達啓介(オオダチ ケイスケ)
漫画家志望の大学生です
まだ棒人間しか描いたことのない人生を卒業して3年しか経っておらず、相変わらず画力は壊滅的ですが、せめて5W1Hを弁えたネーム力とキャラクターの駆け引きを描写する力は十二分なモノに仕上げたい所存です。
なので実践経験が不可欠なのです。

お手合わせ願います。
 
 
<スケジュール>

22:00~22:30 挨拶や簡単なルール説明、互いのキャラクター紹介など
22:30~23:30 執筆開始
23:30~24:00 感想戦


<ルール>

・22時の段階で、競技者二人がお互いに考えてきたキャラクターを発表します。
・22時半から1時間で、二人がそれぞれ「自分のキャラが相手のキャラに勝つショートストーリー(SS)」を大急ぎで執筆します。
・観客の皆さんは「登場人物」や「好きなセリフ」に☆を入れて下さい。
・最終的に「☆の多かった登場人物を作ったプレイヤー」「☆の一番多かったセリフを書いたプレイヤー」で勝敗が決まります。(キャラ投票・セリフ投票・コラボ作品への書き込みには会員登録が必要なので、お手数ですが観客の皆様は登録お願いします)


<補足>

・今回発表された2キャラクターは競技者両名、それぞれ自分の作品の中で使用する権利を得ます。
・今回執筆された両者のショートストーリーの出版権は(いちおう)架神恭介のものとします。(この辺は今後いろいろ考えていきますが、とりあえず今回は便宜的にそうしておきます)

もくじ

登場人物紹介

名前:富岡双六
性別:男

能力名:『空の手』
特殊能力:念動力。射程距離は自分の体から腕二本分の長さ。
出せる力は腕の筋力に依存するため、双六はこれを三本目の手、空の手と呼んでいる。

設定:精神異常者の父によって幼い頃から武術と刀術を叩き込まれた生来の戦闘魔人。
かつては父を恨んでいたが、父の死後自らの血筋が人と交わることのできぬ悪の血統の持ち主であると自覚し、
生きるためには強者となる外ないと確信。自らを鍛えていた父の愛に気づき、父の仇討ちを目論むようになる。
父と同じように彼自身の精神も半ば壊れかけており、彼の語る過去が真である保証はどこにもない。

【便宜上の個体識別コードネーム】脳惑星ジャガー・ユキジロ



【SEX】必要なし!単為生殖で事足りる。



【公開可能な素性】小惑星内部のマントル(プルーム)の流れが星の中の鉱物組織を侵食した結果、一つの大きな脳の役割を果たす集積回路を形成した。天文学的確率の出来事である。



プルームは血流の役割を果たすことになり、自我が目覚める。天文学的確率の出来事である。



脳の機能としては味覚に特化。天文学的な出来事である。



やがて、自身から更なる小惑星を生産し射出する「単為生殖」の手段を身に着け、それらを地球に放つ。



【形状】里芋のような地層を楕円球のような形に削り出したような、トリコロールカラーの楕円型。



【自身の味】キャッサバのような味。



【能力名】「味覚変動(ガスト・オブ・クラスタル)」 



一定範囲内の生物の味覚の種類、強弱を操る。



地球に投下した子実体の囲った範囲内が能力の作用する「結界」となる。

生物に直接隕石を打ち込むことに成功した場合、その生物を操り、意思疎通を行うことができる。


【今回操る人物】三浪院卒の末、上司の靴の味を味わう企業へ雇用していただいた悲惨な男性。靴の次にストレスにより自分の指の皮の味を味わうことが多い。


【相手を倒したい理由】なし。ただ操縦できる体と味わう味覚のレパートリーが増えるのが楽しみ。

ただ、今後この考えがどう変化するのかはわからない。

脳に小惑星を打ち込まれ、奇跡的に一命を取り留めたものの、味覚を探求する惑星の傀儡になってしまった「カンダさん(指をかむから)」。

しかし、星と脳内で意思疎通することは可能な模様。

はたして哀れなブラック企業社員の運命はいかに,....

小説情報

【3/18】ダンゲロスSS(7) ぺんさんvs大達啓介

架神恭介  @cagami

執筆状況
連載中
エピソード
4話
種類
コラボ作品
ジャンル
現代アクション
タグ
ぺんさん, 大達啓介, ダンゲロス, SS, イベント, 対戦, リアルタイム執筆
総文字数
11,455文字
公開日
2017年03月10日 16:27
最終更新日
2017年03月18日 23:53
レビュー数
0

レビュー一覧

レビューはありません

作者プロフ

架神恭介  @cagami

作家、漫画原作者。

『こころオブ・ザ・デッド』『ダンゲロス1969』『仁義なきキリスト教史『よいこの君主論』『放課後ウィザード倶楽部』など。
http://cagami.net/


2001年よりジャンプ感想サイト「The 男爵ディーノ」を始める。

2002年、早稲田大学四年の6月頃に就活という概念を知るが、既に就活を始めるには遅すぎたので、まあいいやと思い、そのままフリーターへ。パンクバンドとかする。

2004年頃、所属するパンクバンド「真剣に解散を考えている。」のライブの様子をテキスト化したサイト、「完全パンクマニュアル」がまあまあウケる。http://punk-manual.cagami.net/

2005年、「完全パンクマニュアル」が書籍化し、作家デビュー。まあまあ売れた。

2007年頃まで「クソの役にも立たないマニュアル」を合言葉にマニュアル本を作り続ける。「完全覇道マニュアル」「完全HIPHOPマニュアル」「少女マンガから学ぶ恋愛学」など。どれもクソの役にも立たず、読んでもあなたの人生に1ミリも寄与しない。

2008年、刊行予定の本が出なくなるなどのトラブル続きで生活が苦しくなる。

2009年、「完全覇道マニュアル」が「よいこの君主論」と改題され、ちくま文庫より発売される。売れたので生活が少し楽になる。

同年、ちくまの担当から「架神さんは悟りについてどのようなご見識をお持ちで? ......エッ、悟りについて何も知らない?? そりゃ一年ほど勉強してもらわねばなりませんな」と無茶ぶりされ、一年かけて「完全教祖マニュアル」を書き上げる。まあまあ売れた。

2010年、悟りを頑張って勉強して「もしリアルパンクロッカーが仏門に入ったら」を出版。あんまり売れなかった。

2011年、2年位かけてなんとなく書いていた「戦闘破壊学園ダンゲロス」がなんとなく賞を取ったので小説家としてデビュー。「戦闘破壊学園ダンゲロス」を出版。まあまあ売れた。

2012年、ダンゲロスがコミカライズされたので、調子に乗って第二弾の「飛行迷宮学園ダンゲロス」を出版。あんまり売れなかった。

2013年、必死にキリスト教の勉強をしたのに、なんか本が出なくなったり、なかなか出してもらえなかったりで困る。生活が苦しく、つらい。

2014年、あまりにつらそうな私を見かねて筑摩さんが「仁義なきキリスト教史」を出してくれた。まあまあ売れた。

同年、Kindle出版を一度試してみたかったので、仲間たちと「作ってあげたいコンドームごはん」を出版。カネにはならんが楽しかった。

同年、「かわいい☆キリスト教のほん」を出版。あんまり売れなかった。

同年、「『バカダークファンタジー』としての聖書入門」を出版。たぶんあんまり売れなかった。

2015年、講談社が出してくれなかったのでシリーズ最新作『ダンゲロス1969』をKindleにて出版。結構いい具合に売れ続けてる。それまでのダンゲロス短編も『ダンゲロス・ベースボール』『戦慄怪奇学園ダンゲロス』『怪傑教師列伝ダンゲロス』の名で販売。

2016年、漫画原作者としてもデビュー。週刊少年チャンピオンで『放課後ウィザード倶楽部』、アーススターで『こころオブ・ザ・デッド』がスタート。遂に定期収入を手に入れ、生活は楽になったが、忙しくて泣きそうになる。

2017年、定期収入があっという間に消えてなくなった割に、忙しさは特に変わらないという不思議な状況になる。『ダンゲロス』のボードゲームを作ったり、至道流星先生に誘われて『小説家になるな』をKindleで出したりし始める。

この作者の他の作品

コラボ作品

「ボードゲームのコミケ」とでも言うべきイベントが開かれているのをご存知ですか? ゲームマーケットと言いまして、同人ゲームの即売会が5/14(日)にビッグサイトにて開かれるのです。...

150|創作論・評論|連載中|4話|22,885文字

2017年04月28日 01:43 更新

ゲームマーケット, アナログゲーム, ボードゲーム, ダンゲロス, 米光一成, ゲーム製作, カードゲーム

大規模MMORPG「人生」を運営中の神Aの元に、上司の神Bが苦情の束を持って怒鳴り込んできた! 「人生」があまりにクソゲーすぎて、プレイヤーから神への苦情や嘆きが殺到しているというのだ。...

777|社会・思想|連載中|4話|10,820文字

2017年04月11日 20:25 更新

クソゲー, 人生, 幸福論, 新書

コラボ作品

 会社という組織から離れ、フリーとして生きていく道は様々あります。 私たち作家もその道の一つであり、多くの人から見たら、「何をしているのか分からない」「なる方法が分からない」という妖怪じみた存在かもしれません。...

114|創作論・評論|連載中|3話|30,860文字

2017年04月07日 11:03 更新

イケダハヤト, セルフブランディング, 座談会, 田舎暮らし, 泉和良, 至道流星, 架神恭介

コラボ作品

著述の準備段階として『ラッセル幸福論』を読む必要が生じたので、読んだ端からメモ代わりに残していきます。...

140|社会・思想|完結|8話|16,492文字

2017年03月27日 21:19 更新

ラッセル, 幸福論, 資料

コラボ作品

オンライン座談会を終えたわれわれの下に某出版社から一件の依頼が舞い込んだ! 編集者「至道先生と架神先生でゲームの攻略本作りませんか?」 至道&架神「なんのゲームですか」 編集者「人生です!」...

89|創作論・評論|連載中|2話|30,960文字

2017年03月27日 17:17 更新

人生ゲーム, クソゲー, ゲーム作ろう, 人生を考える

ページトップへ