作品詳細

こころオブ・ザ・デッド

「ええ、とっても!」

222|ホラー|連載中|12話|16,281文字

文豪, 夏目漱石, こころ, ゾンビ, ホラー, 柳生新陰流, アクション, 恋愛

7,908 views

夏目漱石の『こころ』をベースに、明治時代にゾンビが溢れアポカリプスが訪れる!

想い人のお嬢さんと親友のK。三角関係の板挟みに苦しむ先生。だが、そんな折、街にゾンビが発生し、お嬢さんがウイルスに感染するーー。果たして、先生とKはお嬢さんを救うことができるのか?!

漫画版コミックス1巻、全国書店にて好評発売中!!

もくじ

登場人物紹介

■先生
帝大の学生。叔父に裏切られ、逃げるように故郷を捨ててきた過去を持つ。下宿先のお嬢さんに恋心を抱いている。だが、同郷の幼馴染である親友Kを下宿先に招いたことから悲劇の三角関係が始まってしまう上に、突如としてゾンビ・アポカリプスが訪れたので、ゾンビと三角関係の二重苦に苦しむこととなる。実は柳生新陰流の使い手であり、様々な兵法を用いてゾンビ難局を乗り越えていく。

■K
帝大の学生。実父や養父を偽って進学先を変えたために勘当されてしまい、今は内職と学問の両立に苦しんでいる。そんな姿を見かねて先生が下宿先へと彼を招いたことから悲劇が始まる上にゾンビ・アポカリプスが突如として訪れたので、先生と共に房州へと旅立つこととなる。

■お嬢さん
先生とKの下宿先のお嬢さん。叔父に裏切られ荒んでいた先生の心を癒やしたことから、先生に恋心を寄せられる。Kとの仲も満更ではなさそうだが、お嬢さんの気持ちは未だ不明である。ゾンビ・アポカリプス初期にゾンビに噛まれてしまい、半ゾンビ状態に陥る。好物の茄子を食べた時だけ、一時的に正気に戻る。

小説情報

こころオブ・ザ・デッド

架神恭介  @cagami

執筆状況
連載中
エピソード
12話
種類
作品
ジャンル
ホラー
タグ
文豪, 夏目漱石, こころ, ゾンビ, ホラー, 柳生新陰流, アクション, 恋愛
総文字数
16,281文字
公開日
2016年12月16日 13:44
最終更新日
2016年12月19日 09:43
レビュー数
0

レビュー一覧

レビューはありません

作者プロフ

架神恭介  @cagami

作家、漫画原作者。

『こころオブ・ザ・デッド』『ダンゲロス1969』『仁義なきキリスト教史『よいこの君主論』『放課後ウィザード倶楽部』など。
http://cagami.net/


2001年よりジャンプ感想サイト「The 男爵ディーノ」を始める。

2002年、早稲田大学四年の6月頃に就活という概念を知るが、既に就活を始めるには遅すぎたので、まあいいやと思い、そのままフリーターへ。パンクバンドとかする。

2004年頃、所属するパンクバンド「真剣に解散を考えている。」のライブの様子をテキスト化したサイト、「完全パンクマニュアル」がまあまあウケる。http://punk-manual.cagami.net/

2005年、「完全パンクマニュアル」が書籍化し、作家デビュー。まあまあ売れた。

2007年頃まで「クソの役にも立たないマニュアル」を合言葉にマニュアル本を作り続ける。「完全覇道マニュアル」「完全HIPHOPマニュアル」「少女マンガから学ぶ恋愛学」など。どれもクソの役にも立たず、読んでもあなたの人生に1ミリも寄与しない。

2008年、刊行予定の本が出なくなるなどのトラブル続きで生活が苦しくなる。

2009年、「完全覇道マニュアル」が「よいこの君主論」と改題され、ちくま文庫より発売される。売れたので生活が少し楽になる。

同年、ちくまの担当から「架神さんは悟りについてどのようなご見識をお持ちで? ......エッ、悟りについて何も知らない?? そりゃ一年ほど勉強してもらわねばなりませんな」と無茶ぶりされ、一年かけて「完全教祖マニュアル」を書き上げる。まあまあ売れた。

2010年、悟りを頑張って勉強して「もしリアルパンクロッカーが仏門に入ったら」を出版。あんまり売れなかった。

2011年、2年位かけてなんとなく書いていた「戦闘破壊学園ダンゲロス」がなんとなく賞を取ったので小説家としてデビュー。「戦闘破壊学園ダンゲロス」を出版。まあまあ売れた。

2012年、ダンゲロスがコミカライズされたので、調子に乗って第二弾の「飛行迷宮学園ダンゲロス」を出版。あんまり売れなかった。

2013年、必死にキリスト教の勉強をしたのに、なんか本が出なくなったり、なかなか出してもらえなかったりで困る。生活が苦しく、つらい。

2014年、あまりにつらそうな私を見かねて筑摩さんが「仁義なきキリスト教史」を出してくれた。まあまあ売れた。

同年、Kindle出版を一度試してみたかったので、仲間たちと「作ってあげたいコンドームごはん」を出版。カネにはならんが楽しかった。

同年、「かわいい☆キリスト教のほん」を出版。あんまり売れなかった。

同年、「『バカダークファンタジー』としての聖書入門」を出版。たぶんあんまり売れなかった。

2015年、講談社が出してくれなかったのでシリーズ最新作『ダンゲロス1969』をKindleにて出版。結構いい具合に売れ続けてる。それまでのダンゲロス短編も『ダンゲロス・ベースボール』『戦慄怪奇学園ダンゲロス』『怪傑教師列伝ダンゲロス』の名で販売。

2016年、漫画原作者としてもデビュー。週刊少年チャンピオンで『放課後ウィザード倶楽部』、アーススターで『こころオブ・ザ・デッド』がスタート。遂に定期収入を手に入れ、生活は楽になったが、忙しくて泣きそうになる。

2017年、定期収入があっという間に消えてなくなった割に、忙しさは特に変わらないという不思議な状況になる。『ダンゲロス』のボードゲームを作ったり、至道流星先生に誘われて『小説家になるな』をKindleで出したりし始める。

この作者の他の作品

コラボ作品

「ボードゲームのコミケ」とでも言うべきイベントが開かれているのをご存知ですか? ゲームマーケットと言いまして、同人ゲームの即売会が5/14(日)にビッグサイトにて開かれるのです。...

122|創作論・評論|連載中|1話|390文字

2017年04月21日 15:29 更新

ゲームマーケット, アナログゲーム, ボードゲーム, ダンゲロス, 米光一成, ゲーム製作, カードゲーム

大規模MMORPG「人生」を運営中の神Aの元に、上司の神Bが苦情の束を持って怒鳴り込んできた! 「人生」があまりにクソゲーすぎて、プレイヤーから神への苦情や嘆きが殺到しているというのだ。...

741|社会・思想|連載中|4話|10,820文字

2017年04月11日 20:25 更新

クソゲー, 人生, 幸福論, 新書

コラボ作品

 会社という組織から離れ、フリーとして生きていく道は様々あります。 私たち作家もその道の一つであり、多くの人から見たら、「何をしているのか分からない」「なる方法が分からない」という妖怪じみた存在かもしれません。...

120|創作論・評論|連載中|3話|30,860文字

2017年04月07日 11:03 更新

イケダハヤト, セルフブランディング, 座談会, 田舎暮らし, 泉和良, 至道流星, 架神恭介

コラボ作品

著述の準備段階として『ラッセル幸福論』を読む必要が生じたので、読んだ端からメモ代わりに残していきます。...

140|社会・思想|完結|8話|16,492文字

2017年03月27日 21:19 更新

ラッセル, 幸福論, 資料

コラボ作品

オンライン座談会を終えたわれわれの下に某出版社から一件の依頼が舞い込んだ! 編集者「至道先生と架神先生でゲームの攻略本作りませんか?」 至道&架神「なんのゲームですか」 編集者「人生です!」...

100|創作論・評論|連載中|2話|30,960文字

2017年03月27日 17:17 更新

人生ゲーム, クソゲー, ゲーム作ろう, 人生を考える

ページトップへ