トーク作品詳細

一人ダンゲロスSS模擬戦

34|日記・個人ブログ|連載中|2話|8,839文字

1,471 views

2017年11/26(月)22時開始のダンゲロスSS参戦準備のための模擬戦を個人的に行うページです。
http://talkmaker.com/works/243d08716ac4d65bf167b42feccf1bd5.html

もくじ

登場人物紹介

比村矢 業 (ひむらや かるま)

性別:女

胸: 巨乳

学年: 1年

所持武器: 虎の学生証

出身校: 妃芽薗   

評価点数300+200=500

固有技能:絆『虎 ~山乃端一人~

攻撃力:1   防御力:1   体力:4   精神力:4   

FS「虎との絆 」20

特殊能力『虎とあなたの物語』   

発動率:92% 成功率:100%

効果1: 味方リザーバー召喚 
タイプ: 召喚型 
範囲+対象: 隣接2マス 
時間: 1ターン


効果2:発動率6%上昇 
タイプ: 付与型 
範囲+対象: 隣接2マス 
時間: 1ターン


効果3: 味方特殊能力強制試行 
タイプ: 瞬間型 
範囲+対象: 隣接2マス 
時間: 1ターン


非消費制約1: FSが20の味方にのみ有効 
非消費制約2: 貧乳のみに有効 
非消費制約3: 味方1年生にのみ有効 
消費制約: 永続戦線離脱


調整:壁貫通


<補足> 
効果が3つありますが、起こることはシンプルです。 
隣接2マス内にリザーバーを召喚し、発動率を6%上昇させた上で、特殊能力を発動させます。 
壁貫通付きです。


なお、制約が戦線離脱で効果1、効果2に死亡非解除がついていませんが、 
効果3の特殊能力強制発動の間までは、召喚と発動率上昇が持続します。 
ルールガイドライン討論スレ>>315でENTさんに確認済みです。


<能力原理>

業が虎と出会ったときに虎が抱いていた学生証。 
それは業にとって、決して忘れられない大切な思い出の品である。 
業が虎の学生証に口づけすると、時間と空間を飛び越え、美少女として生まれ変わった虎が召喚される。 
召喚したた虎の能力を業が解放し、狙い打つ相手へと確実に襲いかからせる。 
能力使用後、業は虎とふもふもしに別次元へ行く。


なお、この能力は本来、業がイメージできればどんな魔人であっても召喚できる能力となるはずであったが、今の業には虎しか見えていないため、現在はせいぜい虎と同様のプロフィールを持ったキャラしか召喚できなくなっている。 
ただし固い絆で結ばれた虎と業との相性は抜群な上、本人達がお互いしか見えていないため、さしたる問題ではないようだ。


キャラクターの説明

小柄で巨乳、黒髪でショートカットの少女。 
ちょっとおどおどしたところがあるが、芯は強く、自分の意志は決して曲げない強さを持った性格。 
元々は何の能力も持たないほぼ普通の人間の女の子だったが、将来とてつもない魔人になる可能性を秘めていると告げられ、新設の妃芽薗学園に入学。持ち前の心の強さで学園の中でも何とかやっていたが、日ごとに強さを増す学園の異様な雰囲気と周囲の人間達の変化に、やがて大きな不安と疎外感を覚えていくことになる。


だがある真夜中の日、学園の密林に忍び込んでいた虎と運命的な出会いを果たしたことが業の運命を一変させる。 
全身を血と吐瀉物まみれにさせた虎の異様な姿に始めは怯えるも、生来の人の良さから虎を見捨てることができず、介抱を行う。 
虎と触れ合う内、虎の中に秘められた寂しさ、優しさに気づいていった業は虎との絆を日に日に深めていった。 
あと、虎の持つ立派な毛並みにふもふもすると、とても気持ちが良かった虎との交流で芽生えた業に芽生えた気持ち、それは彼女ががこれまで経験したことも無い感情だった。


しかし運命はそんな二人を容赦なく引き裂いていく。 
虎の異様な姿はやはり学園内でたちまち噂となり、やがて虎は--、彼女の同級生、残虐な性格を持つ猟奇殺人者、ハルマゲドンの開催を心から望む一人、覇隠 流(はがくれ りゅう)が仕掛けた『山乃端一人狩り儀式』によって、魔女化させられ、執拗に嬲られた挙句に超凄惨な死を遂げてしまったのだ。 
心を通わせた虎のあまりに無残な最期をまざまざと見せ付けられ、深い悲しみと流への激しい怒りに全身を支配される業。


その時、奇跡は起こった。 
業が信ずるダンゲ神が目の前に舞い降り、虎を美少女として転生させたのだった。 
その時、同時に業の中にある魔人としての能力も覚醒する。 
それは業が愛する虎といつでも会いにいける、そして二人の邪魔をする敵を葬ることができる、二人が望んだ力だった。


目覚めた力によって、虎と共に覇隠 流を始末した業だったが、流が望んでいたハルマゲドンは開催されることとなり、魔人に覚醒した彼女達も巻き込まれることとなってしまった。 
でも、恐れることは無い。何よりも大切な虎と共に、この学園を平和に戻すために戦えるのだから……。

キャラクター名: オクトパス

よみ: おくとぱす

性別: 男性

学年: 1年

部活: 水泳部

所属陣営: 屋内運動系部活動連合

初期ステータス

攻撃力:0 防御力:0 体力:15 精神:12 反応:0 

FS(人間性):0

修得スキル『不屈』 

戦闘敗北時、50%の確率で精神減少なし『逸脱』 アブノーマルの証。(修得値:2)

必殺技『ディープ・ブルー・オクトパス・ホールド』 

消費MP:3発剄→攻撃力+5ダメージの連続攻撃。


必殺技原理

全身に気合を溜めて黒い液体を敵に放ち、怯んだところで敵を8本の脚を駆使してグイグイ締め付ける。
奇しくも彼の名前と同じ技名であるオクトパスホールド(卍固め)という技があるが、彼のそれはより美しい。
カリブの豊穣な海が育てた野性味と海の神秘溢れる強力な肉弾攻撃である。
特殊能力なし

キャラクター説明

カリブ海からやってきた外国人留学生。
希望崎水泳部期待の新人であり、何と足が8本もあるという特異な肉体をもっている。
その肉体は更に常人とはかけ離れた柔軟な構造を持ち合わせており、水中をウネウネと独特の泳法で突き進むことが可能。
人並み離れた異形とも言うべき大きさの頭部からは、体力だけではない高い知性を感じさせる。

極めつけにその全長は3m以上もあり、まさに海の王者というべき風格である。
彼の真っ赤な全身は一部の特殊な嗜好を持つ人たちを魅了してやまない。

海こそが彼のフィールドであり、日常生活も水の中で過ごしているというまさに水泳部の鏡だが、
勿論陸上での活動もなんら支障はない。
ただし、やはり若干能力は劣ってしまう。(ステータス-2)
普段は呻き声しか上げず、もはや人語を解しているかどうかも怪しい程コミュニケーションが取りづらい存在であるが、
学園や部活動への愛情は強く、この危機的状況に自分ができることはないかと立ち上がった。
「うじゅる……うじゅる……うじゅるるるる……」 


虎 ~山乃端一人~

性別:女

胸: 貧乳

学年: 1年

所持武器: かつて持っていた野生

出身校: 妃芽薗   

評価点数200+100=300

固有技能:絆『比村矢 業

攻撃力:0   防御力:0   体力:2   精神力:3   FS「業との絆 」20


特殊能力『虎真拳 貫手』   

発動率:79% 成功率:100%

効果: 体力7ダメージ 
タイプ: 瞬間型 
範囲+対象: 周囲2マス1人 
時間: 一瞬


非消費制約1: スタメンだと使用不可 
非消費制約2: 敵エリア(敵陣最奥から3列分)でしか使えない 
非消費制約3: 移動したフェイズは発動できない(対象が敵) 
消費制約: 永続戦線離脱


<補足> 
永続戦線離脱したキャラクターはベンチではなく離脱場に移動するため、リザーバー召喚でもう一度呼ぶことはできない。


<能力原理>

業との絆によって美少女として転生した虎だったが、人間の姿となったため、かつて持っていた爪と牙は失われ、また元来争いを好まぬ業によって、根源に秘めた虎としての野生の力も普段は抑えられている。 
しかし業と虎の二人の意志が自らの戦う時と互いに同調した時にのみ、虎の持つ全ての力が解放される。


虎の背後に転生前の猛々しい虎のシルエットが一瞬浮かび上がり、直後、人の域を超えた凄まじい高速で対象まで一瞬に接近。 
対象は反応する間もなく、虎の指によって急所を瞬く間に貫かれる。 
人の姿と理性を持った虎に唯一残された野獣としての絶技であると同時に、業と生まれた絆によって一瞬ではあるがかつての虎をも超える力を引き出すことができる、 
今の虎に残された最大の切り札である。


能力使用後、業をぺろぺろしに別次元に戦線離脱する。

キャラクターの説明

ガイドラインダンゲロスにて番長として戦った虎の魂が転生した姿。


ガイドラインダンゲロスの死闘には生き残ったたものの、番長陣営は敗北し、身も心もボロボロに傷ついた虎。 
戦場から戦線離脱した虎はそのまま妃芽薗学園に迷いこみ、そこで学園の一年生、比村矢 業 (ひむらや かるま)と運命的な出会いを果たす。 
業の手厚い保護を受けた虎は、業に深く感謝すると同時に、業の中に自分と同じ寂しさ、孤独さを感じ取り、やがて心を通じ合わせるようになった。 
あと、業の体をぺろぺろするのがとても気持ちよかった。


しかしこの妃芽薗学園も虎にとって安息の地では無かった。 
虎はやがて学園の連中に目をつけられ、ハルマゲドンを開催するための『山乃端一人狩り儀式』の生贄として祀り上げられ、精神的、肉体的に執拗に追い詰められていく。 
かつての戦いで傷ついた虎に抵抗しきる力は既に無く、また何より業を守るためには自らが犠牲になるしかないと悟った虎は『山乃端一人』になる運命を受け入れ、無残にも超凄惨な死を遂げる。 
その肉体はかつての立派な毛並みすら認識できないほど無数に分割され、学園に打ち捨てられた。


だが、奇跡は起こった。 
虎の死を深く悲しんだ業は、虎の死骸を前にただただ縋り続けていた。 
そんな業の祈る様な姿はやがてダンゲ神に通じ、虎は新たに貧乳の美少女としての肉体を得て転生したのだ。 
虎の意識が復活した時、虎はかつて経験したことも無い穏やかな温もりの中に包まれていることを感じていた。 
目が覚めると、涙で顔をくしゃくしゃにした業が目の前にいた。 
その瞬間、虎は全てを悟り、そっと業の涙を舐め取って……、その後顔をぺろぺろしてあげた。


それが――、虎の新たな人生、新たな戦いの始まりの瞬間であった。

小説情報

一人ダンゲロスSS模擬戦

スカーレット(紅井 ファントム)  @scarletfine2

執筆状況
連載中
エピソード
2話
種類
トーク作品
ジャンル
日記・個人ブログ
タグ
総文字数
8,839文字
公開日
2017年11月27日 00:34
最終更新日
2017年11月27日 02:25
レビュー数
0

レビュー一覧

レビューはありません

作者プロフ

スカーレット(紅井 ファントム)  @scarletfine2

ダンゲロスプレーヤーです。
今カクヨムコンテスト3に参加しています。リンク先のURLに飛び、もしよろしければ読んでください。
カクヨム上でレビューなど貰えるととってもうれしいです!


・貧困で苦しむ魔法少女たちのためにできること
URL⇒https://kakuyomu.jp/works/1177354054884859921

魔法少女を職業にして頑張る女の子たちとのラブコメ風味な作品を目指しています。

この作者の他の作品

トーク作品

2017年11/26(月)22時開始のダンゲロスSS参戦準備のための模擬戦を個人的に行うページです。...

34|日記・個人ブログ|連載中|2話|8,839文字

2017年11月27日 02:25 更新

ページトップへ