トーク作品詳細

百球バリュー

47|現代ドラマ|連載中|1話|4,273文字

ヤンマガ漫画原作応募, 野球, 超人能力

3,161 views

『この百球を一番高く売る方法を考えよう』

 野球部の友人の付き合いで、冗談で神社で祈ったことが現実となり、時速300キロのボールを百球に限り、投げられるようになった、高校三年の平手カケル。

 能力発現の現場にいた、同級生で弱い野球部に所属している友人の依田は、部内で変なルールの紅白戦を行う変わった男。
 その依田は、唯一無二のこの力、むしろプロ野球に、独自の選手枠として獲ってもらえるのではないかと主張する。

 わけのわからない能力を高額現金化するそ!

もくじ

登場人物紹介

平手カケル
主人公。高校三年。目標は特になく、将来に漠然とした不安を持っている。

依田ヒデオ
高校三年。野球部。ほぼ甲子園には出られる可能性のない野球部の二番手ピッチャー。

小説情報

百球バリュー

@morino

執筆状況
連載中
エピソード
1話
種類
トーク作品
ジャンル
現代ドラマ
タグ
ヤンマガ漫画原作応募, 野球, 超人能力
総文字数
4,273文字
公開日
2017年07月10日 03:41
最終更新日
2017年07月10日 17:50
レビュー数
0

レビュー一覧

レビューはありません

作者プロフ

@morino

この作者の他の作品

テキスト作品

『クラスの女子がパンを増やしてます』...

77|学園|連載中|7話|14,932文字

2017年12月31日 02:08 更新

日常, 聖書ラノベ新人賞

トーク作品

『正社員は一般人の百倍、価値がある』 日本の正社員は超人化していた。 主人公の高梨はじめは、十年ニート中で現代の情報をシャットアウト中。 久しぶりに幼なじみの美晴に会ったのをきっかけに、正社員力、を知る。...

38|現代アクション|連載中|1話|4,719文字

2017年07月10日 20:50 更新

ヤンマガ漫画原作応募

トーク作品

『この百球を一番高く売る方法を考えよう』  野球部の友人の付き合いで、冗談で神社で祈ったことが現実となり、時速300キロのボールを百球に限り、投げられるようになった、高校三年の平手カケル。...

47|現代ドラマ|連載中|1話|4,273文字

2017年07月10日 17:50 更新

ヤンマガ漫画原作応募, 野球, 超人能力

トーク作品

『私の友だちは10分無敵』 一般的な女子高生である「私」と、エナジードリンクを飲むと十分間、超人的な身体能力を手に入れることができる体質の「エナ子」の、日常にちょっと非日常を入れたショートストーリーです。...

29|学園|連載中|1話|937文字

2017年07月10日 16:06 更新

ヤンマガ漫画原作応募, 日常, 学園

ページトップへ