トーク作品詳細

勇者として召喚されたけど女になっちゃったから魔王城目指す

えっ? じゃあしばらく待ったらぺたん娘ちゃんのぺったんこが膨らむ可能性が!?

104|ファンタジー|完結|33話|12,804文字

勇者, 魔王, 理不尽, ギャグ, TS, チート, ファンタジー, きゃらふと大賞

15,250 views

召喚陣のミスで女性になった主人公。
これ幸いと楽しんでいたら重大なことを知りあわてて魔王討伐を決意。

これは、ゲームみたいに最終決戦で魔王が勇者に倒されることが決まっていた(はずの)世界に召喚された主人公が、良くも悪くも悪くも悪くもその運命を壊しながら強引に突き進んでいく物語。

もくじ

登場人物紹介

「……いや、女同士だしコレくらいいいかなと」


ゆーしゃ様

本作の主人公

勇者召喚の影響で女になった元男

女になったことが原因(多分)であまり自重しなくなった変態


彼女いない歴=年齢で、なんとしても彼女がほしい人

そして、できた彼女は神様を敵にしても手放すつもりがない

「ちょ、何やってるんですか!?」


妖精

ゆーしゃ様を召喚した(女性にした)人で

彼に振り回される苦労人

召喚する人間自体を間違えたのではないかと悩み始めた


……のは世界の意思に操られていたことが原因。

本来の彼女自身はこの終わらないゲームから解放されることを望み、彼女の意思でゆーしゃ様を召喚した。

「ぜ、ぜったいゆるさないんだかりゃ!!」


魔王

本作のラスボス……じゃなかったっぽい

まだ生まれたばかりの魔王

それでも強いはずなのだが、勇者に挑むたびに「ぺしっ」とやられる。


魔王城で勇者と戦い、とどめを刺されるのが役割……のはずだったが、いろいろあって結局成し遂げられなかった。

けれど、一度でいいから誰かとお茶会してみたいという夢は叶えられた。


魔王らしく優雅で不敵にふるまおうとしているが、生まれたばかりなので根は純真無垢な子。

小説情報

勇者として召喚されたけど女になっちゃったから魔王城目指す

しゃりおっと  @shariotto

執筆状況
完結
エピソード
33話
種類
トーク作品
ジャンル
ファンタジー
タグ
勇者, 魔王, 理不尽, ギャグ, TS, チート, ファンタジー, きゃらふと大賞
総文字数
12,804文字
公開日
2017年08月09日 15:19
最終更新日
2017年09月01日 21:46
レビュー数
0

レビュー一覧

レビューはありません

作者プロフ

しゃりおっと  @shariotto

話を読み返しながら書かないと、自分が生み出したキャラクターの性格さえブレてしまうダメ作者
勢いで書き続けられる人が羨ましい

最近は何時に更新とか言えなくなってきた……

この作者の他の作品

トーク作品

魔界に迷い込んだ? 天使見習いのミレエルちゃん。 優しい? 悪魔さんが屋敷に住まわせてくれました。 ミレエルちゃんは恩返しにと家事などを手伝うことにしたのですが……...

860|ファンタジー|連載中|178話|64,221文字

2017年09月24日 20:15 更新

コメディー, ギャグ, 天使, 悪魔, ツッコミ, 苦労性

トーク作品

さよちゃんは明るくて元気な小学生。 人間なので、時々失敗したり間違えちゃったりすることも当然あります。 そんなときは、子供らしくごまかしたり隠そうとします。...

57|現代ドラマ|連載中|1話|1,089文字

2017年09月03日 20:38 更新

あほの子, 隠し事, 小学生, 姉妹, きゃらふと大賞, 日常, ギャグ, 短編

トーク作品

幼馴染からご飯の代わりだと「無理やり」渡された幸せの壺。 その中にはなぜか近所に住む女の子が入っていた。 これは、そのこと主人公がつむぐ一日だけの物語。

111|恋愛・ラブコメ|完結|14話|7,251文字

2017年09月14日 01:29 更新

恋愛, 黒歴史, 中学生, きゃらふと大賞

トーク作品

召喚陣のミスで女性になった主人公。 これ幸いと楽しんでいたら重大なことを知りあわてて魔王討伐を決意。...

104|ファンタジー|完結|33話|12,804文字

2017年09月01日 21:46 更新

勇者, 魔王, 理不尽, ギャグ, TS, チート, ファンタジー, きゃらふと大賞

トーク作品

私はあなたが好きです。 あなたを愛しています。 ―――――― ストーリーなどなく、ただただ女の子に『愛してる』と言われて癒されるためだけの小説……小説? 疲れた時や、何かに悩んでいる時にでもどうぞ...

58|恋愛・ラブコメ|連載中|1話|585文字

2017年08月07日 20:46 更新

きゃらふと大賞

ページトップへ