作品詳細

勇者の武器屋

まさか貴様ごとき小娘がこれほどの粘りを見せるとは思いもよらぬことだったぞ。我が魔境銀行への毎月の利払いも滞りなく行われているようだ。すぐにこの私に屈服すると高をくくっていたが、どうやらそれは訂正しなくてはならないらしい。

697|ファンタジー|連載中|44話|100,060文字

ファンタジー, 勇者

131,479 views

トークメーカー用として完全新作を書いてみます。
剣と魔法の世界を扱うのは初めてかもしれません。
定期的なアップを試みます。イラストレーターはOMGIMYさんです。
どうぞよろしくお願いします。

もくじ

登場人物紹介

勇者

剣技・魔力ともに秀でた有数の戦闘技術の持ち主。幼いころからその力は有名で、王国政府から懇願されて魔王討伐の旅に出た。
心優しく、単純な性格。誰に対しても丁寧で、魔王にすら謙虚な姿勢で臨む。

魔法使い

まだ年若いにもかかわらず、王国魔法協会で最高の魔力の持ち主。勇者を護衛するメンバーとして王国魔法協会から派遣され、最も早くからパーティーに参加した。ギャンブル好きで、大都市にくるとカジノに入り浸る。

僧侶

教皇庁の特殊工作員。教皇庁の思惑から勇者パーティーに派遣され、魔王軍攻略に参加している。
ゾンビ30体を同時召還し使役することができるほどの驚くべき魔法力を秘め、その実力は魔法使いを上回る。タイマン勝負でも、愛用の聖鉄製大型ジャッジガベルを振り回し、戦士を圧倒する実力をみせる。表向きは清楚な女性に見えるが、パーティー内での戦闘力は、実のところ僧侶が最も高い。

戦士

ツワモノ揃いのパーティーメンバーのなかで、唯一の庶民的能力。
苦学生で、生活費を稼ぐために、冒険者ギルドに所属して時々バイト活動をしていた。あるときダンジョンに挑む勇者パーティーにポーター(鞄持ち)として雇われる。最後に加わったメンバー。
正式には今でも冒険者バイトだが、数字や法律に強く、パーティーの知能を担っている。すでに古株になってしまっており、最後まで同行しそうな雰囲気である。

小説情報

勇者の武器屋

至道流星  @shidou

執筆状況
連載中
エピソード
44話
種類
作品
ジャンル
ファンタジー
タグ
ファンタジー, 勇者
総文字数
100,060文字
公開日
2016年12月01日 11:55
最終更新日
2017年02月01日 20:10
レビュー数
0

レビュー一覧

レビューはありません

作者プロフ

至道流星  @shidou

こんにちは、至道流星です。

ぼくのブログです。
http://shabelog.com/blog/shidou/

幾つかの作品が無料で公開されているので、よろしければどうぞ。
たとえばこちら、大日本サムライガール。
http://sai-zen-sen.jp/fictions/samuraigirl/

政治・経済・金融・社会・外交モノを中心に書きます。
自作にはかなりの頻度で極右や極左や超国家主義者や革命家が登場するのでよく誤解されますが、政治的主張は何もないです。生粋のビジネス人です。
 

この作者の他の作品

コラボ作品

日々の創作記録を付けましょう。 今日の自分の創作物の記録を淡々と報告する場所です。みなと創作記録を共有し、自分の創作の原動力としていきませんか。 誰でも参加自由、書式自由です。...

465|創作論・評論|連載中|13話|109,836文字

2017年08月19日 21:25 更新

創作記録

本作のタイトルを決めなくてはなりません! まだまだ続きますよ! 幾つかの作品が無料で公開されているので、よろしければどうぞ。 たとえばこちら、大日本サムライガール。...

1341|現代ドラマ|連載中|23話|102,033文字

2017年08月16日 21:24 更新

神さまシリーズ

コラボ作品

トップ級のクリエイターのお一人をお呼びします。...

274|創作論・評論|連載中|3話|27,032文字

2017年07月19日 13:17 更新

ゆうきゆう, 架神恭介, 至道流星, 座談会

コラボ作品

書き続けることができますか? 小説でも漫画でもブログでも、誰にも見向きされずとも、コツコツ書き続ける期間というのは誰にでもあります。 一向に成果があがらないことで焦ります。...

184|創作論・評論|連載中|3話|30,705文字

2017年06月21日 21:40 更新

ブログ, ヨス, 架神恭介, 至道流星, 座談会

コラボ作品

はじめまして、柏てんと申します。 今回は至道先生のお言葉に甘えて、恐れ多くも座談会をさせていただくことになりました。...

328|創作論・評論|完結|7話|55,819文字

2017年06月20日 20:51 更新

柏てん, ぷにちゃん, 甘沢林檎, 女性作家

ページトップへ