「BL」タグの作品

作品

※本作品は男性同士の恋愛を扱ったBL(ボーイズラブ)作品となります。 ■■■■■ きっとすぐ別れるさ。この店で知り合ったカップルはみんなそうだ。 そう言われて、3年。 ――まだ彼は、俺のそばに居てくれる。 ■■■■■ 本当にこれでいいの? 次の一年もまた、こんなぬるいセックスだけで満足できる? ザキさんとサヤ――矢崎一利と佐谷田和敏の〈ダブルカズトシ〉コンビは同居3年目を迎えようとしている恋人同士。 日勤のサラリーマンと夜勤メインのスイミングインストラクターという職業の違いから生活時間は多少ちぐはぐではあったが、行きつけのゲイバーの常連仲間にひやかされるほどの熱々ぶりは今も続いている。 だがふたりには心に秘めた重い秘密を互いに打ち明けられずにいた。 行きずりの相手として出会ってしまった6年前の背徳の一夜のこと。 そしてあのときの熱を、今も求め続けていることを……。 【社畜リーマン×脳筋ビッチ】 ※本作品は電子書籍として配信中の共幻あかつき文庫「嘘つきでごめん」のトークノベル版となります。

(春日のジンクス通り、2、3度寝て、ヤリ捨てられて終わりだろうって思ってた。それでもいいって……)

73|恋愛・ラブコメ|連載中|4話|15,332文字

2017年12月07日 00:58 更新

BL, BL, ボーイズラブ, 共幻社公式作品, リーマン, 競泳, スポーツクラブ, 過去, ゲイバー, 同居カップル, R-18

トーク作品

※ご注意下さい※BLです※男性同士の恋愛をテーマにしています。※ 以前ブログに掲載した小説をトーク作品にしてみました。

20|恋愛・ラブコメ|連載中|1話|3,725文字

2017年10月14日 22:16 更新

BL, ボーイズラブ, 美大生, R-18

トーク作品

昔書いたものが出てきたので出してみます。 たぶん雑誌JUNEに投稿していたときに書いたもののような気がします。 これは当時の私にしては比較的明るくて狂気度が少ないです。 あのときはジャンルが男同士の恋愛なんだからと「自分が男になった気持ち」を考え続けた結果「私がこの体系で顔で運動神経ないし頭もよくないし笑いのセンスもないし絶対にモテないし暗いし童貞のまま育って童貞で死ぬしもしかしてそれでも運が良く彼女でもできた日にはその人のことを女神とあがめたてて女神視するあまりすがりついたり引き留めるために暴力に及んだりして絶対に事件になりそうだし突き詰めると二十歳までのあいだに犯罪をおかしそうだし仕事できそうもないし成功もできないしだめだなにもかもきっとだめだけど自分で死ねもしなさそうなので優しく殺してくれとか注文つけて言い出してだけど殺されるときに相手を恨んだりして生涯友だちもできなさそうだしそんな自分も受け容れてくれる女神に会いたい女神いないと死ぬ」とありもしない自分の童貞の記憶になに考えても「女神くれ女神」に辿りつくのでその感情に押しつぶされて出てくるキャラ出てくるキャラみんな気がおかしくなってなにかしら作中で死体が出ていたような気がします。 もう私の心には童貞はいない!! JUNEに投稿しているあいだずーっと「私は女でよかった。女でよかった」と思ってましたしいまも女でよかったなあと思っています。 よかったよかった。 この話には明確なオチはないです!!  よ!!!!!

ひどい……。

311|学園|完結|14話|20,094文字

2017年05月03日 10:20 更新

佐々木禎子, BL

トーク作品

「花見の下見に来たっていうのに俺の顔ばかり見てどうするんだよ。だいたいお前が調子に乗って幹事なんか安請け合いするから、日曜だっていうのに俺まで朝っぱらからくそ寒い川っぺりを歩く羽目になったんだぞ」と、春木さんがさっきからずっと怒っている。ぷりっぷりだ。 春木さんは上司。だけど年下。そして可愛い。職場ではソフィスティケイトそのものなのに、プライベートではこんなに素直にむくれたり怒ったりするんだ。つまんないことで怒ったり愚痴ったりする彼を、俺は可愛いと思う。だって、彼のこんな子どもっぽい言動を知ってるのは俺だけだから。 今日だけ、今だけ、独占できる。春木さんと同じ会社に入社できてよかった。開発部に配属されてよかった、春木さんの下についてよかったと、心底思う。 俺にとってこれはただの花見の下見じゃなくて、初デート&お花見デート。このひとときを大事にしようと俺は思った。 ところが小一時間かけて場所を決め、「今日は早く帰って明日の早朝から俺、ここで場所取りしますよ」と言ったとたんに、春木さんの表情が変わった。どうしたんだ、春木さん……。

お前はな。会社にいるときもプライベートのときも態度変わんない、そこが腹たつ。俺なんか、今日はどんなに頑張って無理してるっつか、自分じゃないみたいな自分ていうか、いやホントはこういうの俺の本性なんだけど。頑張って頑張って自我剥き出し丸裸状態百パーなのに! 河津ははなんにも変化なくってノンシャランで、会社にいたときと同じ態度で。お前が優しいのはお前の性分で、俺だけに優しいわけじゃないの、わかってるけど!

264|恋愛・ラブコメ|完結|4話|5,461文字

2017年04月21日 17:22 更新

BL, 包容力攻, ツンデレ受, コメディ

その他の検索方法

新着レビュー

  • ノリが良いです

  • 書物のための書物

  • ドカベンのポテンシャル

  • なんで見出しなんて書かないといけないんだよ?

  • フレーズの語呂

  • ベルトコンベアーの上を全力疾走

  • 綱渡りのエンタメ

ページトップへ