「滝口流」タグの作品

作品

 以前トークメーカーで開かれ好評を博した「WEB小説を書籍化する方法」座談会。  その内容を実践した結果、拙作『異世界の果てで開拓ごはん!~座敷わらしと目指す快適スローライフ~』が11月10日に発売となりました。  それを受け、前回の座談会から新木伸先生、架神恭介先生をお迎えして以前の内容について再度検証したいと思います。  小説家になるチャンスは今、実際に目の前に転がっています。  あとは行動するかどうか、ただそれだけ。  そして今回の座談会では前回の結果を振り返りながらも、その中で話が及ばなかった「『次』に繋がる技術論」や「業界の世渡りの仕方」などの、実際に行動した後のことについてもお聞きしていきたいと思います。 ・内容(予定) ☆小説家になるのは簡単!? Web小説でデビューする方法 ☆はじめての書籍化・契約!? 出版業界のあれこれや気をつけるべきところ ☆書籍化はゴールじゃなくてスタートだ! 生き残りへの道! ------------------------- ■開催期間 ------------------------- 11月9日(木)21時~11月11日(土)22時 (※ユーザーの方々は9日22時以降にて発言自由です) ------------------------- ■パネリスト ------------------------- 新木伸(小説家) 架神恭介(作家、漫画原作者、ゲームデザイナー、サロンオーナー) 滝口流(新人作家・進行役) ------------------------- ■補足事項 ------------------------- 座談会パネリスト以外の参加者の方で、このコラボ作品に書き込むにあたっては、著作権の放棄を事前にご了解お願いします。内容を修正したりする可能性がある為です。

昨夜所用で来れなかったので、遅くなりました。>架神先生回答ありがとうございます!>新木先生期待を遥かに超えるほど丁寧に詳しく語っていただきありがとうございます。全てが参考になり、そこからの気づきもまた沢山ありました。>ポルノ小説がご本業のようですけど。>あちらの業界は、ノクターンからの引きあげとかはないんですか?ノクターンからジュブナイル・ポルノ(エロラノベ)既存レーベルへの引き上げは沢山ありますよ。ここ数年のトレンドのひとつだと思います。美少女文庫を始めとして、二次元ドリーム文庫、二次元ドリームノベルスなど、既存レーベルでもノクターンからの書籍化はあります。また、Webからの書籍化という観点で言うと、女性向けの場合は、ケータイ小説の書籍化の流れからなので、もしかすると男性向けポルノより歴史は古いかもしれません。女性向けは熟年層、若年層ともにWebからの書籍化はどちらも元気が良い印象。唯一「熟年男性層」向けポルノだけはWebからの書籍化が盛んではないように見えます。また、ノクターンからの引き上げをメインコンセプトにして創設されているレーベルも既存レーベルとは別にあります。これはどうも、ノクターン作品と、既存レーベルとではコンセプトが違うからではないかと思われます。分量については、ノクからの長編作品はちゃんと分けたり、ブ厚い一冊になって出されていますから、敬遠されることはないと思います。数百万文字ドバッと遠慮なく連載放流しちゃっていいのではないでしょうか。むしろ喜ばれるような気もします(笑)>編集者との共同作業でネタを作るから、いきなり完成品を持ちこむのは嫌われる。とか?「それは心配要らないんじゃないかなあ」という感触(むしろウェルカムな気もします)ですが、私もまだ経験が浅いので全てのレーベルでそうなのかは、なんとも言えません。>こういうやりかたなら、ノクターンでの連載からの、ポルノ書籍の道もあるよ――なんて情報がありましたら、お願いします。私個人がお仕事を通して得た感触としては「ノクターンで連載して人気作になること」それでいいと思います。つまり、新木先生がこの座談会や前の座談会で仰られているメソッドはそのままポルノ作品でも通用するのではないかと。企画書を提出しても、それが「ノクターン系レーベルに合わせたもの」ならば、「まずノクターンで連載してみて様子を見ましょう」という反応が返って来そうな。(新人ではなくネームバリューがある方だとまた違うとは思いますが)Webとは関係なく、書き下ろし作品の場合「編集者との共同作業でネタを作る」という部分、これは私に一般作品の方のお仕事経験がないので比較するのは難しいですね。新人である自分の場合、ネタそのものは作家が提案して、企画の段階でレーベルコンセプトやターゲットとする性的嗜好に合うように編集者さんがアドバイスして下さる感じの共同作業になっており、執筆後はそれほど改稿が発生したりはしない(趣味に走りすぎたときに正気に戻るよう言われるぐらい・笑)印象ですが……これは作家や編集者さんそれぞれで違うのかもしれません。例えば、トークメーカー様でも公開させて頂いている拙著『俺とエッチする権利書が出回ってラッキースケベが無双すぎる』は、アイデアからプロット、キャラ、プレイ内容までほとんど全て私の提案通りの形で執筆しています。タイトルも、巷で言われているように編集部の独断で決めるということもありません。最終決定は当然、クライアントである編集部様ですが、まずは合議をしてその上で決定しました。もしかすると一般に思われているほど、ポルノは作家が自由に書けないジャンルではないのかもしれません。(近年のエロラノベを見ても、どちらかと言えばフリーダムすぎる作家さんがいっぱいいますし^^;)ええと、どこまで言っていいか私も新人で判断が難しいので、ボカして書いた部分もあり、また断言できなくてごめんなさい。個人的に思う事としては、読者個々人の「性的嗜好」というのは男でも女でも保守的で狭量な側面が多分にあるので、「時代の流れ」+「譲れないフェチ」の両輪が大事になってくるのかもしれません。ノクタでも、「なろう!」の流れをくむ作品と、既存の実書籍レーベルを踏襲したフェチ系の作品があって、そのどちらもが書籍化を果たしているので。あ、そうだ。新木先生がPart6で述べられている「読者の高齢化」現象はジュブナイル・ポルノ(エロラノベ)にも当てはめて考えることができると思いますので、目指されている方は考慮にいれるといいかもです。大きく分けて「凌辱(ヒロンが無理やりされるH)」と「和姦(ヒロインと合意の上でのH)」がありますが「凌辱もの」の刊行点数ピークが2007年で、「和姦もの」が2013年(私の独自調査)。このタイムラグも興味深いです。この座談会の中で新木先生が紹介されている方法である「一定間隔をおいた二つの流行を観測すると、その先の未来も予測できる」を応用して「凌辱=竿役が積極的」から「和姦=竿役とヒロインの積極性がイーブン」という変化を見ると、「じゃあ、今のエロラノベの流行って何?」というのは掴みやすいのではないかと思います。(とはいえ、ポルノは時流とは別に「こだわりのフェチ」がどの時代であっても滅びることなく一定数あるジャンルではありますが)Webからの書籍化は先日、共幻社様の小説コンテストにて賞を頂いたトークノベル『星の王妃様』が初めてという私ですが、この作品のコンセプトは「恋人といっしょに読めるエロ小説」であり、今の流行りではなく、更に未来を見据えて……見据えすぎていて「オイオイオイ」というものなのですが――拾っていただけて良かった^^;私自身は、「作家になろう」と考えてから商業デビューまでに費やした原稿執筆時間は240時間(60万字)であり、日数にならすと1日8時間計算で約1か月。まずは出版社への直接投稿からという考えだったため、「Webからの書籍化」というデビュー戦略を検討する前に、デビューが果たせてしまいました。(最初の書籍出版までは更に書き下ろし20万字分足して80万字、320時間ですね)でも、結局は同じことなのだと思います。「デビューのためのメソッド」を自分なりに持って、あとはとにかくそのメソッドに沿って「間を置かずに書きまくる」ことが短時間デビューの秘訣なのではないでしょうか。(そしてWebからデビュー・書籍化を狙ったほうが確実に早い)なので、この座談会で紹介された滝口先生の実践にはとても共感を覚えました。また、ご友人の方のアシストも見過ごせない部分だと思います。私にも支えてくれた友達の存在がありました。そして……「ここからが地獄」。ホント、その通りですよね(笑)それでは、とても有意義なお話を伺えました。参加者の皆さま、パネリストの先生方、そして主催の滝口先生にお礼を!またどこかで~♪

191|創作論・評論|連載中|7話|80,526文字

2017年11月12日 20:21 更新

オンライン座談会, 新木伸, 架神恭介, 滝口流

対戦型リアルタイム執筆イベント、ダンゲロスSSの会場です。 <ダンゲロスとは?> 「妄想を他人に強要する」能力を持った魔人たちが存在する世界。 手からビームが出る妄想をしてると手からビームが出るようになる。 大体、中学二年生くらいに魔人になるぞ。 ダンゲロスワールドは漫画・小説・ゲームなどで多方面に展開中! <競技者> ・架神恭介 作家。漫画原作者。『戦闘破壊学園ダンゲロス』『仁義なきキリスト教史』『よいこの君主論』など。現在、トークメーカーにて『神さまとクソゲーと説明書』連載中。ダンゲロスボードゲームも作ってる。 ・滝口流 物語とゲームが好きでいろいろ影響を受けやすい一般人。 持ち前の影響の受けやすさから最近小説家になろうに投稿を始めた。 全ての作家たちを血祭りにあげるのが夢。 <スケジュール> 21:00~21:30 挨拶や簡単なルール説明、互いのキャラクター紹介など 21:30~22:30 執筆開始 22:30~23:00 感想戦 <ルール> ・21時の段階で、競技者二人がお互いに考えてきたキャラクターを発表します。 ・21時半から1時間で、二人がそれぞれ「自分のキャラが相手のキャラに勝つショートストーリー(SS)」を大急ぎで執筆します。 ・観客の皆さんは「登場人物」や「好きなセリフ」に☆を入れて下さい。 ・最終的に「☆の多かった登場人物を作ったプレイヤー」「☆の一番多かったセリフを書いたプレイヤー」で勝敗が決まります。(キャラ投票・セリフ投票・コラボ作品への書き込みには会員登録が必要なので、お手数ですが観客の皆様は登録お願いします) <補足> ・今回発表された2キャラクターは競技者両名、それぞれ自分の作品の中で使用する権利を得ます。 ・今回執筆された両者のショートストーリーの出版権は(いちおう)架神恭介のものとします。(この辺は今後いろいろ考えていきますが、とりあえず今回は便宜的にそうしておきます)

代弁ちゃんカワイイ……

126|現代アクション|連載中|4話|13,436文字

2017年04月10日 01:15 更新

架神恭介, 滝口流, ダンゲロス, SS, イベント, リアルタイム執筆, 対決

対戦型リアルタイム執筆イベント、ダンゲロスSSの会場です。 <ダンゲロスとは?> 「妄想を他人に強要する」能力を持った魔人たちが存在する世界。 手からビームが出る妄想をしてると手からビームが出るようになる。 大体、中学二年生くらいに魔人になるぞ。 ダンゲロスワールドは漫画・小説・ゲームなどで多方面に展開中! <競技者> ・兜海老 甲殻類。サラリーを喰らって生きるプロのサラリーマン。 キーボードを打つことに快楽を覚える。 話作りは当然の如く生粋のド素人。報告書作成はまずまずのベテランと言っても過言ではない。 PBW 経験あり。 思考能力の柔軟性・瞬発力を高めるがため参戦希望。 ダンゲロスは漫画の2作を読んだだけのビギナー・ダンゲリスト。 ・滝口流 物語とゲームが好きでいろいろ影響を受けやすい一般人。 持ち前の影響の受けやすさから最近小説家になろうに投稿を始めた。 全ての作家たちを血祭りにあげるのが夢。   <スケジュール> 22:00~22:30 挨拶や簡単なルール説明、互いのキャラクター紹介など 22:30~23:30 執筆開始 23:30~24:00 感想戦 <ルール> ・22時の段階で、競技者二人がお互いに考えてきたキャラクターを発表します。 ・22時半から1時間で、二人がそれぞれ「自分のキャラが相手のキャラに勝つショートストーリー(SS)」を大急ぎで執筆します。 ・観客の皆さんは「登場人物」や「好きなセリフ」に☆を入れて下さい。 ・最終的に「☆の多かった登場人物を作ったプレイヤー」「☆の一番多かったセリフを書いたプレイヤー」で勝敗が決まります。(キャラ投票・セリフ投票・コラボ作品への書き込みには会員登録が必要なので、お手数ですが観客の皆様は登録お願いします) <補足> ・今回発表された2キャラクターは競技者両名、それぞれ自分の作品の中で使用する権利を得ます。 ・今回執筆された両者のショートストーリーの出版権は(いちおう)架神恭介のものとします。(この辺は今後いろいろ考えていきますが、とりあえず今回は便宜的にそうしておきます)

ファーハッハッハッ!馬鹿め! 俺がなぜここに陣取っていたのかすらも知らずに来たのか!この公園は隣に墓地が併設されているのだ!無限のゾンビ達に押しつぶされるが良いわー!

76|現代アクション|連載中|4話|11,626文字

2017年04月02日 09:59 更新

滝口流, 兜海老, ダンゲロス, SS, イベント, 対決, リアルタイム執筆

セリフ:滝口流 ストーリー:滝口流 滝口流さんの勝ち! <競技者> ・滝口流 ダンゲロスSS第五回勝利 キャラ名:サバンナすずめ http://talkmaker.com/works/64881240ac87c9a0327294246224af75.html 漫画やゲーム、TRPG等が好きな一般人。能力バトルやSFが好き。 いつかこの世の作家達を倒す日を夢見ている。 ・岡田拓也 年齢:27歳 学歴:大阪芸術大学映像学科卒 自己PR:はじめまして、岡田拓也と申します。作家になるのを夢見てますが、今まで何もしていなかったので、このダンゲロスSSを切り口に本格的に活動していこうと思っております。初心者未満ですが頑張りますので何卒宜しくお願い致します!     <スケジュール> 22:00~22:30 挨拶や簡単なルール説明、互いのキャラクター紹介など 22:30~23:30 執筆開始 23:30~24:00 感想戦 <ルール> ・22時の段階で、競技者二人がお互いに考えてきたキャラクターを発表します。 ・22時半から1時間で、二人がそれぞれ「自分のキャラが相手のキャラに勝つショートストーリー(SS)」を大急ぎで執筆します。 ・観客の皆さんは「登場人物」や「好きなセリフ」に☆を入れて下さい。 ・最終的に「☆の多かった登場人物を作ったプレイヤー」「☆の一番多かったセリフを書いたプレイヤー」で勝敗が決まります。(キャラ投票・セリフ投票・コラボ作品への書き込みには会員登録が必要なので、お手数ですが観客の皆様は登録お願いします) <補足> ・今回発表された2キャラクターは競技者両名、それぞれ自分の作品の中で使用する権利を得ます。 ・今回執筆された両者のショートストーリーの出版権は(いちおう)架神恭介のものとします。(この辺は今後いろいろ考えていきますが、とりあえず今回は便宜的にそうしておきます)

バトルっていうか、ただの両思いのヤリチンとビッチが放課後にイチャってるだけじゃねーか!!!>sonnakonnade428

135|現代アクション|連載中|4話|10,228文字

2017年03月06日 00:24 更新

ダンゲロス, ダンゲロスSS, リアルタイム執筆, イベント, 滝口流, 岡田拓也

【結果】 セリフ:同点 キャラクター:滝口流 滝口さんのかち!!! <競技者>   ・ぺんさん (過去の戦歴) ダンゲロスSS2 http://www4.atwiki.jp/dangerousss2/ キャラクター:天地信吾で参加、一回戦敗退。試合表:http://www4.atwiki.jp/dangerousss2/pages/53.html ダンゲロスSS3 http://www49.atwiki.jp/dangerousss3/pages/63.html キャラクター:猪狩誠で参加(共著)、二回戦敗退。一回戦: http://www49.atwiki.jp/dangerousss3/pages/97.html  二回戦: http://www49.atwiki.jp/dangerousss3/pages/172.html ダンゲロスSS4 http://www60.atwiki.jp/dangerousss4/ キャラクター:時ヶ峰健一で参加、二回戦敗退。一回戦:http://www60.atwiki.jp/dangerousss4/pages/143.html 二回戦:http://www60.atwiki.jp/dangerousss4/pages/254.html ダンゲロスSSDM2 http://www65.atwiki.jp/ssdmset2/ キャラクター:はかいしんで参加、敗退。MVP獲得。試合:http://www65.atwiki.jp/ssdmset2/pages/89.html MVP投票結果:http://www65.atwiki.jp/ssdmset2/pages/127.html ・滝口流 漫画やゲーム、TRPG等が好きで、通常の「ダンゲロス」のゲームもプレイ経験のある一般人。 「ジョジョの奇妙な冒険」や「ハンター×ハン ター」といった能力バトル物、 また「攻殻機動隊」や「シュタインズゲート」等の近未来チックな物も好き。 最近はソシャゲにハマっている。     <スケジュール> 22:00~22:30 挨拶や簡単なルール説明、互いのキャラクター紹介など 22:30~23:30 執筆開始 23:30~24:00 感想戦 <ルール> ・22時の段階で、ぺんさん、滝口流がお互いに考えてきたキャラクターを発表します。 ・22時半から1時間で、二人がそれぞれ「自分のキャラが相手のキャラに勝つショートストーリー(SS)」を大急ぎで執筆します。 ・観客の皆さんは「登場人物」や「好きなセリフ」に☆を入れて下さい。 ・最終的に「☆の多かった登場人物を作ったプレイヤー」「☆の一番多かったセリフを書いたプレイヤー」で勝敗が決まります。(キャラ投票・セリフ投票・コラボ作品への書き込みには会員登録が必要なので、お手数ですが観客の皆様は登録お願いします) <補足> ・今回発表された2キャラクターはぺんさん、滝口流、それぞれ自分の作品の中で使用する権利を得ます。 ・今回執筆された両者のショートストーリーの出版権は(いちおう)架神恭介のものとします。(この辺は今後いろいろ考えていきますが、とりあえず今回は便宜的にそうしておきます)

俺は情報収集を欠かさない男……!ペンさんがツイッターで「もし卵の殻で相手の頭をブチ割る人だったらどうしよう」と呟いたのを監視していた……!つまりこれで精神的優位に立てた事は間違いない!

135|現代アクション|連載中|4話|17,897文字

2017年02月19日 00:41 更新

ダンゲロスSS, リアルタイム執筆, ダンゲロス, 滝口流, ぺんさん

その他の検索方法

新着レビュー

  • もしドラみたいで面白そう

  • ノリが良いです

  • 書物のための書物

  • ドカベンのポテンシャル

  • なんで見出しなんて書かないといけないんだよ?

  • フレーズの語呂

  • ベルトコンベアーの上を全力疾走

ページトップへ