「エッセイ」タグの作品

作品

トーク作品

これらの掌篇は死者のための小説、かもしれません。 もともとお話、というものは、死者の鎮魂のために語られるものだったのかなぁ、などと思うことしばしば。あくまでも個人の偏屈な考えにすぎませんが。 なので亡くなった方にこそ、聴かせてあげたい怪談とか、童話があると勝手に思っているのです。 というわけで、読み切りの掌篇集を編むことにしました。少しづつ、無理しないペースでみずからの魂が納得できることのみを探究します。 それぞれのエピソードを、金羊毛をもとめて出帆するアルゴ号のクルーにたとえました。『掌篇の小さな函』とでもすべきタイトルを、敢えて奇を衒い、『アルゴナウタイ』としました。乗組員たち(各エピソード)の、短くもささやかな冒険をお愉しみください。 そしてこれらは、作者個人の独善的な妄想、中二病的な実験小説、エッセイめいた夢語りにすぎません。 --が、あなた様(この世にいない人ふくむ)のこころを少しでも潤す、神秘のネクタル(nectar)たらんことを祈り、筆をすすめることに致します。 では、黄昏の国にむけ、わが心のイアソンとともにアルゴ号を出発させましょう。 ※各エピソードごとに、それぞれ読み切りの独立したお話となっています。 ※イラストはすべて『イラストAC』からお借りしています。

45|ファンタジー|連載中|3話|5,652文字

2018年01月07日 11:23 更新

ホラー, 掌篇, 幽霊, 日常, SF, 実験小説, エッセイ, 幻想, 怪奇, やや実話

トーク作品

トークメーカーの作品カテゴリに「日記・個人ブログ」があったので活用してみるテスト。 <筆者> 場末太郎 http://talkmaker.com/author/tal_arc/

更新情報

53|日記・個人ブログ|連載中|7話|8,868文字

2017年11月20日 21:22 更新

日記, 個人ブログ, エッセイ

『あの頃の埋め立て地は、潮と重油の香りがしていた。』 筆者が幼少期に暮らした、東京都湾岸地域の晴海や、その周辺の、まだ名も無き埋め立て地の思い出を語る。

57|日記・個人ブログ|完結|4話|2,634文字

2017年06月27日 23:15 更新

エッセイ, ノスタルジー, 晴海, 豊洲, 有明, 東雲, 台場, 月島, 昭和, 港湾, 宇宙博

その他の検索方法

新着レビュー

  • まさかそうくるとは…

  • 満を持してのラスボス

  • 計算? 天然? まちがった方向にSNSを使いこなすJK!!

  • もしドラみたいで面白そう

  • ノリが良いです

  • 書物のための書物

  • ドカベンのポテンシャル

ページトップへ