「日常」タグの作品

作品

23年間、雨のなかで生きてきた彼。真夏に謎の〝ミイラ病〟にかかる彼女。2人は出会い、なぜか一緒に〝放浪生活〟をし始めて――。『日常に、ほんの少しの聖書』シリーズ。 〝日々これハランバンジョー〟な虹子(にじこ)は横浜生まれの横浜育ち、都内へ通勤している現在も山手に部屋を借りて住んでいる。毎年7~8月は地獄のミイラ月間だ。謎の病気(?)で顔がすっかり変わってしまう。5年前、はじめてそうなったときはうろたえた。だけどもう〝受容〟して「2か月経てば元に戻るし、人は見かけじゃないのだし、これはこれで気楽だし!」と強がって生きている。でも孤独でないわけがない。真夏の都心・青山通りでその男、驟(しゅう)と出会い、虹子の心は揺れ始める。驟は究極の雨男。デイパックひとつで放浪し「23年間、雨のなかで生きてきた」と、いともあっさり言うけれど、どうしてそんなに軽やかに、すべてを許すことができるのだろう? 6歳も年下の驟と放浪暮らしをするうちに、虹子の心は癒されていく。しかし顔が治り始めると、2人の関係は翳り始め、虹子が〝絶世の美女〟に戻ったある日、驟はくたびれた聖書を置いて部屋を出て行った――。ひとりになった虹子は? 聖書引用は『第Ⅳ章 凍雨(とうう)』にて、詩篇84:6-7。

25|現代ドラマ|連載中|13話|23,557文字

2018年01月22日 00:54 更新

聖書ラノベ新人賞, 恋愛, ちょっとファンタジー, 日常, ほのぼの, シリアス, ライト文芸, 大人のラノベ, キリスト教, 聖書

ここは魔王城。魔王の住居であり、魔王軍の本拠地である。現魔王は女性初、しかも9歳の若さで即位した魔王である。その幼くて可愛らしい容姿から、部下は親しみを込めて「魔王ちゃん」と呼んでいる。 さて、そんな年頃の魔王ちゃんにも悩みがある。 それは……『アレ』を持て余しているということ。 直球コメディーとなぞなぞをお楽しみください。 ※なぞなぞに挑むロリ魔王ちゃんと、彼女をいじり倒す使い魔の会話劇です。 ※どこから読んでも大丈夫!

また見てなのじゃ!

193|その他|連載中|14話|11,313文字

2018年01月19日 18:51 更新

ロリ魔王, なぞなぞ, ギャグ, コメディ, 会話劇, ほのぼの, 日常, すぐいじる, 幼女

トーク作品

はじめまして、斗夢蒼也と申します(^o^) トークメーカー面白そうなので試しに作ってみようと思います。 内容は家族との日常会話です。

20|日記・個人ブログ|連載中|3話|538文字

2018年01月20日 18:48 更新

日記, 日常, 家族

【聖書四コマ大賞応募作】 キリスト教×伝説の怪物たち!? 「えっ……?ミイラ男とか鬼とかが祈ったり聖書読んだりしてるの?マジ??」 マジなんです。 既に公開中のトークノベル『Predestination -Living Dead's Life 0-1-』の、本編がついに来た! 本編はなんと日常ギャグ四コマ!! 【ヴァンパイアの館】ってどんなところ?――え!?キリスト教主義に基づいた支援施設!? 『Predestination』では語られなかった【ヴァンパイアの館】の日常を大公開! 「え待って無理ツッコミ追いつかない……」 と、【館】の新メンバー・義隆も困っちゃうぐらい個性豊かな怪物たちの私生活、とくとご覧あれ! ……といった感じの四コマ集(になる予定)です。 二話以降はアナログネームになる可能性大…… 週一更新目指します。『Predestination』も完結させます……((

42|社会・思想|連載中|1話|540文字

2018年01月15日 01:38 更新

聖書マンガ大賞, 4コマ漫画, 漫画, 日常, ほのぼの, ギャグ, キリスト教, ファンタジー, ネーム, 吸血鬼

トーク作品

これらの掌篇は死者のための小説、かもしれません。 もともとお話、というものは、死者の鎮魂のために語られるものだったのかなぁ、などと思うことしばしば。あくまでも個人の偏屈な考えにすぎませんが。 なので亡くなった方にこそ、聴かせてあげたい怪談とか、童話があると勝手に思っているのです。 というわけで、読み切りの掌篇集を編むことにしました。少しづつ、無理しないペースでみずからの魂が納得できることのみを探究します。 それぞれのエピソードを、金羊毛をもとめて出帆するアルゴ号のクルーにたとえました。『掌篇の小さな函』とでもすべきタイトルを、敢えて奇を衒い、『アルゴナウタイ』としました。乗組員たち(各エピソード)の、短くもささやかな冒険をお愉しみください。 そしてこれらは、作者個人の独善的な妄想、中二病的な実験小説、エッセイめいた夢語りにすぎません。 --が、あなた様(この世にいない人ふくむ)のこころを少しでも潤す、神秘のネクタル(nectar)たらんことを祈り、筆をすすめることに致します。 では、黄昏の国にむけ、わが心のイアソンとともにアルゴ号を出発させましょう。 ※各エピソードごとに、それぞれ読み切りの独立したお話となっています。 ※イラストはすべて『イラストAC』からお借りしています。

45|ファンタジー|連載中|3話|5,652文字

2018年01月07日 11:23 更新

ホラー, 掌篇, 幽霊, 日常, SF, 実験小説, エッセイ, 幻想, 怪奇, やや実話

だからクリスチャンは厭なんだ! と俺は思っていた。『橋で祈る ~夜の底を流れるもの~』姉妹編  クリスチャンだった母が死ぬ。末期がんらしい。俺は無宗教を通してきた。妹・瑠都(るつ)はクリスチャンで、俺たちは母・花菜(はんな)の治療法や、最後の日々を過ごさせる環境について意見が割れた。面倒なことに俺は教会へ呼び出される。子どもの頃から教会の人――とくに婦人たち――が苦手だった。案の定、取り囲まれて困っていたとき、最近教会に来ているというノンクリスチャンの男・野々辺に助けられる。野々辺は瑠都の中学時代の同級生(俺にとっても後輩)で、自分の母の死に遺恨を抱えており、瑠都と俺の間で気を遣ってくれるのだが、人の心はすれ違い、事態はだれ一人納得できない方向へ流れてしまう。母の死後、俺は野々辺からある手紙を渡されて――。「いまさら心の向きを変えるとか、そう簡単にできるものじゃない。だけど」俺に訪れた変化とは? 聖書引用は12話にて、第1コリント16:22。

25|現代ドラマ|完結|12話|21,396文字

2018年01月22日 22:29 更新

聖書ラノベ新人賞, キリスト教, 教会, 現代, 日常, シリアス, 聖書, 大人のラノベ, ライト文芸

ささやかな出会いが、沈んだ心を再生させる。 「オレだって、親なし、金なし、正規雇用の職はなしで、けっこうないものずくめだよ」と、その青年(?)は笑った。的場礼(まとば・れい)、鼻にかかったハスキーボイスで、乃々花(ののか)と同じバイト先のパン屋では、パートのおばちゃんたちの人気者――。その日、乃々花ははじめて“橋”を渡ってみた。「この世界のどこにも自分の居場所なんてないんじゃないか」そんな気持ちに追い立てられ、人生の道を見失い、現実から逃げるように。そこで目にしたのは、川べりの広場でアコースティックギターを弾きながら、讃美歌を歌い上げる礼の姿。礼は車椅子の祖母・愛子に育てられた。愛子も礼もプロテスタントのクリスチャンだという。どうしても自宅に帰りたくない乃々花はその夜、礼の家に泊めてもらうことになり――。生きにくい“普通の日常”を生きながら、居場所を失い窒息しそうになっていた野々辺(ののべ)乃々花の、ささやかな再生の物語。聖書引用は9話にて、へブル11:1。 ※姉妹編に『惑う人びと ~オン・ザ・ウェイ~』。

25|現代ドラマ|完結|9話|26,618文字

2018年01月21日 14:08 更新

聖書ラノベ新人賞, キリスト教, 教会, 現代, 日常, ほのぼの, 聖書, 大人のラノベ, ライト文芸

〈それ〉は視た。故郷に降りかかる十の災厄、吹き荒れる風、そして、―― ミイラ男のアルフレッド(通称:フレディ)は、怪物保護支援施設《ヴァンパイアの館》で暮らしている。スタッフである吸血鬼のアルカード卿を初めとする七人の同居人たちと、なんやかんやとてんやわんやで楽しい日々を送っていた。 が、あるとき彼は気付く。 「……覚えて、ない」 そう、彼には生前の記憶がなかったのだ。 どうして彼は全てを忘れたのか。どうして彼は死してなお生き、この世に身をとどめ続けているのか。どうして生き続けるのか。彼の切なる問いに答え得る、唯一のものとは―― とある「生ける屍」の記憶を巡る、時を超えた物語。

結論から申し上げます。生前のアナタは、恐らく――――

211|ファンタジー|連載中|13話|24,340文字

2018年01月23日 00:26 更新

聖書ラノベ新人賞, 日常, ファンタジー, コメディ, シリアス, 聖書, 妖怪, 怪物, ライトノベル, キリスト教, 旧約聖書, 吸血鬼

ライトノベル作家アイドル。それは、ライトノベル作家のあたらしい形。 いまや、ライトノベル作家は小説を書けばいいだけではなくなった。握手会やライブ、テレビ出演にラジオ、時にはフリップ芸だって披露してみせる。 現役女子高生ラノベ作家アイドルである橘たたらは、そんなさった業界で今日も生きていく! 目指せ、武道館っ!!

7|その他|連載中|0話|0文字

更新

ライトノベル, アイドル, ライトノベル作家, 女子高生, 日常, ラノベ作家アイドル

宇宙が打ち寄せてくるような神秘的なミドリの瞳、そしてとっても愛らしい風貌。なのにサカナという名前の女の子は、いっつも頬っぺたをふくらませ、怒ってばかりいた。 サカナこと伊藤咲花菜と、小学生の「ぼく」米田コースケは、腐れ縁なのか、教室で席替えをしてもきまってとなり同士になってしまう。でもとなりの席にいるからといって、仲良しになれるわけでもなくって。サカナと「ぼく」は満足に会話をかわしたことがなかった。 それがある日、ひょんなことがキッカケとなって、ふたりは急接近することに。 お花の刺繍がされたブックカバー、中学生の女の子みたいな先生、翼を生やした女の人たち、そして「ぼく」の飼い犬の「ノノ」がふたりのあいだをとり持ちます。 現実世界が舞台となった、すこし幻想的で童話ふうなお話。 さて、サカナと「ぼく」は仲良しのお友だちになれるのでしょうか!? ※『小説家になろう』に投稿した掌編と同一のものです。 ※タイトルのイラストは『イラストAC』からお借りしました。

63|現代ドラマ|完結|8話|10,739文字

2017年12月29日 09:51 更新

童話, 幻想, 日常, ほのぼの, きゃらふと大賞2

現代社会で社会人生活を始めたばかりの青年が、突然異世界に召喚されました。 すぐには保護されなかったため、死ぬ寸前まで追い込まれましたが、死ぬ直前で国に保護さました。 目が覚めた後で、彼は現状を確認します。 二重音声のように聞こえて煩わしいものの、会話などには支障がないようです。 異世界はお話によくあるような剣と魔法の世界であり、文明は彼の世界には遠く及びません。 チートと呼ばれるほどの能力はないものの、少なくともそれなりに頑健な肉体になっていました。 便利な現代社会の暮らしに慣れきっていた彼は、ここで暮らすのは面倒そうだと考えたものの、今更帰ったところでレールから外れてしまった自分は元の生活に戻ることは難しいと判断します。 結論が出れば、あとは動くだけです。 彼は自分の状況の許す限り、必要な経験や知識を得るための行動を始めます。 ※なろう/pixivにあげている分をぼちぼち転載してるだけです。  既投稿分に追いついたので更新は不定期になります。 ※読む人によっては不快感等を感じる場合のある描写が含まれます。

78|ファンタジー|連載中|46話|158,188文字

2018年01月05日 00:15 更新

日常, ファンタジー, 勇者, 魔法, 異世界, 異世界転移, 青年

『聖書はツッコミどころ満載……なのにハマる?』 白兎のシロウは気づいてしまった。世界的ベストセラーの聖書は、思ってたほど万人受けしそうな本じゃないことに……聖書のツッコミどころをつぶやいていくウサギたちの日常をご覧あれ。 (こちらのネームは、「4コマ漫画メーカー」を使用したものです。聖書マンガ大賞応募作品。)

156|現代ドラマ|連載中|57話|17,014文字

2018年01月10日 15:08 更新

聖書マンガ大賞, 4コマ漫画, ネーム, コメディ, 日常, ほのぼの, #4コマ漫画メーカー

「知力(INT)は捨てた、もう無い。あるのは筋力値(ATK)のみ!」  唯一の趣味である筋トレで手に入れた努力チート。魔王を倒し、世界を救ってもなお、その限界は訪れない。元OL「クスノキ」の脳筋異世界復興が幕を開ける――!?  ダークファンタジーパワーコメディ!!!! ここに爆誕!!!! 「私は、この異世界を理想の世界に創り変える! 拳でな!」  魔王の子と、国王の子。立場の違う二人と冒険して、この異世界の隠された秘密を暴き、世の中の「不具合」を修正していく。 ※そんな話ではありません。絶望的な世界観を、バカ達(主にクスノキ)が面白可笑しく騒ぐ話です。  週2~3回程に更新出来ればと考えています。

ただの元OL魔法剣士(物理)だ。筋トレが趣味のな!大気中のマナを圧縮、開放――揮え我が四肢よ五臓六腑よ!七罪……八頭……九界……

83|ファンタジー|連載中|2話|3,265文字

2017年12月20日 12:03 更新

ファンタジー, 日常, ギャグ, 異世界転生, 女主人公, 脳筋

トーク作品

雪ヶ谷 田奈(ゆきがや たな)と宮崎 青葉(みやざき あおば)の二人が送る、ちょっとえっちでまったりな同棲百合ラブコメです。

25|恋愛・ラブコメ|連載中|1話|1,254文字

2017年12月17日 02:39 更新

ラブコメ, 百合, オリジナル, 日常, 共幻コン

世間は長期休みに入っていた。 暇を持て余している茂夏は、 女友達であり恐怖の対象、恵美の紹介で 『アンダーブレイク』というMMORPGをプレイすることになった。 しかし、そのゲームは、茂夏が思っていたような よくあるMMORPGの域を遥かに超えていた。 悪い意味で。 色々と悪い意味で。 ――――ここから追記―――― 12/15日になっさんの姿を更新。

42|ファンタジー|連載中|17話|18,981文字

2017年12月16日 20:02 更新

ゲーム, 日常, ネットゲーム, MMO, RPG, 恋愛, 共幻コン, コメディ

★共幻社ライトノベルコンテスト、銅賞受賞作品です★ 「僕は多分、名前で損してる」 名前で暗いと思われがちな日陰くん。 会社の冷酷な後輩、鮫岡さん。 同居人でYoutuber、凪島さん。 完璧な市役所職員、大依さん。 幼馴染の中華料理屋店主、北風さん。 そんな人達が住んでいるまばたき市。その、ほどよく騒がしい日常を描く。

はい日陰くん、これ今日のパチスロ代。

283|現代ドラマ|連載中|28話|38,797文字

2017年12月29日 23:03 更新

ほのぼの, まったり, 会話劇, 仕事, 日常, 駄弁り, コメディ, 恋愛, ネット社会, 先輩, 後輩, 共幻コン

北見 春川 戸舘の三人は人生に何の谷も山もない平坦な人生を歩んでいた。 彼らは親友で、協力して小説投稿サイトに一本の小説を投稿した。 しかし、その小説通りに校内で事件が起きる。 当初、自殺だと思われていた女子高生の死に浮かび上がる謎。 犯人は一体誰なのか……小説を書いていた三人に疑惑の目が向けられる。 三人の執筆家は真犯人を暴くことは出来るのか、青春サスペンス開幕。

「よし。とりあえず。いい案がある。ここから俺達の反撃だ」

218|学園|完結|28話|30,978文字

2017年11月26日 11:33 更新

ミステリー, 高校生, サスペンス, 探偵, 小説, 青春, スクールカースト, 日常

「え…また俺の作品、また打ち切りですか…?」 憧れのラノベ作家になってから5年。25歳独身の「九ノ瀬利家」は10度目の作品の打ち切りをくらい、憂き目に遭っていた。 次の作品がもしも売れなかったら編集部から切ると言われてしまい、焦りを感じた利家はある日有名高校生イラストレーター「まつ」の存在を知るが… 不人気ラノベ作家と人気イラストレーターによる作家コメディ、ここに見参!

72|恋愛・ラブコメ|連載中|4話|11,613文字

2017年12月09日 18:43 更新

ゴマブックス新人賞, ライトノベル, コメディ, 日常, ラブコメ, 編集部, ヒューマンドラマ

『クラスの女子がパンを増やしてます』 高校に入学して、まだなじめていない岩本孝宏は、ある日弁当を忘れてしまった。ひっそりお腹をすかせていると、家須さんという目立たない女子がパンをわけてくれたのだが、そのとき孝宏の目の前で、一個のバターロールが三個に増えた。 イエスのようでイエスでない、ちょっとイエスな家須さんとの関わりの中で、イエスキリスト知識がすこしずつ増える話です。

77|学園|連載中|7話|14,932文字

2017年12月31日 02:08 更新

日常, 聖書ラノベ新人賞

あるおとぎの世界のお話。 凶暴な魔物が蔓延るこの世界は、 毒をもって毒を制すの精神で、人間は儀式で召喚した魔物を使役することで、 凶暴な魔物達に立ち向かっていた。 ここは魔物使いを育成する女子学園。 ブリーダーと呼ばれる彼女達は、 入学してから1ヶ月後に自分の相棒となる魔物を召喚することになる。 ピチピチの15歳、ミリリ・アルベールはわりと中ニ病な感じの女の子。 張り切って自分の相棒となるサーヴァントを召喚するが 出てきたのは茶色い何かであった。

60|ファンタジー|連載中|15話|23,123文字

2017年12月08日 22:23 更新

日常, ギャグ, コメディ, 学園, 高校生, 魔物, キャラ, きゃらふと大賞2

その他の検索方法

新着レビュー

  • 名匠の逸品

  • こんなお伽噺ってアリ!?

  • まさかそうくるとは…

  • 満を持してのラスボス

  • 計算? 天然? まちがった方向にSNSを使いこなすJK!!

  • もしドラみたいで面白そう

  • ノリが良いです

ページトップへ