「架神恭介」タグの作品

作品

こちらの第二回公開オンライン座談会『クリエイターのサバイバル論』は無事に開催終了いたしました。多数の方のご来訪に感謝します。 この第二回座談会は、大幅加筆・編集のうえで、電子書籍『小説家になるな! クリエイターのサバイバル論』としてキンドルより刊行中です。 https://www.amazon.co.jp/dp/B06XMYHF8D/ref=sr_1_2?s=books&ie=UTF8&qid=1487820793&sr=1-2&keywords=%E5%B0%8F%E8%AA%AC%E5%AE%B6%E3%81%AB%E3%81%AA%E3%82%8B%E3%81%AA キンドルの端末がなくとも、スマホで読むことができます。 また、kindle unlimited会員の方なら無料です。 KDPセレクトにての出品のため、90日間のアマゾン独占公開とせねばなりません。そのため第二回オンライン座談会は、トークメーカー上での公開を一時停止いたします。再公開日は未定です。 また、『小説家になるな! クリエイターのサバイバル論』の発売に合わせ、第三回オンライン座談会『動画クリエイター入門』が開催されることになりました。ユーザー参加自由の座談会になっておりますので、そちらも合わせてお楽しみください。 --------------------------------------------- ■第二回目のテーマ 『クリエイターのサバイバル論』 ■開催期間 2月3日(金)22時~2月9日(木)23時 ■第二回パネリスト 架神 恭介 (作家、漫画原作者) 泉 和良 (作家、ゲーム制作者、ミュージシャン) 至道 流星 (作家、エンジニア、経営者) ■補足事項 座談会パネリスト3人以外の参加者の方で、このコラボ作品に書き込むにあたっては、著作権の放棄を事前にご了解お願いします。内容修正したりするかもしれないからです。また、このコンテンツをまとめ直して出版や電子書籍という形にもなる可能性があります。

 なんかこれを書いていたら、作り手は、自分を殺すかもしれない人達に、作品を届けているのか……? と思えてきて、そう思ったら、もう引退したくなりました。引退して、受け手側に周り、日々のストレスのはけ口として、世の中のクリエイター達に好きなことを適当にボロカス言ってスッキリしたいと思いました。 ……ほらね!!!!!!!! これがこのナイーヴネット時代の暗黒面だよ!!! 前回の座談会のあとがきでは、これから作り手になりたいと思っている人達に向けて全力でエールを送りましたが、今回は、今、命がけで苦しんでいる作り手さん達に、全身全霊でエールを送りたいですよ!!! 自分も含めて!! 作り手さん達、負けないで!!! あなたの心に刻まれた星の数ほどの傷跡、分かります!!! 痛かったですよね!! 苦しかったですよね!! 何度も辞めよう、死のう、って思いましたよね!! でも、それでも、何かを作りたいという気持ちが溢れて、そして、それをきっと理解してくれる人がいるはずだって信じて、自分を傷付ける人達にすら、いつかきっと伝えることができて、感動を与えられるはずだって、そう信じて頑張ってきましたよね!! そうですよ! 必ずいますよ!! 必ず伝わりますよ!! 頑張ってえええええ!!!!! うわーん!!! 書いていて涙が出ました。

8|創作論・評論|連載中|0話|0文字

更新

一週間座談会, サバイバル術, 創作論, 架神恭介, 泉和良, 至道流星

第三回のオンライン座談会の開催が決定しました。 今回のテーマは、『動画クリエイター入門』です! 第三回には相応しいゲストをお迎えします。 マインクラフト動画で高い評価を受け、数々の動画制作に携わり、ニコニコ動画にて自身のチャンネルを運営する今井三太郎さんをゲストにお招きし、動画クリエイター事情の最前線について議論します。 今井三太郎さんのプロフィールは、登場人物欄をご確認ください。 パネリスト3人は、それぞれ動画クリエイターの経験にも富み、今なお活動中です。 泉和良はボカロPとしてボーカロイド動画が一世を風靡した初期のころから活動を重ねており、ニコニコ動画やYoutubeにて数々の動画を制作してきています。架神恭介もYoutubeやDMMオンラインサロンなどで動画配信を行っており、動画クリエイター分野への本格的な進出を虎視眈々と狙っています。至道流星は、日本のウェブ動画配信の黎明期に、技術導入に携わった一人です。 今後のクリエイター活動において、動画配信にかかわることは外せません。あらゆる面で有用な動画創作の事情について、この機会にぜひ習得しておきましょう。 ------------------------- ■第三回目のテーマ ------------------------- 『動画クリエイター入門』 ------------------------- ■開催期間 ------------------------- 2月26日(日)22時~3月3日(金)23時 (※ユーザーの方々は3日23時以降にて発言自由です) ------------------------- ■第三回パネリスト ------------------------- 今井 三太郎(動画クリエイター、ゲーム制作者) 架神 恭介 (作家、漫画原作者) 泉 和良 (作家、ゲーム制作者、ミュージシャン) 至道 流星 (作家、エンジニア、経営者) ------------------------- ■補足事項 ------------------------- 座談会パネリスト4人以外の参加者の方で、このコラボ作品に書き込むにあたっては、著作権の放棄を事前にご了解お願いします。内容修正したりするかもしれないからです。また、このコンテンツをまとめ直して出版や電子書籍という形にもなる可能性があります。 --------------------------------------------------------------------------- ■座談会、第一回と第二回が電子書籍に! --------------------------------------------------------------------------- 第一回と第二回の座談会が、アマゾンキンドルにて電子書籍化されています。 2月5日発売 『小説家になるな! 職業作家のリアル、それでもなりたい人へ』 2月25日発売(予定) 『小説家になるな! クリエイターのサバイバル論』 本オンライン座談会に加筆、そして再編集し、大きく手を入れた書籍です。 再編集後の分量としては、書店に並んでいる実用書や新書と同レベルの文字数となっています。もちろんプロ作家陣の書籍ですので、内容面は万全です。500円(税別)にてキンドルより販売中ですので、この機会にぜひ手に取ってみてください。キンドルの端末がなくとも、スマホにて読むことができます。 キンドルアンリミテッド登録作品なので、アンリミテッド登録の方は無料でお読みくださることができます。

11|創作論・評論|連載中|1話|237文字

2017年02月25日 00:18 更新

座談会, 動画クリエイター, 今井三太郎, 至道流星, 架神恭介, 泉和良

次回ダンゲロスSSは2/18(土)22時から行われます。 【結果】 セリフ投票:ごとう隼平 ストーリー投票:架神恭介 結果:引き分け <競技者>   ・ごとう隼平 漫画家、東京ネームタンク主催。代表作に『銀塩少年』(小学館)など。 ・架神恭介 作家。『仁義なきキリスト教史』『こころオブ・ザ・デッド』など     <スケジュール> 22:00~22:30 挨拶や簡単なルール説明、互いのキャラクター紹介など 22:30~23:30 執筆開始 23:30~24:00 感想戦 <ルール> ・22時の段階で、架神恭介、ごとう隼平がお互いに考えてきたキャラクターを発表します。 ・22時半から1時間で、二人がそれぞれ「自分のキャラが相手のキャラに勝つショートストーリー(SS)」を大急ぎで執筆します。 ・観客の皆さんは「登場人物」や「好きなセリフ」に☆を入れて下さい。 ・最終的に「☆の多かった登場人物を作ったプレイヤー」「☆の一番多かったセリフを書いたプレイヤー」で勝敗が決まります。(キャラ投票・セリフ投票・コラボ作品への書き込みには会員登録が必要なので、お手数ですが観客の皆様は登録お願いします) <補足> ・今回発表された2キャラクターは架神、ごとう、それぞれ自分の作品の中で使用する権利を得ます。 ・今回執筆された両者のショートストーリーの出版権は(いちおう)架神恭介のものとします。(この辺は今後いろいろ考えていきますが、とりあえず今回は便宜的にそうしておきます)

キムタクよ!!!100%取ったら!!!100%キムタクも見てるってこと!!!そしたらこの私が『真霊企画』で!!心霊の力でキムタクの心を取り込んで!!

9|現代アクション|連載中|4話|19,254文字

2017年02月11日 00:11 更新

架神恭介, ごとう隼平, ダンゲロスSS, リアルタイム執筆, イベント

こちらの第一回公開オンライン座談会は無事に開催終了いたしました。 この第一回座談会は、大幅加筆・編集のうえで、電子書籍『小説家になるな! 職業作家のリアル、それでもなりたい人へ』としてキンドルより刊行中です。 キンドルの端末がなくとも、スマホで読むことができます。 KDPセレクトにての出品のため、90日間のアマゾン独占公開とせねばなりません。そのため第一回オンライン座談会は、一定期間にわたってトークメーカー上での公開を停止いたします。再公開日は未定です。また、再編集・改稿した電子書籍と違ってやり取りが複雑に並び、補足などもなく、新たにパネリストたちが書き加えた文章もありませんので、できれば電子書籍のほうでお読みくださるのをオススメいたします。 また、『小説家になるな! 職業作家のリアル、それでもなりたい人へ』の発売を記念して、第二回オンライン座談会が開催されることになりました。ユーザー参加自由の座談会になっておりますので、そちらも合わせてお楽しみください。 --------------------------------------------- ■第一回目のテーマ 『創作方法』 ■第一回パネリスト 架神 恭介 (作家、漫画原作者) 泉 和良 (作家、ゲーム制作者、ミュージシャン) 至道 流星 (作家、エンジニア、経営者) ■補足事項 座談会パネリスト3人以外の参加者の方で、このコラボ作品に書き込むにあたっては、著作権の放棄を事前にご了解お願いします。内容修正したりするかもしれないからです。また、このコンテンツをまとめ直して出版や電子書籍という形にもなる可能性があります。

自分のイメージでは、もう小説も、新人賞でいくら賞をもらったところで売れない状況だと思えます。妙なお話なんですけど、今はもう、「小説が売れるためには、販売前にその小説が有名になっていなくてはならない」という時代だと思いますね。奇妙奇天烈な状況なんですけど。それでネット投稿が中心になってきたということだと思います。

8|創作論・評論|連載中|0話|0文字

更新

一週間座談会, 架神恭介, 泉和良, 至道流星, 創作

 次回のダンゲロスSS予定です。1月14日に行われます。 <競技者>   ・泉和良(挑戦者) 作家。『spica』『エレGY』(星海社文庫)など ・架神恭介(王者) 作家、漫画原作者。『戦闘破壊学園ダンゲロス』『こころオブ・ザ・デッド』など。     <スケジュール> 22:00~22:30 挨拶や簡単なルール説明、互いのキャラクター紹介など 22:30~23:30 執筆開始 23:30~24:00 感想戦 <ルール> ・22時の段階で、泉和良、架神恭介がお互いに考えてきたキャラクターを発表します。 ・22時半から1時間で、二人がそれぞれ「自分のキャラが相手のキャラに勝つショートストーリー(SS)」を大急ぎで執筆します。 ・観客の皆さんは「登場人物」や「好きなセリフ」に☆を入れて下さい。 ・最終的に「☆の多かった登場人物を作ったプレイヤー」「☆の一番多かったセリフを書いたプレイヤー」で勝敗が決まります。(キャラ投票・セリフ投票・コラボ作品への書き込みには会員登録が必要なので、お手数ですが観客の皆様は登録お願いします) 例1) 「☆の多かった登場人物を作ったプレイヤー」は泉和良 「☆の一番多かったセリフを書いたプレイヤー」は架神恭介 →引き分け 例2) 「☆の多かった登場人物を作ったプレイヤー」は泉和良 「☆の一番多かったセリフを書いたプレイヤー」は泉和良 →泉先生の勝ち <補足> ・今回発表された2キャラクターは泉、架神、それぞれ自分の作品の中で使用する権利を得ます。 ・今回執筆された両者のショートストーリーの出版権は(いちおう)架神恭介のものとします。(この辺は今後いろいろ考えていきますが、とりあえず今回は便宜的にそうしておきます)

本当だよ私は人をぱんつで殺すよ。今日もお父さんをぱんつでぱんつして殺した

10|現代アクション|連載中|4話|22,326文字

2017年01月15日 01:17 更新

ダンゲロス, 泉和良, 架神恭介, リアルタイム執筆, イベント

結果:架神恭介勝利(ただし放送禁止用語を連発してしまったため非公開となりました) 日時:1月5日 22:00~24:00 トークメーカー開発ディレクターにして作家の至道流星と、同じく作家の架神恭介が対戦小説「ダンゲロスSS」を実験的にプレイします。 <スケジュール> 22:00~22:30 挨拶や簡単なルール説明、互いのキャラクター紹介など 22:30~23:30 執筆開始 23:30~24:00 感想戦 <ルール> ・22時の段階で、至道流星、架神恭介がお互いに考えてきたキャラクターを発表します。 ・22時半から1時間で、二人がそれぞれ「自分のキャラが相手のキャラに勝つショートストーリー(SS)」を大急ぎで執筆します。 ・観客の皆さんは「登場人物」や「好きなセリフ」に☆を入れて下さい。 ・最終的に「☆の多かった登場人物を作ったプレイヤー」「☆の一番多かったセリフを書いたプレイヤー」で勝敗が決まります。(キャラ投票・セリフ投票・コラボ作品への書き込みには会員登録が必要なので、お手数ですが観客の皆様は登録お願いします) 例1) 「☆の多かった登場人物を作ったプレイヤー」は至道流星 「☆の一番多かったセリフを書いたプレイヤー」は架神恭介 →引き分け 例2) 「☆の多かった登場人物を作ったプレイヤー」は至道流星 「☆の一番多かったセリフを書いたプレイヤー」は至道流星 →至道先生の勝ち <補足> ・今回発表された2キャラクターは至道、架神、それぞれ自分の作品の中で使用する権利を得ます。 ・今回執筆された両者のショートストーリーの出版権は(いちおう)架神恭介のものとします。(この辺は今後いろいろ考えていきますが、とりあえず今回は便宜的にそうしておきます)

ハーッ! 真剣おまんこ取り!!

12|現代アクション|連載中|4話|20,741文字

2017年01月06日 12:11 更新

ダンゲロス, 至道流星, 架神恭介, 対戦小説

その他の検索方法

新着レビュー

  • 対象年齢は高い気がする

  • ユーザースタイルシートについての助言ありがとうございます!

  • Twitterアイコンの消去について

  • 今世紀最高の時代劇口調スペクタルエンターテイメント!

  • ハーレムではない

  • 面白い!

ページトップへ