「リプレイ」タグの作品

作品

小説風にリプレイを書いていくんやで~ アリアンロッド2E+クトゥルフ+オリジナルのシステムを使用したオリジナルシナリオのTRPGリプレイです。 ■2016年 4月28日~ 5月 1日 「第一回 ちくわ猫卓」オンラインセッション全3+1回分 *注意事項* 1.セリフの前後・添削を含みます 2.裏舞台やセッション内で出しきれなかった情報の追加があります 3.パロディネタがあります

なんだこれは!? ちくわが装填されているぞ!?

15|ファンタジー|連載中|6話|66,453文字

2017年03月03日 16:49 更新

リプレイ, TRPG, 長編, オリジナル, シリアスブレイク, 地の文多め, ちくわ猫卓

現在進行形で行っているTRPG「神我狩」のリプレイ(SS小説)です。 以下、今回のシナリオ概要です。 第二次世界大戦初頭。一般には公開されていないが、クトゥルフ復活未遂事件があった。〈邪神密教団〉の企みをいち早く察知した〈アーカム大学〉のカミガカリ、シュリュズベリー教授は大戦の裏側でこれらとの闘争を繰り広げた。教授と、彼に遅れて自体を把握した米軍は、無理をおして“実用テスト”を完了させた新兵器の投入により、終戦とほぼ時期を同じくしてクトゥルフの再封印に成功している。 この大掛かりな復活儀式の失敗以来、〈教団〉に類する邪神崇拝勢力は地下にもぐった。〈教団〉は国家、企業、宗教……あらゆる社会集団の中でひっそりとその勢力図を広げている。近年では、徐々に〈教団〉の活動が表出しており、カミガカリたちがそれらに関連する異形に遭遇する機会が増えているという——。                    ◆◇◆ これはいまだ非公開・非公式の情報ではあるが、どうやらミスカトニック大学の図書館で“窃盗被害”がでたらしい。かの大学は〈アーカム大学〉……魔道書の研究・管理を行う機関の表の顔である。被害にあった“蔵書”の一部は行方不明のままであり、世に散逸したとみなすのが妥当である。 日本の某市でも魔道書が原因と思しき原因不明の死者と、奇妙な本の目撃情報がでている。各勢力は近日中にもカミガカリたちへこれの調査・解決を命じるだろう。

3|ファンタジー|連載中|1話|1,352文字

2016年12月22日 00:54 更新

神我狩, リプレイ, クトゥルフ, TRPG

その他の検索方法

新着レビュー

  • リアルタイムで見たかった!

  • 対象年齢は高い気がする

  • Twitterアイコンの消去について

  • 今世紀最高の時代劇口調スペクタルエンターテイメント!

  • ハーレムではない

  • 面白い!

ページトップへ