「短編」タグの作品

作品

宮本素子(みやもともとこ)は見知らぬ館で目覚めた。どうしてそんな所にいるのか心当たりもなく、不安に駆られる。同じくその館に連れてこられたらしい二人の少女と出会い、ともに脱出を試みることになるのだが。 投稿testを兼ねた短編です。

43|ホラー|連載中|6話|23,879文字

2017年10月19日 14:29 更新

脱出, 短編, 惨劇

トーク作品

高校3年生になったばかりの実理(みのり)、愛綺(あき)、萌愛(もえ)の3人は、保育園時代からの幼馴染み。 べったりとまではいかないが、登下校はいつも一緒。 愛綺と萌愛という2人のかわいい幼馴染みに囲まれていながら、実理はどちらに対しても恋愛感情は抱いていなかった。 進路、将来の夢、そういったことの方が重要だと思っていた。 しかし、平穏だった3人の仲に、突然の悲劇が起こった。 失って初めて、実理は『愛』の深さを思い知る。 ※タイトルは、トイトイさんより提供していただきました。 ※表紙及び作中アイコンはBelle様よりお借りしています。保存・転載などはご遠慮ください。

108|恋愛・ラブコメ|連載中|6話|4,641文字

2017年10月14日 14:01 更新

恋愛, 幼馴染み, 三角関係, 切ない, 悲劇, シリアス, 甘さ控えめ, 高校生, 短編, 男性主人公

トーク作品

音楽科を専攻する平凡な大学生・朱(あかね)は、週末になるとライブハウスに足を運んでいた。 そこでアマチュアバンドの演奏を聞いていたある日、メジャーデビューを目指す冴えないバンドマン・巡(めぐる)に出逢う。 飄々としていてつかみどころのない巡だが、音楽に対しての熱意があり、人懐っこい一面も見せる。 徐々に惹かれていく朱だが、その気持ちを必死に抑え込んだ。 ――なぜなら、巡には恋人がいると知っていたから。 ※タイトルは、まよなかちわわさんより提供していただきました。 ※表紙及び作中アイコンはBelle様よりお借りしています。保存・転載などはご遠慮ください。

99|恋愛・ラブコメ|連載中|6話|4,169文字

2017年10月12日 00:13 更新

恋愛, バンドマン, 現代, 切ない, ラブソング, 短編

テキスト作品

ちょっぴり百合の入った、ラブでコメディな短編です。 エッチな場面なんて、これっぽっちもありませんので全然まるっきり期待しないでください。

34|恋愛・ラブコメ|完結|17話|28,298文字

2017年10月11日 23:16 更新

ちょっとだけエッチ, 受難少女, 女主人公, ティッシュ不要, 舐めるな危険, 学園, 短編, 伏せ字注意, 恋愛, 変愛

読書好きの高校3年生・未久(みく)は、引っ込み思案で人と話すことが苦手。 しかし、毎日決まった時間に図書室にやってくる同級生・刹那(せつな)には、心を開いており、普通に話せていた。 読書という共通の趣味を通じて仲良くなっていた2人。 平凡な日々が続くと思っていた矢先、未久の親が海外赴任することになり、未久もそれについていくことになった。 徐々に刹那への恋心を自覚する未久だが、日本に帰って来られないことを理由に気持ちを押し込める。 だが渡航前日、未久に告白してきたのは、刹那だった。 ※タイトルは、くもま ひなさんより提供していただきました。 ※表紙及び作中アイコンはBelle様よりお借りしています。保存・転載などはご遠慮ください。

90|恋愛・ラブコメ|連載中|6話|4,359文字

2017年10月16日 20:09 更新

恋愛, 切ない, 両片想い, 海外, 再会, 乙女, 告白, 短編

年上彼氏の多島くんと、SNSでやりとりしたいJKの由希乃。だけど彼はスマホも持っていなくって……。パソコンなら持ってるとか、そういう問題じゃないのに!も~~~! ※この作品の続編です http://talkmaker.com/works/ec6f3da1ab1f797748b422bc1734d3b6.html ※多島くんと私シリーズ

(も、もしかしてぼっち? 私、悪いこと聞いちゃったかな……)

73|恋愛・ラブコメ|完結|12話|6,326文字

2017年10月07日 17:23 更新

多島くんと私シリーズ, 短編, JK, 年上彼氏, すれちがい, SNS

テイストごちゃまぜの短編集です。書いた時期もジャンルもさまざま。他のサイトに掲載したものだったりそうじゃなかったり。お好きなものからどうぞ。 【もくじのもくじ】 ◆とうふメンタル  奇妙にゆれる友情のものがたり。 ◆茨の少女を愛せるか  SFなのかホラーなのか、はたまたコメディか。 ◆OGC ~舞台に咲くは天下無敵の桃の花~  お題『桃太郎』で書いた短編。たぶん一番ライト。というかやりたい放題。TSもあればバトルもあるよ。 ◆ゲームに入りたい  おそらく初めて書いた小説。後半は会話劇なので小説と呼んでいいかは微妙なライン。 ◆【童話】たぬきのポン吉、異世界へいく  なろうの『童話企画』で書いた短編。なろうと言えば異世界ということで書いたものの、『まぜるな危険』的な仕上がりになったような。 ◆屋上の鎖  ここからややダークゾーン。鬱屈とした恋愛とその結末のお話。 ◆ささささささ、る  初めてのホラー。どうにも中学校を舞台にするとねじ曲がって昏くなるらしい。 ◆黒い獣 『夕暮れに染まる街を走る影が二つある。』この序文をお題に、自由に書いてよい、という企画に寄せた短編。 ◆『これは飲み物ではありません。』  カレーは飲み物、これも飲み物。ここに来てようやく新作の短編です。 ◆増える被害者 『廃園になった遊園地・裏野ドリームランド』をお題にしたホラー企画へと寄せた短編。字数的には中編。ドリームランドで起きた強姦失踪事件を追う刑事2人。そして――『増える』被害者。 ◆猫はいらない  猫を飼いたい――それは彼女のささやかな願い。 ◆純喫茶・蔵々 ~魔法とコーヒーのお店~  住宅街にひっそりと佇む喫茶店は、魔法とコーヒーが評判のお店だった。

89|その他|連載中|16話|92,585文字

2017年10月03日 19:26 更新

青春, コメディ, SF, 一人称, 三人称, 短編, 掌編, シュール, ホラー, 刑事

人類と魔族が争うファンタジーの世界。 魔族の頂点に立つ魔王の城では、今日も人類を倒す計画が考えられて……いませんでした。 ええい、こんなんやってられるか! 全てを投げた魔王とその仲間たちのお話。(短め・基本一話完結) 作品・作者お気に入りの他、その話を読了したという証の「応援」は強いモチベーションです。 各話のページ下に設置されていますので、1クリックでモチベに貢献お願いします。 ↓新連載、魔法使いとの金汚い冒険もよろしく。 http://talkmaker.com/mypage/work.html?work_code=88cfa27605d5827cdfe6dd8b3733451b

いっそ清々しいわお前

1,252|ファンタジー|連載中|18話|41,253文字

2017年10月02日 14:12 更新

ファンタジー, ギャグ, 魔王, 勇者, 一話完結, 短編

博士が作った不思議な装置の数々や、 だれもが抱えているようなちょっとした悩みや希望など、 エンタメを濃縮したショートショートを掲載(予定)。 昔、HPでちょくちょく公開していた作品をトークメーカーに起こしてみました。 ちょっとした時間で読めるので、 読書が苦手な方も気軽に読めます。 ※博士・助手のアイコンは「藤島とぽこ」さんに書いていただいております。

「ようやく装置ができたぞ。あとは、ちゃんと動いてくれるかだ」

49|SF|連載中|4話|3,351文字

2017年10月09日 21:56 更新

ショートショート, SF, ファンタジー, 短編, 社会風刺, 博士, 助手, 月野玉子

昔発表して結果が芳しくなかったころの作品、日の目に当たらないならここで公開して供養する

20|現代ドラマ|完結|1話|2,016文字

2017年09月03日 02:02 更新

短編

さよちゃんは明るくて元気な小学生。 人間なので、時々失敗したり間違えちゃったりすることも当然あります。 そんなときは、子供らしくごまかしたり隠そうとします。 ……ただ、さよちゃんは嘘や隠し事がものすごく下手なのでした。 これは嘘や隠し事がとっても下手な小学生のさよちゃんと、そんな彼女の嘘に付き合ってあげたりあるいは暴いてみたりする姉の夕美の、ほほえましい物語である。

だって、わたしが食べたってバレちゃうもん……

60|現代ドラマ|連載中|1話|1,089文字

2017年09月03日 20:38 更新

あほの子, 隠し事, 小学生, 姉妹, きゃらふと大賞, 日常, ギャグ, 短編

「うんこちんちんって……いいよな!!」 男のその一言をキッカケに、週末のBAR鹿話(ばかばなし)が始まった。 小学生レベルの下ネタが乱れ飛び! 中学生レベルの下ネタが交差する!! 高校生お断りのBARの客は、三人の男たちのみ!!! そして迎える衝撃の結末に、あなたはきっと涙する……!!!! たった1話で完結するこの物語。 トイレタイムにでも覗いていってちょうだいな。 ------------------------------------ ※この作品は、作者が昔やる夫スレに投稿した短編を再編成した作品です。  中身はだいたい同じです。

51|ファンタジー|完結|1話|3,695文字

2017年08月30日 23:24 更新

R-15, 小学生レベルの下ネタ, 中学生レベルの下ネタ, うんこちんちん, コメディ, 感動, 馬鹿話, 大人が主人公, 短編

トーク作品

目を覚ましたら、私は見知らぬ場所で、体を台に固定されていた。……一体どうして? 残酷描写はありませんよ。 ないったらないよ! 即興小説トレーニング(http://sokkyo-shosetsu.com/)で、制限時間一時間の縛りで書いたものを、トークメーカー用に移植しました。初ホラーです。

(……そうか。もしかして私はとんでもない犯罪を犯して、ここで整形手術をし、国外に逃亡するんだ)

33|ホラー|完結|2話|1,119文字

2017年09月04日 15:13 更新

拉致, 手術台, 拘束, ドロっとした熱いもの, 記憶喪失, 整形, 高飛び, 短編, 即興小説トレーニング, 一話完結, きゃらふと大賞

文化祭に、年上彼氏の多島くんを呼ぼうと思ったら、クラスの出し物がまさかのメイド喫茶!? そ、そんなはずかしい格好見せられないよ!! 衛生指導にやってきた先生が多島くんの昔の同級生(女子)で、なぜか今ごろになって彼に告ってくるし。 でもでもやっぱり年が離れてるからすごい不安で……、私、どうしたらいいの? ※この作品の続編です http://talkmaker.com/works/2f9ab774738a1d12e6d1bb863dbef7c2.html ※多島くんと私シリーズ

だってしょうがないじゃん! 晴海先生とくっつかれでもしたら、私の立場が、っていうか寝取られとかありえないし! わ、若い方がいいって、ぜ、ぜぜぜ、絶対納得させてやるもんね!!

70|恋愛・ラブコメ|完結|3話|5,350文字

2017年08月03日 19:03 更新

昔の女, ハッピーエンド, 年上彼氏, 三角関係, 短編, 文化祭, JK, すれちがい, 多島くんと私シリーズ

『夏。冷えた紅茶のペットボトル。そして、幼馴染みの私とあいつ。』 高校最初の夏休み。 あいつがいなくなって初めての夏。 幼馴染みで、私より小さくて、いつも後ろからついて来てて。 弟みたいなあいつ。 なのにあいつは、夢を叶えるために県外に進学した。 私が気付かないうちに――。 心に穴が空いてからはじめて、あいつがいなくなったことに気付いて。 穴を埋めようともがいてた、バカな私の前に、あいつが帰ってきた…………。 (トータル15000字)

僕は実家に帰ってきたんだ。自分の夏休みのために。お前のわがままに付き合うためじゃない。そういうのは、彼氏にでも頼め

52|恋愛・ラブコメ|完結|23話|14,790文字

2017年06月27日 20:07 更新

青春, 幼馴染み, 夏休み, すれ違い, ボーイミーツガール, 恋愛, 短編, 美術科, ジュブナイル

私と会う霊はみな成仏していったわ どうすれば私はあの世へ行けるのかしら?

19|ノンフィクション|完結|4話|2,155文字

2017年07月14日 18:23 更新

ブラック童話, 短編

『こういう時だけ年上面しないでよ、もう……』 デート中、ふいに降り出した雨に追われるよう駆け込んだカフェで、僕はある告白をする……。 …………………… 以下の語句、 「きれいだ、かわいい、かっこいい、疲れた、あら、やだ、面白い、会いたい、つらい、会いたくない、こわい、さむい、白い、黒い、にがい、優しい、好き、嫌い、そんなことない、そうだね、いてて、あはは、なんで、うう、わー、あ、うん、言って言って、全部言っていいんだ」 というお題がありまして、この文字列を全て順序どおりに使用し、即興で書いた実験的な作品です。 一日一回更新。全5話。 カクヨムより転載。

こういう時だけ年上面しないでよ、もう……

33|恋愛・ラブコメ|完結|6話|2,506文字

2017年08月08日 16:21 更新

年上彼女, デート, 喫茶店, 衝撃のラスト, 企画もの, 実験作, 短編, きゃらふと大賞

パッと想いついた掌編を投稿していきます。 ※1話あたり、100字~140字前後。

"あなたに好きと、異世界なら言える"

159|その他|連載中|12話|1,339文字

2017年08月03日 12:02 更新

掌編, 短編, コメディ, SF, 恋愛, シリアス

トーク作品

滝口さんとのダンゲロスバトル練習用に執筆。 (ヴァンパイア・ハンター・大悟郎) キャラだけ作ってプロット組まずにいきあたりばったりで書いたのでまぁひどい出来。 1時間でモヒカン・キングをぎりぎり倒せたところ。 エピローグまで入れるとなると、全然時間が足りませんでした。 ザコモヒカン出したのが大失敗。 結局何かやらせる時間もなく、出すだけ出して燃やす結果となりました。 (吸血鬼の使徒) 15分ぐらい展開を考えて執筆。 1時間を2分残して完了。だが内容は薄い・・・? 限られた時間と文字数で戦闘を盛り上げるのは難しい。 今回は一応相手の見せ場も用意できたが・・・やっぱり薄っぺらい。 (魔人探偵) 当日21時までキャラ掘り下げのために執筆。 当日書けたのは螺理多がDに話を持ちかけるまで。 そこからあとは後日じっくり書きました。 本戦は終了したので続きの話を書くかどうかは気分次第。 (罪への裁き) 大悟郎シリーズ最終話。 やっと完成しました。キャラ数最多。 大五郎の話はこれで終わりですが、また別の話に出すかもです。ダンゲロスはそれが許される。 (反省会) お酒を飲みつつ本戦の反省会を行ないました。 鉄は熱いうちに打て!

オレはV・H(ヴァンパイア・ハンター)「D」。キサマら吸血鬼を滅ぼすものだ。

95|現代アクション|完結|5話|16,751文字

2017年05月21日 07:36 更新

ダンゲロスSS, ダンゲロス, 短編, 能力バトル, 吸血鬼, 兜海老

これは君と過ごす、さいごの夏の物語。 お盆から少しはずれた時期、僕と彼女は墓地にやってきた。 夏の夕暮れが僕らを追いかけ追い越していく。 時間は僕らを特別扱いしてはくれないから。 「花火をしよう!」 そう言ってからからと笑う彼女のことが、本当は愛しくてたまらない。

違うよ、褒めているの。私は君のそういうトコロが好きだなあって

151|恋愛・ラブコメ|連載中|5話|4,751文字

2017年05月03日 22:03 更新

青春, 短編, 悲恋, ほのぼの, 切ない, 恋愛

その他の検索方法

新着レビュー

  • ベルトコンベアーの上を全力疾走

  • 綱渡りのエンタメ

  • これはwwwww

  • 一緒に読んでいるみたい

  • 読書です

  • 売れそうな匂いのする作品です

  • 日常でも隙あらば使っていきたい言葉

ページトップへ