「ハッピーエンド」タグの作品

作品

トーク作品

シンガーソングライターの夢を追いかける主人公が出会う、2人の彼。 誰かを強く想うことがこんなにも苦しいなんて知らなかった。 友達が同じ人を好きになった。 身を引く?それとも……。 結ばれる相手は誰なのか。 男女4人の想いが交錯する恋愛物語。 【アイコンはBelle様よりお借りしています。保存・転載などはご遠慮ください。】

118|恋愛・ラブコメ|連載中|9話|5,997文字

2017年09月20日 23:01 更新

恋愛, ハッピーエンド, ほのぼの, 四角関係, 切ない, 年上, 年下, 音楽, 片想い, カクテル, イケメン, 乙女

文化祭に、年上彼氏の多島くんを呼ぼうと思ったら、クラスの出し物がまさかのメイド喫茶!? そ、そんなはずかしい格好見せられないよ!! 衛生指導にやってきた先生が多島くんの昔の同級生(女子)で、なぜか今ごろになって彼に告ってくるし。 でもでもやっぱり年が離れてるからすごい不安で……、私、どうしたらいいの? ※この作品の続編です http://talkmaker.com/works/2f9ab774738a1d12e6d1bb863dbef7c2.html ※多島くんと私シリーズ

だってしょうがないじゃん! 晴海先生とくっつかれでもしたら、私の立場が、っていうか寝取られとかありえないし! わ、若い方がいいって、ぜ、ぜぜぜ、絶対納得させてやるもんね!!

61|恋愛・ラブコメ|完結|3話|5,350文字

2017年08月03日 19:03 更新

昔の女, ハッピーエンド, 年上彼氏, 三角関係, 短編, 文化祭, JK, すれちがい, 多島くんと私シリーズ

私のバイトしてる本屋さんのお向かいには、お弁当屋さんがあります。 そこでは、ちょっと不器用でぶっきらぼうなお兄さんがバイトしています。 でも、いい人ですよ? JK由希乃と多島くんのなれそめ回。 ※続編はこちら→ http://talkmaker.com/works/ec6f3da1ab1f797748b422bc1734d3b6.html ※多島くんと私シリーズ

どんな人なのかな。どこに住んでるのかな。どんな本……読むのかな。彼女……いるのかな

62|恋愛・ラブコメ|完結|15話|9,870文字

2017年08月05日 22:39 更新

女子高生, ハッピーエンド, 本屋, 弁当屋, アウトレット, デート, 年の差, 多島くんと私シリーズ

漫画や小説の話に出てくる事件の解明なんてかっこいい話は、現実の探偵業にはない。 探偵にある現実的な相談や依頼なんてものは、殺人事件でもトリックでもなく、浮気調査、身元調査、家出調査にストーカー対策から盗聴・盗撮調査。 人のドロドロした疑念を明らかにしていく。それが探偵業。 そう言いきる法明寺吾郎(ほうみょうじごろう)36歳に、警察や弁護士では救えない領域が探偵にあると信じている筧暁美(かけいあけみ)16歳の凸凹調査活動記録。 探偵業をビジネスとしている方からのヒアリングによって、実際の調査依頼や案件の始まりからの活動方法を描いた物語。 推理とは違う探偵業の本質がここにあり。

206|現代ドラマ|完結|32話|106,323文字

2017年07月10日 16:51 更新

お仕事, 探偵, ヒューマンドラマ, 友情, 年の差, 日常, 青春, ラブコメ, ホームドラマ, 現代, ハッピーエンド, コメディ

むかしむかし、報われない悲しい恋がありました。精霊のお姫さまと人間の王子さまのお話です。ふたりは種族こそ違いましたが、お互いがお互いを尊重し、慈しみ、愛していました。しかしお姫さまは王子さまを置いて、ひとり死んでしまいました。そうしてふたりはひとりになりました。 さてさて、ところ変わって数百年後、お姫さまは同じ世界に生まれ変わりました。人間として生まれ変わったお姫さまはそれはもう人間最高だぜ!と言わんばかりに生きていました。もちろん前世の記憶は持っていたお姫さまでしたが、そんなことは関係なし、今世楽しむぜ!と生きている元お姫さま・現貴族令嬢。そんな彼女の前に元王子さま・現王子さまが立ちはだかった時、どうなるのでしょうか。まあ2人とも数百年たてば性格変わるよね。これは数百年後の恋の話。 行動力&無鉄砲な彼女×攻め&執着な彼のお話です。

7|恋愛・ラブコメ|連載中|0話|0文字

更新

身分差, 悲恋, ほのぼの, シリアス, 西洋, ハッピーエンド, 主人公チート?, 色々と念のため, 兄と姉からの愛が!!, 昔話

その他の検索方法

新着レビュー

  • ベルトコンベアーの上を全力疾走

  • 綱渡りのエンタメ

  • これはwwwww

  • 一緒に読んでいるみたい

  • 読書です

  • 売れそうな匂いのする作品です

  • 日常でも隙あらば使っていきたい言葉

ページトップへ