「ラノベ」タグの作品

作品

これは、俺TUEEEが好きすぎる少女が、言いたい放題する学園ラブコメみたいなお話。 冴島かなめ(本名、高木誠)は高校生ラノベ作家だ。 彼がいつものように文芸部の部室で小説を書いていると、『俺TUEEE原理主義者』を名乗る美少女、獅子吼雪葉があらわれて『俺TUEEE小説』を書けと言ってきた。 雪葉は、ものすごくめんどくさくて、厄介な少女だった。 ※「小説家になろう」に掲載しているものの、台詞部分を載せてみました。

あらあら顔を真っ赤にして可愛らしい。けれど、一体何を想像しておられるんでしょうか? 私たちはただ契約について話を詰めようとしているだけですよ?

448|学園|連載中|5話|10,485文字

2017年06月10日 01:48 更新

コメディ, ラノベ, 学園, 創作, オリジナル

無断欠勤のせいで魔王城をクビになりかけた悪魔ロイズ。彼に与えられた最後のチャンスは、『魔王討伐の勇者』に成り代わり、人間界を内側から絶望のどん底に突き落とす任務で――!? ところが悪魔的な彼のもとに集まるメンバーは変人ばかりで、問題が山積み。果たしてロイズは無事、八百長魔王討伐を成功させることができるのか。

ふふっ、信じてませんね?あーあ、ひどいなぁ♥

551|ファンタジー|連載中|42話|59,037文字

2017年06月24日 16:07 更新

ファンタジー, 勇者, コメディ, 魔法, 平然と行われる, 悪魔的行為, ラノベ, デノベ, (デビルノベル)

小説家になろうで連載中の『風使いの僕は学園ライフをこうして満喫する』の番外編であるところの、『風使いの「なかがき」』をお届けします。……カッコばかりで訳が分かりませんね、そうですね。 そもそも『風使い~』は、学園モノのゆるーい日常系ライトノベルなのですが、「なかがき」は、その登場人物たちがそれまでのエピソードを振り返ってトークをする企画で、つまり地の文がないため、なろうの形式ではとっても読みにくいのが難点。 そこで! このトークメーカーさんなら読みやすくなるんじゃね? とか思って始めたのがこの『風使いの「なかがき」』トークメーカーバージョンなのです! ……説明されると、余計に分かりづらいって? そうですか、そうですね。

137|学園|連載中|24話|18,504文字

2017年05月14日 18:22 更新

ラノベ, 企画, 学園, 日常, コメディ, ギャグ, 異能力

「「テンバイヤー死ね!!!」」 みたいなことを条件反射で言う皆さんへ 敢えて観てもらいたい転売講座です。 全14話構成です。 25歳ニートの主人公福沢有希(ふくざわゆうき)君が、 様々な人に出会って成長していく話になってます。

課金です!!

126|現代ドラマ|連載中|9話|6,894文字

2017年01月17日 12:43 更新

ラノベ, コメディ, 現代, 転売, せどり, 長編

魔界のスーパーに転生した道尾智(みちお さとる)。 その手には「現代スーパーの手引き」などの本はなく、チートはできない。 魔界の大型雑貨店の店長「バラクーダ」を始め、 「バイトリーダー」や「夜勤の王」と時に助け合い、時に喧嘩をしつつも、脱出を試みる道尾。 道尾を待ち受ける困難は「スーパーの経営手伝い」と「脱出」というダブルのテーマ。 果たして、道尾は無事に繁盛させる事ができるのか? 果たして、道尾は無事に現実世界に帰還できるのか?

夢、夢、完全に夢!!!だって、だって…………!?

68|ファンタジー|連載中|6話|6,944文字

2016年12月28日 00:43 更新

異世界, 異世界転生, ラノベ, 魔界, スーパー, チート, 脱出, 経営, アルバイト, 底辺, ホワイト企業, ブラック企業

トークメーカーの効率的な使い方を書いてみたものです。 キャラなどを効率的に配置してあるので、読みやすくなっているかと思います。 特に、Macユーザー向けに書かれたものですが、どんなユーザーのためにもなるはずです! なお、情報は2016/12/14に集められたものであり、閲覧者様が見た時には情報が古くなっている可能性があります(追記する場合もあるでしょう)。 また、本文自体も完全なものではありませんし、トークメーカーの公式な見解でもありません。 埋猫葬爆個人が書いたものです。 これらの点をご了承ください。

はじめっからそうしなさいよ!!!

59|創作論・評論|連載中|14話|20,997文字

2016年12月28日 02:21 更新

初心者, 使い方, メモ帳, 空白, バグ, テキスト, Mac, 指南書, 初心者向け, 書き方, ワナビ, ラノベ

その他の検索方法

新着レビュー

  • ぷーやん

  • ぷーやん

  • 織田切くん

  • ペンペン、、、

  • だんだん

  • 鈴原さん

  • 鈴原さん

ページトップへ