新着レビュー一覧

  • せいや様へ

    こちらでなんとかしてみますので、気にされないでください。
    (何が起こったかもまだわかっていません笑)

    十の密室と11人の姫の推理スポット埋猫葬爆 @maineko

    埋猫葬爆の拙いミステリー「十の密室と11人の姫 〜或いは稀覯館のフルコース〜」の事件をコラボで実際に解いてみてもらう企画です。 テンプレを満たし、推理を披露してください。 ●ルール● ・最も早くトリックを暴いた方の作品を読み、レビューを埋猫葬爆が書きます。 ・もし、最初に暴いた方が本編の解決ページ公開後に書かれた場合は、上はナシとなります。 ・上を満たす中で、一番近い予想を書いた方に、レビューを書く事があります。 ・レビューは贔屓するようなモノにはならないでしょう(同時に悪意も持ちません)。 ●テンプレ● ======================== 書いている方は何時書いているか: どのページまで公開されているか: トリックの全貌を書く場所   : =============================== テンプレの使用例 書いている方は何時書いているか: 2016/12/23 どのページまで公開されているか: 第二話まで。文字数は932文字。 トリックの全貌を書く場所   : 犯人はヤス。 以上です。 お気軽にご参加ください。 ※必要に応じて、この文は修正される可能性があります。  ご了承ください。

    ジャンル:ミステリー

  • せいやです!

    すいません。あの、、黄色がきえてしまって作り直したのですが、どうすべきでしょうか

    十の密室と11人の姫の推理スポット流転 @ska4946

    埋猫葬爆の拙いミステリー「十の密室と11人の姫 〜或いは稀覯館のフルコース〜」の事件をコラボで実際に解いてみてもらう企画です。 テンプレを満たし、推理を披露してください。 ●ルール● ・最も早くトリックを暴いた方の作品を読み、レビューを埋猫葬爆が書きます。 ・もし、最初に暴いた方が本編の解決ページ公開後に書かれた場合は、上はナシとなります。 ・上を満たす中で、一番近い予想を書いた方に、レビューを書く事があります。 ・レビューは贔屓するようなモノにはならないでしょう(同時に悪意も持ちません)。 ●テンプレ● ======================== 書いている方は何時書いているか: どのページまで公開されているか: トリックの全貌を書く場所   : =============================== テンプレの使用例 書いている方は何時書いているか: 2016/12/23 どのページまで公開されているか: 第二話まで。文字数は932文字。 トリックの全貌を書く場所   : 犯人はヤス。 以上です。 お気軽にご参加ください。 ※必要に応じて、この文は修正される可能性があります。  ご了承ください。

    ジャンル:ミステリー

  • リアルタイムで見たかった!

    伝説の第一回、リアルタイムで見たかったです。

    【終了】新春ダンゲロスSS 至道流星vs架神恭介魚住すくも @uozumi-sukumo

    結果:架神恭介勝利(ただし放送禁止用語を連発してしまったため非公開となりました) 日時:1月5日 22:00~24:00 トークメーカー開発ディレクターにして作家の至道流星と、同じく作家の架神恭介が対戦小説「ダンゲロスSS」を実験的にプレイします。 <スケジュール> 22:00~22:30 挨拶や簡単なルール説明、互いのキャラクター紹介など 22:30~23:30 執筆開始 23:30~24:00 感想戦 <ルール> ・22時の段階で、至道流星、架神恭介がお互いに考えてきたキャラクターを発表します。 ・22時半から1時間で、二人がそれぞれ「自分のキャラが相手のキャラに勝つショートストーリー(SS)」を大急ぎで執筆します。 ・観客の皆さんは「登場人物」や「好きなセリフ」に☆を入れて下さい。 ・最終的に「☆の多かった登場人物を作ったプレイヤー」「☆の一番多かったセリフを書いたプレイヤー」で勝敗が決まります。(キャラ投票・セリフ投票・コラボ作品への書き込みには会員登録が必要なので、お手数ですが観客の皆様は登録お願いします) 例1) 「☆の多かった登場人物を作ったプレイヤー」は至道流星 「☆の一番多かったセリフを書いたプレイヤー」は架神恭介 →引き分け 例2) 「☆の多かった登場人物を作ったプレイヤー」は至道流星 「☆の一番多かったセリフを書いたプレイヤー」は至道流星 →至道先生の勝ち <補足> ・今回発表された2キャラクターは至道、架神、それぞれ自分の作品の中で使用する権利を得ます。 ・今回執筆された両者のショートストーリーの出版権は(いちおう)架神恭介のものとします。(この辺は今後いろいろ考えていきますが、とりあえず今回は便宜的にそうしておきます)

    ジャンル:現代アクション

ページトップへ