作品ランキング

私がGJ部部長、天使真央である! 走り出せないGJ部部員たちに告ぐ! GJ部・入部説明会をやるぞー!...

新兵ども! そこに一列に並べー! 点呼ーっ!

32|学園|連載中|3話|6,878文字

2017年03月21日 00:32 更新

ゆるふわ, 部活動, 謎部活, 先輩後輩, マジ天使, ロリ先輩, 残念美人, 野生のおねえさん, 人畜無害, オレマン, タマたまんねえ, フェチズム

  • 私がGJ部部長! 天使真央である!

  • はーい、皆さん、お茶が入りましたよー。今日の紅茶はー、ヌワラエリヤでーす。蜂蜜たっぷりのワッフルもどうぞー。ハニートラップでぇす。

  • ぐっじょぶ~v

こちらの座談会は開催を終了いたしました。 多くの方々のご来場に感謝します。 -------------------------...

>>1.毎日更新する際、投稿時間は気を付けていますか? 毎日定時に仕掛けます。 なろうの場合は、ランキングの更新時間ってものがありますので、それが終わった直後の、どれか固定で。 1日3回ありますが、7時、12時、19時、と、3回ほど。 それぞれ、読者の生活サイクルでいうと、「朝出勤時刻」「昼休み」「夕方帰宅以降」になります。 なぜシステム更新直後にやるのかというと、なろうの集計システムの仕組み上、「24時間以内に入ったポイントで日間順位が決まる」となるためです。 たとえば夜中0時に新しい話を掲載してしまうと、ポイントが集計時刻の前後でばらけてしまって、目減りします。 ただ、ここを気にするのは、日間ランキングの表紙(5位以内のこと)に入るか入らないか、転げ落ちるか踏みとどまるか、なんていう時期だけです。 そのあとの、定常連載時には、「書いたら即更新」にしちゃってますね。もう、ポイントそんなに上下しないし。書籍化決まっているし。てゆうか。シリーズ刊行中だし。「書き続ける」ための自分のモチベ優先です。 書いたら投稿して、読んでもらえるー! ――っていうの、かなり大きなモチベになるんですよね。 もう最近は、書き下ろしの仕事が、しんどくて、しんどくて……。 新たに始める仕事なんかは、「書き下ろしじゃなくて、連載にしちゃだめ?」とか聞いちゃうくらい。>>2.描写の簡潔化は特に推敲していますか? 推敲は、しません。 それよりも最初から書かない。なるべく最小限の説明で済ませる。 読者は「飛ばし読みしている」という前提で、ブラック企業に絞られて疲れ果てて満員電車にぎゅう詰めにされている、という仮定のもとに、「極めて低い集中度」を想定して、ぱっと視野にいれただけで内容が掴めるように、そのように注力しています。>>3.失敗した作品を出し続けた場合、作者として飽きられるようなことはありますか?最初に断言しますが。WEB小説業界は「残機無限」の世界てす。ですから、何回死んでも、まったくなにひとつ悪影響などありません。(キッパリ)未完作品が多いことで、文句を言う人は多いんですが。声の大きな人が言っているので目立つだけで、実際、それが支配的かというと、ぜんぜんそんなことはなく――。WEB小説の読者のほとんど大多数は「作家の個体識別なんてしていない」という想定でいます。そもそも、誰が書いているのか、なんて、気にもしていない。よって「未完作品が多い」ことは認識されない。=ないのと同じ、となるわけです。そもそも、経験して学習するには、「このタイトルとあらすじは、いけた」「このタイトルとあらすじは、だめだった」の経験値を、実地に、多量に得ることが最も肝心なので――。山ほど失敗するのが、最短ルートだと思います。ちなみに、人気のなかった作品を続けて完結まで持ってゆくことは、作者の美徳と読者への思いやりであると思いますが……。前述のように「成長」に関しては、チャレンジ回数を減らすという意味で、大きくマイナスです。>>4.全体を通したカタルシスというのは考えてから書き始めますか? それともライブ感を重視しているのでしょうか? 書籍化した際に、「1冊を通してカタルシス」は、たしかに必要です。 やりかたは二通りあって、「書籍化時の1冊単位で起伏を付けておく」という方法と、「連載時にはずっと平坦なままで書いておいて、書籍化時にラスト部分に加筆して起伏があるように見せる」という方法で。 僕は両方やってますが、おもに後者のほうが多いです。 後付けで起伏をつける方法は、スローライフ系と相性が良いです。書籍化時に2万字ぐらいの4~5話をつけて、その中だけで、盛りあげて、カタルシスを与えて、閉じまず。最後の部分以外、ストーリーなんてないんですが、割とこれで「読んだ気分」になれます。 ちなみにWEB小説の世界にくるまえから、GJ部など、4コマ小説で使ってきた手法です。GJ部では「ラスト連作」と呼んでいました。 これは、カタルシスといっても、プチっとサイズで……、一冊を丸々消費して仕掛けるカタルシスの大きさには及ばないんですが、人間の短期記憶力なんて、そもそも十数分しか持続しないので、十数分間のストーリーがあると、わりとOKっぽいです。>>5.小説サイトユーザー(固定ファンや他の作者)との交流というのは意識していますか?知り合いなんかが入れてくれるポイントは、基本、「誤差」程度です。書籍化するなら、目標は日間1位週間1位月間1位、とかになります。日間獲得ポイントが2000だの3000だのといった世界で、仮に友人知己に依頼して組織票なんか動かしたって、1人が最大12ポイントで、20人いたって、たったの240ポイントです。しかもそれはほんの一瞬だけの話。全体的には、なんの足しにもなりませんし、そんなところでズルすることに頑張るよりも、良いタイトルとあらすじを書くほうに労力を傾けたほうが、ぜんぜん効果があがりますので……。そんなところで頑張っちゃっている人が、もしいたとしても、努力の方向を明らかに間違えているので、日間ランキングに絶対に上がってこれないと思います。ポイント操作って意味でなければ、交流して情報交換して、自分のやった「実験小説」の成果を共有しあって、理論と仮説をぶつけ合って、切磋琢磨などの交流はやっています。>>6.新しいタイトルを発表する時、作品のセールスポイントとして意識することは何かありますか?>>オリジナリティを意識してやっていることはありますでしょうか「オリジナリティとはなにか」という話になるかと思います。僕はその秘密を、「配分」だと考えていまして――。既存の手垢まみれの慣れ親しんだ要素が「2」に対して、見たことのない新奇な要素が「1」の比率であった場合に、人は「オリジナリティ」を感じるというものです。新奇性が10割だと、「ワケがわからない」になってしまうし。鉄板要素が10割だと「新しくもなんともない」になってしまう。その理論に基づいて、定番で鉄板で安心要素を「2」で、新奇性を「1」となるように注力しています。僕の場合は、変なもんばっか思いつく癖があるので、新奇性は減らして減らして、極限まで減らし抜いて、ようやく「1」の比率になる感じ。

20|創作論・評論|連載中|10話|139,473文字

2017年03月18日 22:10 更新

新木伸, 三木なずな, なろう作家K, 至道流星, オンライン座談会

  • 鉄則を箇条書きにします本気で書籍化を目指すことを想定したときの条件です1.よほど腕に自信がある人でなければファンタジー2.一話を2000文字以上~5000文字以内に仕上げたうえで、必ず一話ごとに面白いと思えるようにする3.毎日更新を最低一か月続ける4.書籍化を最終地点にするなら、大爆発(異常な人気)は要らないので、月間ランキング上から五つは最低読み込んんで、今の流行を体感する5.4.の工程から一週間以内に新作を始める。それ以上あけば流行が変わって4.の研究結果が無駄になる

  • おはようございます!すでに死んだ作家が通りますよ。泉和良です。昨夜は興味深いお話ばかりで、大変ためになりました。以前皆さんとお話させて頂いたあと、これはじっとしておれない! と血が騒ぎ、私も、小説家になろうで書いてみたいと思って、書き始めました。どんなことでも、実際やってみないと分からないような面白いことが、きっとあるはずということで。至道さんにはお気遣いして頂いたのですが、お金も時間もあまり使わずにできることならやって損なしの精神でとりあえず上位作品の傾向をぼんやりと眺め、なろうのシステムをぎりぎり理解しつつ、それっぽいタイトルと、それっぽいあらすじと、キーワードを設置して、そして、今の所4日ほど書いています。すると、すぐに分かったことがいくつか。 初日 21時頃、最初の投稿: アクセス約20。ブックマーク1人、2pt、話別アクセス72日目 23時頃投稿: アクセス約5。ブックマーク0、0pt、話別アクセス5,53日目 早朝6時頃投稿:ア クセス約50。ブックマーク0、0pt、各話アクセス1,34日目 20時過ぎ投稿: アクセス約20。ブックマーク0、0pt、各話アクセスまだ不明現在分かっているユニークアクセスの合計 43人ブックマーク合計 1人ポイント合計 2pt.という結果です。値が小さすぎるので誤差内でしょうが、この限りだと、朝6時頃が一番アクセスが多く、昼頃までアクセスが少しずつ続いておりました。2日目あたりに、本文まで到達する人数がわずか数人なのを見て、なずなさんが既におっしゃられていた通り、これはタイトルが全てや!! 次にあらすじが全てや!! 次に目次や! と気付いて、そこから何度か修正したりしましたが、大体こんな感じでした。やっぱり0からの新着スタートだからなのか、完全な霧に包まれたままで、一条の光も見えないですね。まだ勉強不足で分からない所も沢山あるし、私の才能が低いせいもあるでしょう。スコッパーさん達のおめがねには叶わなかったわけです。しかし、ユニークアクセスが1話に数人いるというだけでも、他の媒体より恵まれている状況と言えるのかもしれません。ここから一ヶ月くらい続けて、果たして少しずつ上昇するのかはまだ分からないのですが、第一感、架神さんがおっしゃっていたようにアーリーアダプターとしてのファンがいないと、かなり運がいるなーと思いました。でも何度もリトライすれば、その運の確率も上げられるでしょう。新木さんのおっしゃられている通り、何度もやり直せるのが良い所だと思いました。でもやっぱり、一番の魅力は、なろうという空間に、沢山の人が集まって動いている……! という実感です。人が大勢いて初めて芽の出ることや可能となることは沢山あると思います。そういう場所だからこそ、表現してみたい、試してみたい、という気持ちもあると思うので、そんな衝動や情熱が大勢の作家達を寄せ付けているのかもしれません。というわけで、実際にやってみたらこうなったよ実験シリーズの人柱役として、提供してみました。個人的には、今まで書いたことがないストーリーを書くこと自体がとても面白いです。一日30分くらいで済むし、1ヶ月で1冊分とするなら、1年で12冊分のトライ&エラーができるので、できる所までやってみようと思います。長文失礼致しました。

  • >異世界である必要性 これ。前にどこかで書いただろーか? 書いてない気もするので、書きます。 「異世界」っていうのは、ようするに、「現実」とルールの異なる世界、っていう意味合いです。そういう理由で、読者に受け入れられています。 たとえば「誠実さが報われる世界」とかいうことだったりします。 はい。「現実」では、誠実な人は報われませんよね。38年も生きていた人は、さすがに、もう、知っちゃってますよね。 だけど「異世界」なら、ルールが違うんだから、誠実で頑張ったやつが報われて、勝てる世界にできるんです。 他にも、「皆が幸せになれる優しい世界」だとか、「誰も負け組にならない世界」だとか、「俺が褒められる世界」だとか、「善人しかいない世界」とか。現実の嫌な面を、すべて改善可能。 現代物で、現実に根ざした話でやっちゃうと、ルールの改変が過ぎると、どこかで嘘くさくなります。 善人ばかりでないのが現実ってものですし。 なので、「異世界」が、どうしても必要とされているわけです。

こちらの座談会は開催終了いたしました。 たくさんのご来訪ありがとうございました。 -------------------------...

>takigutirさん> さまざまな創作物を見て、面白いと思うものはいくつもありますがそれをそのままトレースするようなものには創作意欲がわきませんし> 「書きたいもの」を得る為に出来ることは「他の創作物を多く摂取する」……というのが、パネラーのお三方がメインとなった今までの座談会の解法であったようには思います。あくまでおれの場合のやり方になりますので、これが良いかどうかは分かりませんが……。まず他者の創作物とか事件とかをインプットして、「心底から震える」くらいビビります。「うわああ、なんだこれええ、やべえええ、やべえ、うわあああ」となったら、その「うわあああ」を他人に味わわせるために執筆する感じです。やべえ性病を伝染されて俺の人生めちゃくちゃになっちまったから、レイプしてお前の人生もめちゃくちゃにしてやる!という感覚です。なろう作家の方々の座談会は完全に正論だと思うし、プロとして非常に正しいと思いながらも、やはりどうしても「おれとは違うな」と思ってしまうのは、やっぱりお互いに気持ちのよいセックスをしたいわけじゃないんですね。ひどいレイプを受けて一生立ち直れないくらいグチャグチャにされたいし、人のこともそうしたいんです。彼らの正論を前にすると、「おれ、やっぱ小説家としてはプロじゃねえなあ」と思わざるをえないけど、それで構わない気もしてます。おれの好きな映画に『HOUSE』(大林宣彦)という作品がありまして。ネットを検索すると、この作品を幼少期に見てしまったばかりに「ブルマ姿の女子高生が頭を電灯に齧られながら宙吊りにされて殺されるシーン」でしか射精できなくなってしまった人がいて、そういう人が非常に羨ましいと思うのです。大林宣彦から手酷いレイプを受けて人生がおかしくなってしまっている。おれだってそのくらいこの作品に人生を狂わされたかったよ。なお、その人は恋人にそのシーンを再現してもらうことで通常のセックスも可能となったとのこと。いい話ですね。

19|創作論・評論|連載中|5話|90,673文字

2017年03月22日 01:42 更新

鈴木輝一郎, 架神恭介, 泉和良, 至道流星, 小説新人賞, 座談会

  • そろそろまとめを。「新人賞にかけている人へエールを」ということなんで。「小説の新人賞は、わりとなんとかなる」「人生いろいろあっても、小説家になったらなんとかなる」「創造はマイナスをプラスにかえる魔法だ」とは誰の言葉だったかな? そういう側面はたしかにあります。統合失調症や双極性障害、ADHDやアスペルガーで就労が困難な人。小説家の仕事は病状が小康状態のときにこつこつ書き溜めてゆけばなんとかなります。性犯罪の被害にあって心に深い傷を負った人、LGBTで生きづらさを感じつづけてきた人、その気持ちは、創作におおきなプラスになります。服役経験を公言して仕事に役立つ職種は、小説家ぐらいでしょう。シャブはちゃんと抜いてからでないと日本語にならないのでご注意を。「イチロクの四年」と聞いてとっさに「覚醒剤の初犯の量刑相場!」と即答できるのは、いろいろ強みです。「小説家をめざす」と口にすると、たいてい嗤われます。ぼくも修行時代、岐阜から東京の小説講座まで高速バスで通っていたとき、嗤われた経験があるのでよくわかります。嗤う奴は嗤わせておけばいい。何もしない奴ほどよく嗤う。ただし、ぼくは笑いません。理由は単純です。鈴木輝一郎小説講座では毎年誰かがデビューしているから。先の見えない努力、結果がでるかどうかわからないときの努力が、いかにつらいものか、ぼくも経験があるから、とてもよくわかります。ですが、あなたが考えているよりも新人賞の受賞は本当に近くにあります。だから大丈夫。ぼちぼちやってゆきましょう。鈴木輝一郎

  • こんばんは。鈴木先生の講座を受講している薄谷と申します。まだまともに小説を書き上げたことのない不良受講生ですが。気になる方は、受講申込みをしてみるといいですよ。大丈夫。怖くないです。

  • >岡田さん私も飽き性ですよ。鉄よりも速く熱くなり、瞬間冷凍のごとく冷めます。そんな時、私の場合は、物語やテーマを、限りなく自分に引き寄せることがよくあります。主人公を自分そのものにして、自分の悩みを主人公の悩みにし……。自分のことは他人より飽きにくいし、自分のことなら書きたいことはいくらでもあるし。……という風に。ただ、私小説っぽいのは諸刃の剣的なところもあるので、あくまで参考程度に。

 キャラを作って冒険へ旅立たせてみませんか? ※説明不足だったりしたら、申し訳ありません!...

【ミラクルマン】硬貨……だと……!?しまった!魔法が発達した星だから、お金もエネルギー体なのかと勘違いしてしまった……

20|ファンタジー|連載中|10話|19,530文字

2017年03月18日 10:14 更新

ファンタジー, ギルド!

  • 【ミラクルマン】宇宙警備隊の戦士です。星を魔物から守ります。侵略者も同様です。

  • 【ザーフリー】ボクは侵略者になりたいな。邪魔なモノは蹴散らします。宇宙警備隊も同様です。

  • 【ギルド職員】「いらっしゃいませ!あ、ギルドのご利用ははじめてですか?それでは簡単にご説明させていただきますね♪こちらのお茶でも飲みながらゆっくり聞いてください」

【結果】 セリフ:ぺんさん ストーリー:ぺんさん ぺんさんの勝ち! <ダンゲロスとは?>...

「空だよ。奴らは、空に殺されたのさ」

7|現代アクション|連載中|4話|11,455文字

2017年03月18日 23:53 更新

ぺんさん, 大達啓介, ダンゲロス, SS, イベント, 対戦, リアルタイム執筆

  • いえ、両方殺させていただきます。よろしくお願いします。

  • 「はは。なんだか、敵意の味がしますね!」

  • 「美味しいですね。なんという食べ物ですか?あなた達は?いまのよりも美味しいですか?」

著述の準備段階として『ラッセル幸福論』を読む必要が生じたので、読んだ端からメモ代わりに残していきます。...

7|社会・思想|連載中|4話|8,409文字

2017年03月22日 22:55 更新

ラッセル, 幸福論, 資料

ダンゲロスSSの日程管理に使う予定の場所です。 試合の日程調整、挑戦の受付、その他の雑談にお使い下さい。 <ダンゲロスとは?>...

7|その他|連載中|3話|2,061文字

2017年03月23日 12:28 更新

ダンゲロス, ダンゲロスSS, イベント

こちらの第三回トークメーカー座談会『動画クリエイター入門』は無事に開催終了いたしました。多数の方のご来訪に感謝します。...

今井さん>ここ数年で「やりたいことと伸びるものを交互にやる」か「ひとまず伸びるものに注力する」といった創作上のジレンマを抱えるクリエイターがかなり増えてきており、特に上位に位置する動画クリエイターの多くがそういったジレンマの渦中にあるため、視聴層側が市場に違和感を覚える場面が増えたのは事実です。 私の友達のポーンさんっていうゲーム作家が、 「"やりたいことをやった →その結果、評価が高まった"  で、いいんじゃないですか」 って言っていました。 私もそう思います。 しかし現実は非情だから、そんな綺麗ごとばかり言ってられなかったり、ビジネスライクに動くクリエイターほど人気が出たりすることもありますよね。 最初からやりたいこと=人気・金が一致しているラッキーな人は除いて、大抵の作り手はその辺り苦しむものだと思います。 ただ受け手も、作り手のやりたくない妥協の産物なんか、本当は消費したくないと思うんですが、それさえ今の多くの受け手は割り切って楽しめているのかなー。 本当は楽しめているかどうかは不明で、現れているPVという数字だけで判断されているような気もしないでもないんですが。

5|創作論・評論|連載中|0話|0文字

座談会, 動画クリエイター, 今井三太郎, 至道流星, 架神恭介, 泉和良

  • > なので本業にするならもっとテキトーな人間にならねばならぬ、といったところです。こ、こ、これも、スゲー分かります……。クオリティと売上(収益化)は厳密に比例しないんですよね。プロは、プロ意識として、どこかで手を抜かなければならない。サボリではなく、意識的に手を抜かなければならない……。そうでないと成り立たないから。しかし、分かっていても……できないんだ!!!> その点では、架神さんの動画とかも力が入りすぎてる印象なので、知恵を絞って費用対効果が見合うところでチャレンジしたほうがいいかもですよ。できないんだーっ!!!!パンクベース教則ビデオは、アイデアを思いついた段階で、きちんとした教材ビデオのニュアンスをできるだけ出さないと面白くないな、となって、必然的に力を入れる必要が出てきてしまいましたね……。でも、結局、力抜かなきゃって思ってある程度力を抜いて作ったものがヒットするかというと、やっぱりしないんですよねー。「知恵を絞る」というのは、そこを克服しろってことだとは思うんですが。

  • 泉>毎回取り上げる作品の作者さんのツイッターにリプライ……架神さん>ぬわーっ! おっしゃる通りですが、ちょっと厳しいですね!>この動画ではほぼ肯定的なことしか言ってませんが、それでも作者に感想を押し付けるのはリスキーだという認識です!確かにw 逆効果になったら大変ですしね。今の時代エゴサーチしてる作家が多いですから、いつか見つけ出して、いいなと思ったらリツイートしてくれたりするかもしれませんね。

  • そう言えば、座談会のもっと序盤に提示して置けば良かったのですが、トークメーカーの"小説"というキーワードと、"動画"ということで、何かなかったかなー……と思っていら、私が以前、小説を出版する際に、その小説の世界観を動画にして、PVとして活用していたのを思い出しました。……同時に私が小説家だったことも思い出しました。もう本も出てないので宣伝にもならないのですが、参考事例ということで提示しておきます。↓これは、私が『猫の彼女のESP』というSF小説を出した時の動画です。http://www.nicovideo.jp/watch/sm20322202↓そんでこっちは、『ボカロ界のヒミツの事件譜』という小説の時の動画です。http://www.nicovideo.jp/watch/sm21704113どっちも、単純な宣伝PVじゃなくて、あくまで小説の中身の世界観を動画にした体裁のPVで、物語のオープニングムービーみたいな作りになっています。特に後者の『ボカロ界のヒミツの事件譜』は、まさに今回触れたような、どうやったら動画再生数が伸びるだろうみたいなことをボカロPが考えて実践するシーンがあったり、"動画"自体をトリックに使う話まであったりする、全然"所謂ボカロ小説"らしくない、ミステリ小説なんですが、でも、どちらも数万再生で、本の売り上げにもあまり貢献しませんでした。というわけで、導線としても大して成功していないです……。

セリフ:滝口流 ストーリー:滝口流 滝口流さんの勝ち! <競技者> ・滝口流 ダンゲロスSS第五回勝利...

「ちちんぷいぷいちちんぷいぷい! 知仁武勇は御代の御宝! 痛いの痛いのFly Away!」

4|現代アクション|連載中|4話|10,228文字

2017年03月06日 00:24 更新

ダンゲロス, ダンゲロスSS, リアルタイム執筆, イベント, 滝口流, 岡田拓也

  • 「ふはははは! どうした! このわたしにかかれば鳥さえも守備範囲内! いろいろな意味でな!」

  • 「考えなくても……わかる……! 問1……前立腺……! 問2……松葉崩し……! 凄い! 絶対違う!!!」

  • だっさwMP切れかよ(笑)

"無名地帯" 吐き溜まり、ドブ底、混沌。好き勝手に呼ばれるものだから、ついぞ確たる名前が定められなかったが故の、名無しの地域。...

やったッ!名前が決まったぞ!名前:ゆうき アイカ  イカとかけてみた

9|ファンタジー|連載中|7話|48,232文字

2017年03月22日 00:05 更新

コラボ作品, 混沌上等, 調整中

  • 知り合いの名前はポポです

  • イカの内臓はさぞ臭かろう……。(BIOとイカを鼻で笑いながら)

  • うおーくらえダイオウイカの干し物ォ!

「ギルド!~お仕事斡旋いたします~」のダンジョン出張所となります。 はじめになどはあとから追記することもありますので、ご了承ください。 1/5...

シュタァイィィィィン!!

9|ファンタジー|連載中|6話|7,942文字

2017年01月29日 18:17 更新

ファンタジー, ダンジョン, ギルド!

トークメーカーエディタの次期バージョンアップについてのご要望を、こちらでお伺いいたします!

いつもありがとうございます、案内人のメーコです。トークメーカーエディタは、より使いやすいエディタを目指して進化していきたいと思います。そこでバージョンアップ内容を検討するにあたり、こちらでユーザーの方々のご要望をお聞きできればと考えております。みなさまの貴重なご意見をお聞かせください。

10|その他|連載中|2話|25,938文字

2017年03月18日 17:37 更新

運営

  • mainekoさん、ありがとうございます。次のサイトの改変では、アクセス数計測の充実化は採り入れたいと考えます。こちら導入できるよう努力しますので、しばしお待ちください。ツイッター禁止機能、IDのそばに名前を出す機能については、ユーザさまが設定する項目が増えていくことになるので、それが多数のユーザ様にとって必要かどうかによってくるかなと思います。みなさんの声を集めて検討してみます。

  • midori64さん、ありがとうございます。ルビ機能についてはすでにご要望がございまして、導入を前向きに検討しています。ルビはPCで対応しているブラウザでしたら表示に問題ないのですが、スマホの場合にあまりよいものにはならないので、なるべく多くの読み手の方に好印象を持たれるような導入を図りたいと考えています。今後、読み手の方はスマホのほうが確実に多くなると予想されるので、スマホでの見せ方を研究しています。吹き出しの形についてと、自分への★について検討いたします。自分の心のなかの表現として、特定の形を選べるようにしておくのもいいかもしれません。パレット上の項目を増やさずに、どのように対応できるか試行錯誤してみます。

  • また、第一次バージョンアップの予定について、公式お知らせに掲載されましたので、こちらでもお知らせいたします。http://talkmaker.com/info/31.htmlみなさんのご意見に感謝です。

 会社という組織から離れ、フリーとして生きていく道は様々あります。...

2|創作論・評論|連載中|1話|1,645文字

2017年03月23日 14:14 更新

イケダハヤト, セルフブランディング, 座談会, 田舎暮らし, 泉和良, 至道流星, 架神恭介

タイトル通り、トークメーカーならではのシェアードワールドを作ろうと思っています。

ラブクラフト先生ごめんなさい。多分オレはダーレス派です。

6|その他|連載中|6話|29,667文字

2017年03月12日 00:52 更新

シェアードワールド, 企画, ディスカッション

  • ふむ……では、私の好きなジャンルをお話ししましょう。オレが好きなジャンルはずばり、ヒーローものです。ウルトラマンはコスモス、ネクスト、セブンXが好きで、仮面ライダーはクウガとW。アメコミはあまり見ていませんが、サムライミ監督のスパイダーマンが好きでした。

  • 財閥とかNPO法人とか?我々の地球で、世界を股にかけて金をかけて魔法や超科学の研究を行える組織を考えてみると……三菱グループとか、マルタ騎士団とか。ユネスコなんかも怪しい。

  • 私は、韓国ドラマの医療系時代劇、「チャングム」とか「馬医」とかが好きです。他にも「ジョジョ」や「ハンターハンター」の様な能力バトルが大好きです。ウルトラマンは大好きというわけではないんですが、コスモスは見ていましたね。道徳的な物語がとても印象に残っています。

少年は……戦わなくてはならない!!!!!!!!!!!!!!!!! つらいな!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!...

ウキウキしている(物理)

9|その他|連載中|1話|3,921文字

2017年03月04日 18:45 更新

異能バトル

  • おっ!!!俺の首から下が!!!!!!首から下が60代男性のものと思われる肉体になんだこの能力はああああ!!!!責任者を出せ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

  • 俺はここ数年引きこもりをしていてな、そのデュエルなるものに詳しくない。どうしてもというのならば、ルールを教えてもらってやらんでもないぞ!!!

  • いや……相撲はないだろ相撲は……………ッ!!!!!念動力……だと!??!??こいつは中々厄介そうなのうりょ…………ぐっ、例えがしょぼいせいでしょぼく思える!!!!!!!!!!!!つかお前その変な名前能力に関係あるのかと思ってたら無いのかよ!!!!!!!!!!!!!……ああ、言われずとも見せてやろう。俺の能力、それは────

2|日記・個人ブログ|連載中|3話|2,911文字

2017年03月12日 17:46 更新

ページトップへ