キャラクターランキング

  • 1

    名前:
    アリスター・本郷

    性別:

    特殊能力:
    『天地融合』
    魔人の能力の根源を直ちに解析し、その力を取り込み、同じ特殊能力を発動できるようになる。

    設定:
    アメリカ国防総省生物兵器防衛分析センター魔人能力解析研究所所属、魔人確保戦闘員。

    元CIA所属の情報機関員だったが、ある戦闘ミッションの最中、魔人戦闘員にとどめを刺されそうになった瞬間、急に魔人の力が具現化して九死に一生を得た。
    アリスターは本国に帰還すると、すぐに魔人能力解析研究所に移籍するよう命じられる。本人は固辞しようとしたが、「移籍しなければ身柄を確保し、お前自身が研究対象になるだけだ」と遠回しに脅され、しぶしぶ移籍を呑んだ経緯がある。

    あらゆる戦闘ミッションをこなしてきたため、生身の人間としても相当な戦闘力を持っている。ナイフ一本での潜伏から、重火器を持った破壊工作や暗殺に至るまで、並み居る戦闘員と比べても歴戦の手練れ。
    だが魔人としては、独自で発動できるような特殊能力はない。あくまで目の前の魔人が自分に向けて使用してきた特殊能力を、瞬時に脳が解析し、まったく同等の特殊能力を返すことができるだけ。それでも自らが養ってきた戦闘工作員としての勘と、意表を突かれた相手魔人が戸惑う隙に、逆にトドメを指してきた。

    本人は「早く足を洗いてえ」が口癖であり、いつか自分の牧場を経営するのが夢。隙あらば情報工作の世界から引退したいと願っている。魔人能力解析研究所のなかでも相当な高給取りだが、脅されていなければとっくに引退していたのは間違いない。


    相手を倒したい動機:
    アリスター自身には、魔人を倒したいという動機はこれっぽっちも存在しない。
    しかしアリスターは公務員であり、国家の極秘命令に基づいて魔人の身柄を確保しなくてはならない職業上の責務があった。アメリカは、他国より先駆けて魔人能力を戦闘に応用するために、魔人を生体実験にかける必要があったのだ。一人でも多く、とりわけ秀でた能力を持った魔人を。
    そのため高度な魔人能力の保有者は、生死を問わずに身柄を確保し、いくつもの計測器・分析器にかけて研究を続ける必要があった。
    同様の研究に、中国人民解放軍も力を入れ始めたと聞く。中国にいる魔人のなかでも、とくに優れたものは刈り尽くされたという噂も、情報シンジケートの間ではまことしやかに語られていた。
    ならばアメリカには選択の余地はない。膨大な予算と人員が配備され、今まさに世界中の特異な能力を持つ魔人が刈り尽くされようとしていた。そして今回もアリスターは、最優秀の魔人確保要員の公務員として、魔人の身柄確保を命じられるがまま、嫌々ながら動くのであった。

    21
  • 2

    名前:いわちゃん
    性別:女の子
    特殊能力名(任意):未来タイムトラベルアプリケーション
    特殊能力:私だけが使えるたいむとらべるするアプリを使ってタイムトラベルできちゃうんやで
    設定:ともだちが欲しいんやけど、ちょっと頭わるいけん、うまげにはいかんの
    相手を倒したい動機:ともだちが欲しいんやけど、たぶん、相手の人が私を殺しにくるけん、とにかくそれを止めて、ともだちになるん

    18
  • 3

    《ポポイ・ハイドレンジア》

    紳士的でおよそ悪魔らしからぬ半獣悪魔。ちょっと偉そうに喋る。
    ハイドラと呼ばれたいのだがほとんど呼んでもらえない。
    本卓の進行役(ヘルP)を務める。
    17
  • 4

    名前:リリイ・パンナコッタ
    性別:女性
    能力:《パイ・パン・スコーン!》
    自由自在にパンを作る能力。
    この際に定義されるパンとは、麦を粉砕したものをメインの原材料として扱う、加工食品のことである。水分などを混ぜて捏ね、しばしば発酵を用いて焼き上げたもの。
    作られたパンはリリイの実力により日本人向けに合わせられた美味しいパンとなっており、口に入れると中はふんわりして麦の香りが広がる柔らかな物が多い。ただしパイやスコーンといったサクサク、もしくはカリッとした食感が好まれるものはそれに準じない。
    当然のことだが、食べても頭は爆発しないし、脳の判断機能に影響を与えることもないし、筋肉が異常に発達するようなこともない。
    完成したパンの味や効果は、パンとしての概念を逸脱することはできないし、小麦粉も無いのに無からパンを生みだすことはできない。

    相手を倒したい理由:パンの美味しさを広めるため

    設定:世界中を旅していたパン職人。
    先祖代々パン職人をしており、日本人の口に合う至高のパンを探して各地を渡り歩いていた。
    彼女のパンは味もさることながら生産性も高く、一秒間に食パン30斤にもあたる分量のパンを量産することができる。ただし原材料は生産出来ないため、世界経済に影響を与えるほどではない。
    今は日本に定住しており、パンの味を広めるべくパン教室を開いたりしている。
    パンの他に好きなものはワインとビールで、休日はもっぱら飲み歩いている。ザル。
    16
  • 5

    <カノン>

    合理主義だがお人好しという なんとも損な性格をした剣士。
    世の中諦めなければ 大体のことはなんとかなると思っている。
    16

    68|作品名黄昏のクレイドリア作者@sagami

  • 6

    名前:"伝説の怪奇リポーター"五十嵐ナナコ
    性別:女

    能力名:『真霊企画』
    特殊能力:五十嵐が収録で訪れた先は必ず心霊スポットとなる。心霊現象を起こす能力ではなく、その先で生じたあらゆる現象が心霊現象としてスタジオやクルー、視聴者に認知される。

    設定:三桁を超える心霊スポットをリポートし、全ての心霊スポットから生還を果たした伝説のリポーター。28歳。彼女の出演する心霊特番では、作り物ではない極めて危険な心霊現象が必ず発生し、しばしばクルーは命を落とす。その過激さと迫真性から視聴率は常に80%を超えるが、その実態は五十嵐の能力により生み出された欺瞞的心霊現象である。現場では五十嵐はしばしばクルーや無関係な人々を殺害しているが、それらも全て心霊現象によるものとして世間には認識されている。
    最初は視聴率のため意識的に能力を発動していたが、次第に彼女の中での枷が外れていき、いまや五十嵐自身も正気と狂気が曖昧な状態にある。自身が『真霊企画』を発動していることの自覚も怪しい。

    相手を倒したい動機:視聴率のため。凶悪な幽霊を成仏させれば視聴率80%は硬い。

    16
  • 7

    エルスリーゼ
    魔王の娘。世間知らずでわがまま放題。
    16
  • 8

    大餅ちびる。ミチクサの妹。
    兄と一緒に引きこもって暮らしているクズ。コミュ障で口ベタ。マイナス思考。ビビリ。
    口癖は「これは仕方ないね」
    15
  • 9

    名前:大山森 ふとし
    性別:男子高校生
    設定:
    わずか17歳にしてBMI40を超える生粋のファットエリート。
    天性の太りやすい体質と日に10度の食事を欠かさない努力により作られた体格はもはや芸術品と言っても過言ではない丸さを誇る。
    健康診断では中性脂肪・コレステロール値でランクE(Error 規格外)を叩き出すなど将来が嘱望されていた。
    しかし、その結果が彼の人生を大きく変えることになったのだった……
    ちょうどいいアイコンがないので首から下はすごいデブという設定で落ち着いた。

    能力:ベヒモス
    限定的な強化能力。
    どんなに消化の悪いものでも即座に吸収できる消化器系とそれによって得た栄養素を自在に蓄積・消費できる運動能力によって構成されている。
    ただし通常の人間が消化できないものは食べられない。
    平たく言えば食べられるものはなんでも食べられて得たエネルギーは即運動に使うことも体脂肪として蓄積しておいてあとで使うこともできる能力。
    ただし、ファットエリートであるふとしはよっぽどのことが無いかぎり体重を削るような能力使用を行わない。

    相手を倒したい理由:健康診断で引っかかったので運動して痩せろって医者に言われた
    14
  • 10

    名前:佐藤莉乃
    性別:女学生
    設定:
    「マジカルリーノ@魔法少女 フォロバします(ง ˘ω˘)ว  リムブロはご自由に(๑•﹏•)」

    質問返答
    【好きな物は?】
    「苺のショートケーキらぶ。生クリーム永遠に食べられる(๑´ㅂ`๑)ŧ‹"ŧ‹" あとお洋服作ってます(๑•̀ㅂ•́)و✧」

    【嫌いな物は?】
    「勉強。数学。受験やばい」

    【将来の夢は?】
    「やっぱりお嫁さん(*'∀'人)♥*+ 玉の輿乗りたいね(*´﹃`*) でも堅実に公務員かな……勉強しなきゃ……」

    【最近の悩みは?】
    「受験嫌だ……。勉強したくない。数学全然わからん。転校したばっかで友達もいないしハゲそう」

    【最近はまってる事は?】
    「ついったー。作った服の自撮りを加工して上げるとみんな優しくしてくれる……。わたしは生きていても許されるんだって気持ちになる……」

    【手首に傷?】
    「ねーよ殺すぞ」

    能力:マジックユーザーEX
    古今東西にて信じられ行使されていた魔法・呪術・妖術等のまじないを使用する事ができる。

    相手を倒したい理由:受験に有利になると聞いて
    14
  • 11

    名前:竹ぼう
    性別:男

    特殊能力:お菓子『キャベツ太郎』を、自由に出現させ、その袋を破裂させる能力。通称・キャベツ太郎ESP

    設定:妹がいる。ちよ。2歳年下のちよ。お父さんは万引きで刑務所にいる。

    相手を倒したい動機:真の平和を世界に・・・。法や社会や秩序の外側にあぶれた弱き人々を助けたい・・・そして、本当の悪を倒したい・・・妹をまもりたいんだ
    14
  • 12

    名前:別緒鈴また子(べっちょりん・またこ)
    性別:♀
    特殊能力:『シークレットコピー』
    ※コンプライアンスに触れたので非公開となりました。
    14
  • 13

    ◆大崎一番太郎

    いつも貧乏で浮気性
    最低最悪のゲスいバンドマン

    13
  • 14

    <イーリアス>

    自身にかかっている呪いを解除する方法を求めて 放浪する暗殺者。
    同時に、冷静沈着な魔術師で、周りに冷たい印象を与える。
    12

    68|作品名黄昏のクレイドリア作者@sagami

  • 15

    魔王。具体的な名前は未定。
    魔界を束ねる、全ての魔族の頂点。
    すぐに諦めちゃう性格。竜王から熱い個人情報の漏洩を受けている。
    12

    54|作品名対人類ヘコます会議室作者@dog_mag

  • 16

    「鈴原あゆみ」

    バスケ部のマネージャー。とにかく明るくて、いつも笑顔を絶やさない。
    明るすぎて悩み無用と思われてる。そんなわけないでしょ! と一応怒った事もある。
    弘樹は怒った顔も可愛いと思った。
    12
  • 17

    ◆スパンキー

    一番太郎のバンドのギタリスト
    チェリーボーイらしい
    11
  • 18

    ■神A

    若手のゲームプロデューサー。これまで温めてきた持論のゲーム理論に基づき、圧倒的自由度をウリとするMMORPG『人生』を開発した。しかしその自由度の高さが災いし、プレイヤーたちから「よく分からん!」と苦情や嘆きが殺到。上司に睨まれる。
    11
  • 19

    倉山 寛知。
    佐伯の同級生。
    佐伯、水橋、百田とは小中の同窓。
    いつ頃からか(かなり)年下の女性に惹かれるようになったジェントルマン。幼女趣味はオープンであり、ドン引きさせた女性は数知れず、知人らからは完全に変態扱いされる。

    裏設定:好きな政治家はポルポト(本人談)

    友人関係:友好度は均されており、誰とでも仲がいい。代わりにMPを幼女にガン振りしているからだが。
    11

    58|作品名狐派?狸派?作者けざわひがし @Pineappleman

  • 20

    名前:サバンナ すずめ
    性別:女
    特殊能力:ワイルドハンズ
    動物の特徴を説明する事で、自身の右腕の肘から先をその動物に変化させる能力。
    (例:「チーターは瞬間的に時速70kmで走る事ができる」→右腕がチーターに)

    設定:
    幼い頃、動物園に置き去りにされ動物たちに育てられた野生児。
    人語は理解するが動物達が大好きで人間は好きではない。
    動物守護兵団(アニマルガーディアンズ)に所属しており、動物達を守る為ならば手段を選ばない。

    相手を倒したい理由:
    動物守護兵団の命令によるもの。
    それが動物たちを守る事と信じている。
    11
  • 21

    名前:カンナ
    性別:不明
    設定:
    魔人絶対主義を掲げる反政府武装組織構成員。戦闘部隊所属。
    組織が計画した数多くのテロ事件の実行役として各国でマークされている。当局の執拗な追跡にもかかわらず、出生地、生年、本名といったすべての経歴がいまだ謎に包まれている。
    外見的には十代半ばで、小柄。少女的な風貌だが十年前から全く姿が変わっていない。

    老若男女問わず必要に応じて冷徹に処分し、無感情・無表情、機械的な印象を周囲には与える。
    忠誠を誓うリーダーから贈られた蒼いカンナの花のことをとても大事にしている。首元に飾られたソレを傷つける者には容赦しない。
    武器として淡い青色に輝く刀を所有。

    相手を倒したい理由:リーダーが逃亡を完了するまでの時間稼ぎ

    特殊能力:けして触れられぬ花唇
    酸素を自在に生成操作する能力。
    自身は酸素による悪影響を受けない。
    10
  • 22

    ハナ
    座敷わらし。
    10
  • 23

    名前:アレクセエ・プルチェンコ
    性別:男性
    特殊能力:《獣化拳EX》
    形象拳を極めることによって発揮される驚異の力
    動物の形態を模倣する事で体の一部を獣化する能力


    キャラクター設定:
    若きロシュア人。
    中国拳法の使い手であり、特に動物の動きを模した形象拳を得意とする。
    小学生の頃に魔人能力に目覚め、能力を組み込んだ武術を研究した結果サイレントキリングの使い手となった。
    ロシュア人特有の仲間意識の強さからロシュアの地位向上の為に戦っている。
    気の良い青年ではあるがバトルマニア気質なところもあり中二力も高い。


    相手を倒したい理由:友の仇を討つ為、ロシュアの地位向上の為
    10
  • 24

    メフィスト・ヨハン・フェレス3世
    本作のヒロイン。悪魔ロリっ娘です。純粋なロリにしたくなかったので、普通のロリよりは成長してイメージ。中学一年生くらいの感じです。アホで可愛くて、調子乗るバカで、たまに真面目で根はいいやつです。家族大好き、悪魔大好き、パワーはそこそこあります。
    10
  • 25

    アシュタロト
    エルスリーゼの教育係。由緒ある大悪魔だが、姫のおてんばっぷりに手を焼いている。
    10
  • 26

    天使ピピル
    ネヴェスの身の回りの世話をする天使。
    テキトーな性格だがちゃっかりしている。
    10
  • 27

    怠惰の神ネヴェス
    その肩書きがしめすとおり筋金入りのなまけもの。
    好きな言葉は「他力本願」
    10
  • 28

    名前:電子 蓮司
    性別:男性
    能力:
    自分自身を好きな電子レンジにでき、自身のすべての機能を使える。

    設定:
    冷凍食品を一々電子レンジに入れて温めること自体が面倒になり、
    自らが電子レンジとなった元人間男性。
    一応、運動も会話も可能。
    レンジ内に入ったものを食べてエネルギーを補給するため、電源を接続しなくても活動できる。
    勝手に他の電子レンジと入れ替わるのが趣味。
    好物は冷凍炒飯。

    相手を倒したい理由:誤って廃棄されそうになったから
    9
  • 29

    セーム・アルベスク
    貴族の三男坊。『スキル:霊感』を持つ。
    9
  • 30

    空丘耳穂(ソラミミ)
    Profile(PLiCy攻略本より)
    雲の間に学園1-1
    所属:手わざ系 武器:なし 
    誕生日:土竜の月の5日 身長:157cm 血液型:A型
    出身地:空の下町8丁目3番地
    趣味:寝る、空想、妄想
    好きなもの:木の玩具の数々 嫌いなもの:人喰いパンダ
    9

    25|作品名ソラミミ×DIAMOND作者ソラミミ放送部 @soramimi

  • 31

    ◆ノン子

    バンドマンの彼氏を持つ女の子
    男運、ゼロ
    9
  • 32

    ミレエル

    天界でお散歩してたら魔界に引きずり込まれた。

    もともと純真無垢な子だったが、魔界で生活するうちにだんだんとツッコミ役になってきた。


    これからも苦労すると思うけど頑張れ

    9
  • 33

    名前:畑楽木 宅内
    性別:男
    設定:
    町に蔓延るゾンビ達を処分して賞金を稼いで暮らしている年齢不詳の男。偽名。
    酒とタバコが好きで、毎日適当に生きてきた。
    重火器が得意。常に情報電子端末Sherryを持ち歩いている。

    能力:デジタルインサイト
    情報電子端末Sherryをワールドワイドウェブに接続することで、あらゆる情報をデータ化し閲覧することができる。
    誰も知り得ない情報も見ることができるが、未来予知はできない。
    相手を倒したい理由:金のため。


    9
  • 34

    ■ヨブ

    運営に対して長文の苦情を送ったことで歴史的に有名な人物。そのあまりに執拗な苦情っぷりに、当時、神Aがブチギレて、ゲームプロデューサーの身でありながらログインし、ヨブに向かってShoutコマンドで怒鳴り散らした。ヨブはビビって苦情を取り下げた。本編には特に出てこないが面白かったから書いた。
    9
  • 35

    名前:富岡双六
    性別:男

    能力名:『空の手』
    特殊能力:念動力。射程距離は自分の体から腕二本分の長さ。
    出せる力は腕の筋力に依存するため、双六はこれを三本目の手、空の手と呼んでいる。

    設定:精神異常者の父によって幼い頃から武術と刀術を叩き込まれた生来の戦闘魔人。
    かつては父を恨んでいたが、父の死後自らの血筋が人と交わることのできぬ悪の血統の持ち主であると自覚し、
    生きるためには強者となる外ないと確信。自らを鍛えていた父の愛に気づき、父の仇討ちを目論むようになる。
    父と同じように彼自身の精神も半ば壊れかけており、彼の語る過去が真である保証はどこにもない。
    9
  • 36

    水橋 慈円。
    普通科に通う高校生。
    佐伯、倉山、百田とは小中の同窓。
    市内に両親がいるが、寝坊癖のため、学校近くで一人暮らしをしている。インターネットの素晴らしさを知って以来、不登校になり、単位取得の為だけに高校に行く程度となった。
    学業面は優秀で、インターネットに集中するためとは言え、高校三年間の勉強は済ましている。

    裏設定:外に出ない時期が断続的にあるので、日光に弱い。

    友人関係:佐伯を罵倒しながらも、友人として大事にしている。百田については気質が違えど一目置いている。倉山に関してはその趣味を矯正することを諦め、良き理解者となっている。
    9

    58|作品名狐派?狸派?作者けざわひがし @Pineappleman

  • 37

    海王。具体的な名前は未定。
    海にいる魔族の王。女……メス。
    半スライム的な肉体で、水に溶けたりできる。海で戦ったら勝てない。
    素直な性格だが、しょうもない事や下ネタを言ったりすると冷たい目で見られる。一部魔物に好評なまなざし。
    9

    54|作品名対人類ヘコます会議室作者@dog_mag

  • 38

    名前:白露天河(しらつゆてんが)

    性別:男

    特殊能力名:ノリウェーイの森

    特殊能力:白露天河の聞こえる範囲内(約半径100m)で下ネタを口にした瞬間に発動。下ネタを発した人間は舌が猛烈な速度で肥大化、天空に伸び続け最終的には大樹となる。身体は大樹の養分となり根を張り朽ち果てる。下ネタは天河が卑猥と認識すれば発動。一般名詞(ちんすこう・マンホールなど)も気分次第では危うい。

    設定:白露天河は、いまやクラシック・ロックとも言えるビートルズを愛する、心優しい少年だった。クラスの隅でレコードに耳を傾ける。高校生になってもそんな穏やかな日々を望んでいた。
    白露天河が初めて能力を発動したのは、高校に入学してしばらく経った1年生の秋。体育の授業でバレーボールが行なわれている最中だった。おとなしくバレーをしていればいいものを、クラスの中心にいるウェーイ系グループの一人が言い出したある提案「サーブを打つたびにAV女優の名前を言っていく山手線サーブうぇええい!」
    ウェーイ系男子が次々とAV女優の名前を言っていく。一人、クラスの下層系男子にもサーブは回ったが、なんとこいつは恥ずかしがりながらも女優の名前を言い、クリアしたのだ。ウェーイ系グループに昇格した瞬間だった。
    そして天河にサーブが回ってくる。天河は言えなかった。本当に一人も知らなかったのだ。精一杯の作り笑顔でサーブを打った。ざわざわと流れる空気読めない奴の空気。ウェイ系の誰かの舌打ちが、最後に聞いた雑音だったろうか。
    気がつくと天河は森にいた。

    相手を倒したい動機:静かにビートルズが聴きたい。

    9
  • 39

    ◆大崎一番太郎

    声優に憧れる高校生
    ニコ生でカリスマ的人気を誇る山口勝平の声マネ主
    8
  • 40

    《シルヴァ・マーキュレータム》

    PL4。幼い吟遊詩人。脳天気な楽天家。
    昔大きな事故に遭い左半身を植物の魔物《ヤテベオ》に乗っ取ってもらってなんとか助かった。そのことはポポイ以外には秘密にしているが、いつもうっかり喋りそうになる。
    8

つぶやき

ページトップへ