公式お知らせ

【重要】執筆プログラム調整、しゃべログ連携について (2017.09.06)

  • ツイート
  • ツイート
  • シェア
  • LINEで送る

ただいま第12次バージョンアップ導入期間となっています。


■プログラム見直し
昨日から本日現時刻にかけまして、プログラムの調整を完了しました。
長編エピソード内にセリフを挟み込もうとする挙動においてパフォーマンスを発揮できない場合がありましたが、執筆プログラムを一から組み上げ直すことで、現段階の最適解を達成しました。
こうした側面はユーザーさまから確認することはできませんが、ユーザーさまの利用動向を確認しつつ、その時点でパフォーマンスが発揮できていない箇所がありましたら、今後も再調整を図り、その時点の最適化をいたします。
プログラムに完璧はありません。しかしユーザーさまの動向やサーバの能力に合わせた最適化を追究していくことで、パフォーマンスを継続して発揮することができます。
(※データセンターの帯域やキャリア側の通信速度については弊社のほうではどうにもできませんので、23時前後のネットワークが混みあう時間帯に関しては、帯域やキャリアの影響が勝るものと思います)
 

■しゃべログの調整など
また、しゃべログについて、作者詳細ページと、各作品ページに、その作者さまのしゃべログに飛べるボタンを設置しました。

しゃべログには、トークメーカーと同じID・パスワードでアクセスすることができます

一度アクセスすると、その作者さまのしゃべログキットが自動生成され、以降は自由に書き込みが行えるようになります。
簡易的な「活動報告」は設置してありますが、それが大規模化した活動の告知、作品報告の窓口、交流の窓口などとしてご活用ください。
このバージョンアップ期間内において、まだしゃべログには幾つかの導入項目がございますので、追ってお知らせいたします。

ページトップへ