公式お知らせ

トークメーカー投稿作品『神さまとクソゲーと説明書(仮)』が、ちくまプリマー新書より出版決定です。 (2017.07.12)

  • ツイート
  • ツイート
  • シェア
  • LINEで送る

4月度に最も長く月間ランキング1位を獲得していた作品『神さまとクソゲーと説明書(仮)』が、筑摩書房ちくまプリマー新書より出版決定いたしました。
発売時期は今秋となる見込みです。

本作の投稿者は『仁義なきキリスト教史』『よいこの君主論』などの著書、トークメーカー座談会パネリストとして知られる架神恭介であり、3月から本作の投稿を開始し、瞬く間に月間1位を獲得していました。

◆出版予定作品
『神さまとクソゲーと説明書(仮)』

◆レーベル
筑摩書房ちくまプリマ―新書

◆概要
本作は、この世界を創り出した神が主人公となっており、神がこの世界を美しいものにするための努力と奮闘を描く物語となっています。
この世界は神によってゲームワールドとして開発されており、一人一人の人間がプレイヤーとなって地上で活動しています。しかし自分勝手に生きるプレイヤー(人間)の行動と、ゲームを開発した神の考えには食い違いが大きくなってきており、神は上司から「お前が開発したゲーム『人生』はクソゲーだ」を詰られるところから物語が始まります。

ページトップへ