創作相談BBS「ファンタジー系の企画を建てたい」

ファンタジー系の企画を建てたい

エピソードの総文字数=5,254文字

技術は近代程度でファンタジー系の企画を立てたいと思ったものの
良いのが思いつかない……
世界観はまだ考えつくんですが、システム周りとかが全然思いつかなくて頓挫しています

2017/05/12 19:52

matutake

既存のものでは「ギルド!~お仕事斡旋いたします~」辺りがコラボ機能を利用した良い企画だなと
思うのですが
1.管理の手間がある(ぶっちゃけ面倒くさい)
2.複数の作者が共同で執筆する場合、明らかに手間
という問題があるからここらへんをどうにかしたいなと思う所存です。

2017/05/12 19:54

matutake

前提となる企画の概要が世界観以外分からないのですが、読者参加型の企画をしたいということなのでしょうか?

あげている問題点は複数の人間が関わらなければ発生しないので。

問題点を軽減する案として最も簡単なのは、読者が関われる部分を少なくする、ということですね。
例えばキャラ設定だけ用意する。
作者の都合の良い展開にせず、何が起こるか分からないゲーム的要素を入れるなら、ダイスロールを取り入れるなどTRPG要素を取り入れたらどうでしょうか?
実際には見えないところで振るダイスだと作為的に感じてしまうので、明日の天気予報とか他の人でも確認出来る未来の不確定要素に変える必要があるでしょうけど。

システムだけ用意して勝手に話が進むようにして欲しいんだ、ということなら『人狼』みたいなシステムを考えてみてはどうでしょうか。
トークそのものがプレイヤーの意思選択になりますよね。
主催者側は進行アナウンスと結果を執筆するだけでいいし、プレイヤー同士で勝手に雑談してるパートがそのままストーリーになりますし。

2017/05/13 00:23

『人狼』についての捕捉


プレイヤーの中に人を食べる狼男が居ます。
日中は人間とまったく同じで、夜間だけモンスター化します。
毎晩一人ずつプレイヤーが人狼に殺されていきます。

それを止める手段として疑わしい人間をプレイヤー全員で多数決を取り、日中に処刑します。
それを繰り返し最終的に人狼が全滅すれば人間の勝ちです。

ただ人狼も日中は無力なため、嘘をでっち上げて人間に人間を処刑させようとします。
そこがトーク部分。
皆さんあることないこと好きに喋ってもらったらいいというわけです。

これを応用すればトークメインのゲームに出来るんじゃないですかね。

2017/05/13 00:43

翆さん、ありがとうございます。

今、考えていることとしては世界観を用意して、その世界観に沿って
物語を展開するシェアードワールドみたいな事を想像しています。
それで私が企画概要を投稿して、それをポータルサイトみたいな運用をするのが
良いかなと思っています。
ダイスを使うのは良さそうですね……
外部のサイトを使うとかもありかな。

2017/05/13 07:26

matutake

とりあえず説明の概論の途中までできたので晒します。
(必読)は企画参加にあたって絶対に読んで欲しいところで
(推奨)は読むのを推奨しているところです。

絶対に守って欲しいマナー(必読)

基本的な世界観(必読)
・世界全体の基本的な説明
魔術/魔法と呼ばれる物が存在し現実には存在しない種族がいる。
そして技術は発展し産業革命程度はあるが魔物のせいで未開拓地が多く残る世界。
魔術/魔法は必ず準備(道具・詠唱・魔法陣など)が必要。
また人間に当たる種族もいるが身体能力は現実より上。
・冒険者について
酒場に所属し酒場に仕事を斡旋してもらい荒事を行う職業。
最下位は何でも屋と変わらない。
・ミッドロイ共和国の基本的な説明
→科学技術は現実の産業革命程度
→都市国家(現実における市程度の面積と人口)で周りを城壁で囲っている。
→気候が比較的温暖(ただし冬は厳しい)
→政治は共和制(故に公式には身分はない)
→多民族・他種族・移民国家
→地下にはダンジョン。近くには魔物の住処が多数ある。
→冒険者が大勢いる。
→古い街並みが残っている

参加方法(必読)
キャラを作る

そのキャラがどういうキャラか分かるエピソードを投下。
タグに ミッドロイ【キャラ】 とつける。

登録完了
【注意事項】
キャラ登録をした時点で当企画内で使用されることを許可したとみなす。
ただし、NG事項を設けることは可能

ミッドロイの地理(推奨)
・穏やかな大河の側にある。それ故、物流や交易が盛ん。
・大河を上るにつれ川幅が短くなり船では航行できなくなる。
また、魔物も出現する。
・近くに魔物が住む未開拓の森が存在する。
・上記の森を抜けると伝説が多数ある山がある。
山の上部は雲に覆われており雪が降り積もっている。
・大河の下流に行くと結構すぐに海がある。

2017/05/13 14:28

matutake

読者にお題となる”キャラ設定”を用意してもらって、それにそって運営側の筆者がエピソードを執筆していくということですかね?

そしてエピソードが公開されたら読者に読んでもらってその後の行動を選択、成功するかどうかの判定にダイスロールなど個人の意思が介入しないシステムを取り入れるという感じでしょうか。

どんなシステムにしろ読者介入型の企画にするのであれば、まずは読者が参加したくなる企画に出来るかを何より先に考えなくてはなりません。
読者の立場になって考えた時、この企画の醍醐味は”自分が考えたキャラが他の人が考えた世界とキャラに囲まれて物語にされる”というところです。
ここでポイントになるのは大きく二つ。

A.参加したくなるような世界か
B.どこまで自分の意思を反映出来るか

Aは言わずもがなですが、あまりに特異過ぎるとまず頭に入ってきません。
この辺はファンならあらかじめ共有出来てる二次創作が強いですが、プレゼンの仕方である程度は底上げ出来ると思います。
センスや文章以外のスキルも必要になって来ますが、新規IPのゲームやアニメの宣伝の仕方も参考になるのではないでしょうか。
よくあるテンプレ設定というのはけして悪い意味ではなくシリーズものと同じで、こういう時は大前提となる世界観の共有に大いに役立ちます。
ただ間口を広げるためには有効ですが、地味過ぎると”ボランティア精神に溢れたお客様”しか参加しません。
何かインパクトになる独特な要素はあった方がいいですが、少なく明確にするべきです。
ただBで魅力あるシステムを構築出来るならその限りではありません。

Bは自由過ぎても縛り過ぎてもダメなので難しいところです。
自由度が高いほど管理側は大変な上、参加する敷居が高くなります。
逆に要素選択式にするなど制限を課すほど窮屈に感じるかもしれませんが、敷居が低くなり参加しやすくなります。
個人的には管理のしやすさも含め、発生する”縛り”が魅力的なのが理想だと思います。
あと普通の人は大抵、どこかで見たゲームやアニメのキャラを模倣しようとします。
それを踏まえた設定も用意してあげることも案外大事だと思いますよ。
要するに異なる世界にあのキャラが居たらどうなるだろうか、みたいな物語を期待する人が多いということです。

私も設定厨なので細かく増やし過ぎる傾向にありますが、全ての参加者が共有する必要がない、一部の人だけが知っていればいい情報は小分けにして後で個別に提示するなど、最初に与える縛り要素は出来るだけ少なく明確にするのが大事だと思います。
漫画やアニメの第一話と同じですね。その後の展開を期待出来るワクワクする情報を絞ってアピールすることにまずは全力投球した方がいいです。
場合によっては参加状況を見て、細かい世界観を後で設定する遊びを設けた方がいいこともあります。
最初はまず参加者が居なければ始まらないのですから。

2017/05/13 15:33

すいません。私の説明が悪かったです。
私が執筆するエピソードもありますが参加者が執筆するエピソードもあります。
考えているものとしてはシェアードワールドみたいに世界観とキャラを共有して
エピソードを参加者で書いていくという形を考えています。
A.参加したくなるような世界か
というアドバイスはとても参考になります。
独自性と共有性のバランスはとても難しいですね……
今のままだと独自性に欠けすぎている気がしますし、もうちょっと世界観を考えたいと思います。
アドバイスありがとうございます。
設定に関しては必読・推奨・任意 という風に分けて
必読だけ読んでいれば必要最低限の設定は頭に入るという風にしたいと思います

2017/05/13 16:59

matutake

ああ、なるほど。そういう参加方法ですね。


でしたら世界観は各自が描きやすいように細かいことは自由に、根本的な部分は強調した方がいいですね。
進撃の巨人で例えると人類は壁の内側に暮らしてて巨人の影に怯えている、みたいな分かりやすくインパクトのある設定を一つ置き、そこから先の細かいことは自由にといった具合。
ただ共有化したいアイテム、例えば世界地図などは分かりやすくするためにも素材化した方が良さそうです。
何でもアリになりやすい魔法のような存在は便利ですが、使い方を間違えば緊張感や世界観を簡単に壊しかねない存在なので縛りを明確にした方が良さそうです。

共有キャラは主人公ではなく、強烈な個性をもったNPCキャラのつもりで作ってもらった方がいいかもしれません。
薄味のキャラだと共有する意味がなくなるので。
主人公だけは共有しない、もしくは主人公が存在しない群像劇にするという制約があってもいいかもしれませんが、その辺は交流次第で盛り上がる部分でもあるので制限しなくてもいいかもしれません。

あとは執筆のキッカケとなる”お題”の提供の仕方も工夫するといいかもしれません。
どこぞの姫がお忍びで婚活始めました、とか新年を迎えるお祭りが各国で始まりました、など同時期間限定イベントみたいな飽きさせない工夫もあると盛り上がるかもしれません。

2017/05/13 19:54

とりあえず基本的な骨子はできたので投稿

【序文】(必読)
この世界には「スキル」と「チート」という2つの神が関わるものがある。
「スキル」は神託によって神に認められたその人の技能や才能。
「チート」は神に与えられた世の理を超越した技能や才能である。

【基本的な世界観】(必読)
《舞台》
多数の神が関わっている時々、異世界人が来るファンタジーの世界。
魔法/魔術や気/チャクラ/プラーナなどと呼ばれるものが実在している。
文明の基準としては中世~近世辺りだが魔法/魔術などによって近代・現代に迫る
ところなどもある。場所によって違う。

《スキル》
研鑽した技能や才能が神に認められる事によって初めてスキルと認められる。
神託が関わっているので儀式を行わないといけない。
儀式の形式は宗派・場所によって様々。
スキルを持っていると神に認められた技能や才能の保持者ということで
名声を得たり仕事が入りやすくなったりする。
儀式を行わなければスキルにはならないのでスキルは持っていないが
超絶技巧の持ち主ということもありうる。
スキルという言葉は現地人は知っている。

《チート》
神の加護と考えられる。
神に与えられた世の理を超越した技能や才能。
ただし強い・使い勝手が良いとは限らない。
チートが与えられるのは
1.異世界人など元々、この世界に住んでいない人間
2.勇者・魔王などと呼ばれるとても限られた現地人。
などケースが限られている。
2のケースでは強力なチートが得られるが1のケースでは必ずしもそうではない。
チートという言葉は現地人は知っている。
(2のケースは参加者は特別な場合を除き原則キャラ作成不可)

【流れ】(必読)
キャラを登録する(ただキャラ設定を書いただけでは登録とならないので注意)

規定のタグをつけてエピソードを書く事により色々やる。

【キャラ登録の方法】(必読)
キャラ設定とそのキャラが分かるエピソードを執筆する。
そしてタグ スキルandチート【キャラ】 を登録する事によって
登録が完了する。
(この時、アイコンがあるならアイコンを配布すると良いかもしれません。
またNG事項があるならNG事項を書いてください)
登録が完了したキャラは当企画の参加者がNG事項に反しない限り自由に使えるとする。
登録が完了した時点で参加者はこのことに同意したとみなす。
キャラの設定では
保持しているスキル・チート(ある場合のみ)
外見
性格
口調
技能
などは最低限書くこと。

【エピソード執筆】(必読)
エピソードを執筆する。この時、他の当企画参加者の登録が完了したキャラを使っても
構わない。
タグ スキルandチート【エピソード】を必ず登録すること。
なお他参加者のキャラを使う時は
1.NG事項に反していないか。
2.マナーに反していないか。
3.他参加者のキャラにひどい扱いをしていないか。
などに重々気をつけること。

【注意事項】(必読)
・キャラ設定に関して
スキルの目安としてスキルにもよるが4個以上スキルを持っていると天才と言われる。
チートはたいていスキルと同程度である。

・魔術/魔法の規模に関して
下記を目安に(あくまで目安)
対人規模 1人で発動可能
対物規模(家屋を破壊したりする程度) 2~3人必要
対軍規模(場合によるが数十人程度を一気に戦闘不能にする程度) 4~7人必要
対城規模(頑丈に作られた城壁などを破壊する程度)8人以上

死者蘇生はできない(アンデッドにしても生前の人格は失われる)

2017/05/14 12:40

matutake

  • ツイート
  • ツイート
  • シェア
  • LINEで送る

ページトップへ